Cure of GAS

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cure of GAS

ここ2年間の間にカメラやレンズにたくさんのお金を散財しました。GAS治療中です。

Zeiss Magic

カメラレンズマニアの間では〇〇沼という言葉があるが、ツァイス沼も代表的なGASだろう。特に見栄っ張り、公私様々な場面で他人との差別化をはかりたい人間には最もハマりやすいGASであると思う。もちろん私もその1人だ。 まずそのハイプライス。ある程度の…

始まりは突然に

何にお金を使うかは人それぞれであり、その人の人生観・価値観に大きく左右される。毎月のように慈善団体へ寄付する人もいれば、車の改造費に給料の半分以上を費やす人もいる。食べ歩きツアーへの出費を惜しまない人、アイドルグッズに新車が買えるだけのお…

広角から準広角への誘い

EF24 f2.8については正直あまり記憶にない。もちろん全て私に問題があるわけだが、これから書くことは信じられない話のようで本当の話である。 評判の良いとされるEF24mmを購入してからいくつか写真を撮ってみたが、どういうわけか人物が歪む。景色も歪む。…

EOS 5D MarkII 入手

新宿のマップカメラさんは私のGASへの入門を大変歓迎してくれた。 EOS5DMKIIは中古でも7万円代。一眼レフ、しかもフルサイズの歴史的銘機の価格としては決して高くはないだろう。もちろんすぐにいわゆるポチった、訳ではない。興味を持ってから確か1ヶ月ぐ…

フルサイズへ、GASへ

DMC-LX3はまさに相棒であった。不満点は何もない。画質にこだわっているわけではないのでそのコンパクトさ、手軽さが大好きだった。 ISO125 F2 1/30 DMC-LX3 Taipei ISO80 F2 1/125 DMC-LX3 Taipei ISO80 F4 1/500 DMC-LX3 Taipei 変化は突然訪れた。いわば…

DMC-LX3

Nikon D40はとても気に入っていたし、吐き出す絵に不満もなかった。もっともそれを評価するほどの経験も知識もなかったわけだけど。 今思えば、例えば5DMKIIなんかと比べればD40はとても小さい一眼レフだけれども、それでも持ち出すのに億劫になってしまった…

初めての単焦点。AF-S DX Nikkor 35mm f/1.8G

Nikon D40を購入しておよそ2年後の2009年、きっかけは定かでないがレンズを交換してみようかと考えた。それで生まれて初めてレンズの焦点距離について調べた。35mmか50mmがオススメらしい、単焦点が写真を勉強するのに良いらしい、写真は足を使って学ぶらし…

Nikon D40

人が家電などを買い換える時期は何かしらイベントが絡んでいることが多い。世の常だ。結婚してからもOptio S60は使い続けていたが、新婚旅行に行こうとなった時、いいカメラを買ってみようと思った。Nikon D40。若くて貧しかった二人には高級一眼レフだった…

Pentax Optio S60

ニューヨークから戻ってからインスタントカメラを現像した。露出や絞り、ISOの概念も全くない状態で撮った写真はブレていたり、真っ黒だったり、フラッシュがやたらと生々しかったりした。そんな中でもいくつかの写真は綺麗に撮れており、それはそれで満足し…

手ぶらでNew York City

カメラ歴はお世辞にも長いわけではない。例えば小学生の頃から父親のライカを譲り受けて云々、などとは別世界であり、自宅には確かニコンの古い故障したカメラが置いてあったように思う。 写真には興味はなく、どちらかといえばそのありのままの現実を映し出…

無題

Untitled inTokyo GIORGIO ARMANI CAFE

GAS : Gear Acquisition Syndrome 治療中

GASが酷いので、これまでのカメラやレンズなどの遍歴を省みる。