Cure of GAS

Castle Rock Photography

写真やカメラにまつわる話を淡々としていきます。

レンズレビュー

レンズのカラー選びについて思う事

最近シルバー(クロム)のレンズとブラックボディの組み合わせが気に入っている。 Zeiss C-Sonnar 50mm F1.5 ZM これまでブラックボディにはブラックレンズが最良であると、ある種の先入観(目立ちにくい)を持っていたのだが、ズマロンなどライカのオールド…

LEICA SUMMICRON 35mm F2 ASPH. (第四世代)レビュー

私の使用していたモデルは現行のフードねじ込み式の1つ前のものでフード組み込み式と呼ばれるもの。いわゆる7枚玉の次世代に相当するモデル、4世代目である。 非球面レンズ採用とあって先代までに比べやや重いものの相変わらずのコンパクトさで、取り回し…

LEICA SUMMARIT 50mm F1.5 L レビュー

LEICA M3の購入と同時に入手したレンズで今はもう手元にない。ロクな作例も残っていないが、せっかくなので備忘録も兼ねてレビューしたい。 Leica M3 // summarit 50mm F1.5 L 先代クセノンを改良し、1954年から60年にかけて製造されたレンズで最短1m、フィ…

Carl Zeiss Biogon 28mm F2.8 ZM レビュー

スカッと抜ける、とにかくその一言に尽きる。 広角特有の歪みを抑えたBiogonタイプならではの果てしなく続く地平線の描写、不安を取り除いたアーキテクチャの直進性描写など、見る人が見れば気持ちいい、と感じるのではないだろうか。 現在ZMのBiogonタイプ…

LEICA SUMMARON 35mm F2.8 レビュー

前回F3.5のレビューを書いたので、今回はF2.8について。 4群6枚のレンズ構成はF3.5と同じだが、ランタンガラスを使用したことで半段ほど明るいF2.8となった。E39径のF3.5は190gで、こちらは160gと30gほど軽い。最短もF3.5の1m(眼鏡無)から70 cmとなってお…

LEICA SUMMARON 35mm F3.5 (goggle)レビュー

LEICA M3用に買った35 mmレンズで、眼鏡付きのもの。サイズが重くなる反面、M3の宿命である最短撮影距離1 mをゆうに割り込み、65 cmまで近接できる優れもの。 M3 & Summaron 35mm F3.5 写真家の渡部さとる氏も著書『旅するカメラ』の中で、印画紙にネガを焼…

これまでの35mmを振り返る統括レビューダイジェスト

年号が変わって新しい時代になったので、これまで使ってきた35mmをそれぞれレビューしてみたい。(お時間のある時にご覧下さい。そして、これらは完全に私の主観でお気に入りはあれど、特定のレンズを批判するつもりはありません。また基本的にはフィルム撮…

Nikon New FM2 デビュー&レビュー in 江戸川橋

Nikon New FM2(以下FM2)はいつか使いたいと思っていたカメラだが、謹賀新年、財布の口が開放F1.2となった今がその時である。 昼食に蒸し鶏と卵のサンドウィッチを食べてからリュックを背負って電車に乗る。新宿で降りてからカメラ店をあちこち回り、FM2ボ…

Carl Zeiss Distagon 35mm T* F1.4 ZM レビュー

一言で表すと、素晴らしいレンズである。 ビルドクオリティーは逞しく、その大きな口径はたっぷりと光を取り入れることを担保しており、他のレンジファインダー用レンズを圧倒する大きさはどのような環境にも耐えうるという信頼の証である。 35mm F1.4という…

LEICA SUMMICRON-M 50mm F2 第四世代 レビュー

おそらくライカMマウントのレンズ群の中ではトータルで最も安定性と信頼性の高いレンズだろう。ライカのブランド価値が実性能価格の30%程度は上昇させていることは否定できないが、そのコンパクトさ、すこぶる優秀な光学性能はレンジファインダーがなんたる…

LEICA 中望遠レビュー

レンジファインダー機における中望遠〜望遠レンズの立ち位置は微妙だ。 90mmや135mmはブライトフレーム(視野枠)が非常に狭くなること、またTTL(レンズを通して見る)ではないため、レンズを変えても画角の変化やBokehの程度など、結果の予測シュミレーシ…

LEICA Summicron 35mm (6 elements)(ズミクロン 6枚玉)

初夏の日差しがほのかに降り注ぐ日曜日の午後、東京散策に出かける。 ちょうどフィルムを1ロール使い切ったところで老舗カメラ屋を覗く。ショーケース内に所狭しと並んだレンズ群。その中にSummicron 35mmの6枚玉をみつけた。 ズミクロン35mmは初代の8枚玉…

Biogon 35mm 2/35 ZM ショートレビュー

35mmレンズはとにかく激戦区。ライカMマウントでも例外ではない。その中でも開放F2の明るさを持つBiogon 35mm 2/35 ZMはトータルで最もベストなチョイスではないだろうか。 Biogon構成のレンズは収差が少ないことが特徴で、メーカーによるとディストーション…

Carl Zeiss C-Sonnar 50mm F1.5 ZM レビュー

ゾナータイプは1932年以来構成は変わっていない。CはClassicのCではなく、CompactのCとあるが、その通り、開放F1.5と大口径であるにも関わらず大変小さく、そして250 gと非常に軽い。LEICAに装着した姿はとにかくカメラそのもので、多くの人はそのルックに惚…

LEICA SUMMILUX 50mm F1.4 ASPH. レビュー

初代に当たる俗称、貴婦人と呼ばれるモデルが最も有名なSUMMILUX 50mm。今回はその最新モデルであるASPHモデルをレビューしたい。 描写の所感としては、従来までの球面の柔らかいテイストを残しながらも、より鋭敏でコントラストを増加させており、非球面に…