Cure of GAS

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cure of GAS

ここ2年間の間にカメラやレンズにたくさんのお金を散財しました。GAS治療中です。

Zeiss Magic

カメラレンズマニアの間では〇〇沼という言葉があるが、ツァイス沼も代表的なGASだろう。特に見栄っ張り、公私様々な場面で他人との差別化をはかりたい人間には最もハマりやすいGASであると思う。もちろん私もその1人だ。

まずそのハイプライス。ある程度の収入がないと(ローンもあるが)レンズ1本に新入社員の一ヶ月分の給料と同じ額を払うことはできない。次にブランド力。タムロンやシグマなど果てしなく優秀ないわばサードパーティ製のレンズがゴロゴロしている中でわざわざツァイスを選ぶのはブランド力が大いに関係しているだろう。もはやドイツではなく国内産であることを分かっていてもだ。

 

Distagon 35mm 1.4を購入してから、この10万超えレンズを買うことに抵抗が無くなった。薬物でいうところの耐性を獲得した感じだ。ツァイスはマニュアルフォーカスという、他人と差別化をはかれる要素も気に入った。暇さえあればコシナのサイトを覗き、BookMarkにはZeissレンズのレビューサイトが日に日に増えていった。

まあいいんじゃないか、と頭の中でもう一人の自分が囁いた。もちろん買わなくてもいいんじゃないかというサイドの自分ではなく、もっと闇の深いダークサイドの囁きだ。買えばいいじゃん、気に入らなければ売ればいいし、勉強代だよ。毎日仕事お疲れさん。人生には潤滑油が必要だよ。長い目で見れば大した額ではないよ。

この頃下取りという手段を覚えた。全く良くできたシステムである。あっぱれマップカメラさんよう!10%増額とは助かるなぁ!


大した額ではないがEF50mm f1.8 IIを下取りに出してPlanar 50mm f1.4を購入した。

f:id:coalfishsholco:20161230101939j:plain

ISO400 f1.6 1/400 Planar50/1.4 EOS5DII

EF50mmのアップグレードのつもりで購入したのだが、フォーカスリングの感触が気に入らなかったため2週間後に手放した。勉強代はおよそ2万円。その数日後に今度はMacro planar 50mm f2をおよそ10万円で購入した。さらにその数日後、ポートレートに評価の高かったMakro Planar 100mm f2を購入した。しかし機材費が40万円を超えたあたりで少々恐ろしくなったことと、望遠のマニュアルでのピント合わせが悪魔的に困難だったため手放した。

WantとNeedの区別ができないまま数日後にはDistagon 25mm f2が白い箱で届いた。ちょうど夏季賞与が出たとこであったが、合算するとほとんどすべてレンズ代で消えた計算になる。

f:id:coalfishsholco:20161230103415j:plain

ISO400 f2.8 1/160 Distagon25/2 EOS5DII Schiphol Airport

Distagon 25mm f2は2ヶ月後に手放し、EF85/1.8とEF50/1.4を購入した。