Cure of GAS

Cure of GAS

カメラやレンズにたくさんのお金を散財しました。GAS治療中です。

Leica M3 徒然なるままに

全くこんなものに手を出してしまった自分を呪う。ついに禁断の領域に手を出してしまった。

f:id:coalfishsholco:20170709151510j:plain

思えばSONY α7RIIを購入したあたりで『画質』という概念がよくわからなくなってしまった。先日ソニーで撮った花の写真を友人に見せたところ『CG?』と割とシリアスに聞かれた。0と1からなる電気信号で作られている以上、デジカメの写真とCGは本質的には同じであると思う。それでなんだかよくわからなくなってしまった。ソニーフラグシップ機の解像度はすこぶる良好だ。等倍でみると葉脈にある線維まで細かく見える。で?その次は?言葉がない。『こんなに繊細に詳細に写るんですよ!すごいでしょ!?』

原点回帰といえば聞こえは良いが単純にデジカメに飽きてしまったのだろう。フィルムで撮りたい。現像にプリントに手間はかかるけど、一枚一枚を大切にできるかもしれない。できればAEではなくフルマニュアルがいい。フルマニュアル機。ライカ。ライカM3。

銀座を数店舗回って状態がよく、できればOH済みのものを探して3時間。巡り会えた?かなと思う。2回巻きの中期モデルでOH済み。ライカなんざデジタル以外まともに触ったことがないので詳しくはわからないが、悪くないとは思う。それでお買い上げ。一緒にレンズを購入しなければということで、フレームの関係で必然的に50mmがベストな選択肢だった。それでSummarit 50mm F1.5を購入。うーん予算をはるかにオーバーしたがどちらも状態が良いようだし、せっかくのライカだからベストな状態でスタートしたい。

f:id:coalfishsholco:20170709152523j:plain

summaritを遊びで7R2に装着。この組み合わせのデザインは正直好きではない。まあ、とりあえずf1.5の実力もかねてそこいらを撮ってみる。

 

続く