Cure of GAS

Cure of GAS

カメラやレンズにたくさんのお金を散財しました。GAS治療中です。

Leica M3 + 50mmレンズ探索

50mmレンズが欲しい。

Leica M3に付ける50mmレンズが欲しい。

すでにM3と同時購入したSummarit 5cm f1.5を持っているし、Summaron 35mm F3.5 眼鏡付き(大好きな画角)もあるからレンズいらないといえばそうなんだけど、ズマリット、これ、なんか重いんよねー。キッチンのはかりで測ってみると320g。大口径レンズにしてはものすごく軽いだろうけど、気持ちあと100g軽ければなーと思ってしまう。普通に置くと重さでM3が前のめりになるしね。

とまあ色々言い訳してるけど、基本的にはGASの発作ということで興味のある50ミリをリストアップしてみた。

Summarit 50mm f1.5 L 現在装備中

候補:

C Sonnar T*1.5/50 ZM

Planar T*2/50 ZM

NOKTON 50mm F1.5 

よく比較対象となるレンズが候補となっているわけだけど、価格は6万~10万くらいでGASに侵されている自分としてはこれくらいの値段なら価格は候補に入らない。

次にF値。当たり前だけどフィルムでISO感度が決まる以上、シャッタースピードのことを考えるとF値は低い程よい。最近は安い業務用富士フィルム100でばっかり撮ってるし(室内撮りがほとんど無理ゲー)。よってSonnarNoktonとなるわけ。ちなみにF1.5のボケは期待していない。ズマリットもそうだけど開放でクオリティーの高いボケを楽しめそうなレンズではないしピンも甘くなる。あくまでSSを稼ぐために低いF値が欲しい。

フォクトレンダーも由緒ある老舗メーカーだけどやはりツアイスが好き。それでsonnarにしようと思ったら、これ最短距離が0.9mなんね。ノクトンは0.7m。M3はもともと最短距離が1.0~0.9mなのでどっちにしても同じなんだけど、なんか気分的にね。それに20cmの差はものすごく大きい。身長でいうと170cm190cmの違いでしょ。感覚的にはものすごい大きい差ですよ。よってノクトンにしようかしらと考えていたら、Planar、これを忘れていた。

F2ってどうなんだろう。RX1Rを使っているので画角は違えどF2の雰囲気については分かっている(sonnar 35mm f2ビルド)つもりだけど、色々なレビューをみると開放から無理のない安定した写りと書かれていたりする。良い意味ではどんな時でも安定した描写ができることが信頼できるとあるし、悪い意味では面白みにかけ、表現力に乏しいとある。といってもノクトンだって現代のレンズなんだから安定しているでしょ。そうなってくるとあとは重さか。

Nokton シルバー 293g

C Sonnar 250g

Nokton ブラック   220g

Planar                   210g

ノクトンシルバーはないな。オモスギル。ノクトンブラックとPlanarはいい勝負。そして最後に、デザインが好きなのがPlanarなんよね。質実剛健な面構えと先端リングがシルバーなところ。ノクトンはなんというか現代的?なデザインのように感じる。本当はクラシックなはずなのになんでだろうね。フィルター径が49mmもあって、それが関係しているのかな。胴回りがキュッとしてレンズ部分がパクゥって感じで開いている。うーん。現代的だなぁ。