Cure of GAS

Castle Rock Photography

写真やカメラにまつわる話を淡々としていきます。

ストラップあれこれ

なんでも福山雅治さんが愛用しているというOP/TECH USAのストラップが使用3年目をむかえほとほとくたびれてきたため、今回新調しようと思うにいたった。

f:id:coalfishsholco:20170903101929j:plain

私は基本的には手巻きでストラップを使っているためクッション性よりも軟度、取り回しの良さを重要視する。早速コーヒーを片手に検索する。お洒落なもの、機能性に優れたもの、様々なストラップがあり、カメラ、レンズ、三脚、バッグに次いで奥の深い製品である。決められない。やれやれまたか。

これまでも色々なストラップを試してきた。AB型のためか選択肢が多ければ多いほど決められない。それでやはりOP/TECH USAを再度購入と思ったところで、引き出しの中のストラップが目についた。黒と黄色のニコンの純正ストラップ。茂木健一郎さんに言わせると自然界で最も近づいてはいけない色の組み合わせだそうだ。警告色。

確かD700を購入した時の付属品だと思われる。今と違ってヒモの部分もキャンバス地となっている。手にとってみると経年変化のためか非常に柔らかく、手触りが良い。うまく言えないが、しっくりくる。手に巻きつけてみたり、肩にかけてみたり、不審がる猫をよそ目に鏡の前で色々試してみる。

f:id:coalfishsholco:20170903100241j:plain

これまで純正のストラップには全くと言っていいほど興味がなかった。撮影地で大砲のようなレンズをつけた年配の方々の首元にはいつもNikonCanonのロゴ入りストラップ。しかし気がつくと今手元には新調したニコンのストラップがある。先輩方も同じ過程を経てたどり着いた終着駅なのかもしれない。

純正の良さを知ったためCanon用にもストラップを新調した。Nikonに比べ薄いがその分手に巻きつけやすい。

f:id:coalfishsholco:20170903183618j:plain

価格もリーズナブルで良い。これで当面はストラップに悩まずにすみそうだ。