Cure of GAS

Castle Rock Photography

写真やカメラにまつわる話を淡々としていきます。(はてなスターは外してありますのでお気軽に閲覧してください)

1億画素に想いを寄せて

Nikon D850が発売され、あちこちでレビューが散見されるようになった。4575万画素の文字を目にするたびに肩が痛くなる。文字通り肩のあたりがジワリと重くなる感覚だ。
これまでa7RII、RX1RIIを使用し呆れるほどの高画素と、それと引き換えに耐えなければならない膨大なファイルサイズを経験してきた。非圧縮RAWで1枚あたり80MBにものぼる。パソコンの動きが鈍くなるたびにマウスを握る手、上腕、肩に力が入るのだろう。私にとってa7RII、RX1RIIの思い出はひどい肩こりとセットとなっており、それが直接の原因とは言わないが、両方とも今は手元にない。

現在D700や5D1などの低画素機をメインで使っている。懐古主義と言われればそれまでだが、一度てっぺんを覗いたから分かる。間違いなく自分には低画素機がお似合いだ。

高画素機が出るたびに例えば自宅の猫を高画素で撮る必要があるか、ないかが議論されることがある。要するに一般のユーザーにとって高画素が必要なのかどうか。個人的には高画素はロマン(夢)と考えている。かつてレンズメーカーがF値を下げることに尽力していたように。必要・不必要論になると人類が開発してきた全ては結局不必要となってしまう。

現在知る限りではPhase oneのXF100MPデジタルバッグが100MP(1億画素)で最高峰だと思う。RAWのサンプルも配布しているので興味があったらぜひダウンロードしてみてほしい。中判サイズではあるが、この先どれほど解像度をのばせるのか。35mm版で1億画素が可能なのかどうか。夢は広がる。

XF 100MP RAW Sample images

 

www.phaseone.com

ニコン ニコンデジタルカメラ D850

ニコン ニコンデジタルカメラ D850