Cure of GAS

Castle Rock Photography

写真やカメラにまつわる話を淡々としていきます。

NEW SEAGUL 400 レビュー

NEW SEAGUL 400はイギリスORIENTALFILM社のまあまあ新しいラインナップで、価格も800円と比較的リーズナブルなモノクロフィルムである。備忘録も兼ねてレビューしてみたい。

Zeiss Planar 50mm ZMをLeica M3に装着して人、猫、街並みを撮影。しかし10枚程度撮ったところで大きな過ちに気が付いた。

そもそも撮影初期から違和感があったのだが、なぜなのか分からなかった。デジタルと違って、その場で撮影画像を確認することもできない。そして、はッ!と思った。露出ミス。

M3には露出計はないためあくまで脳内露出の話になるが、最近ISO 100で撮ることが多かったため、そののつもりで露出を合わせていた。このフィルムはISO 400なので、単純には2段オーバーということになる。個人的にはフィルム撮影は若干露出オーバーに撮るため、さらに2段オーバーならハイキーになるのは必至。もちろんフィルムのラティチュードは広く、2段程度なら飽和しないだろう。しかし光の作り出す陰影を楽しむモノクロ写真をハイキーにするほど無意味なことはない。おまけにさらに悪いことに、その日は妻が珍しくモデルを快諾して(美容院帰りのため)、もう既に5、6枚撮影した後だった。

f:id:coalfishsholco:20190429101343j:plain

Leica M3 / Zeiss Planar 2/50 ZM


自家現像してスキャンする。見事なハイキー。しかしそれでもトーンが残っているのはフィルムの性質か、NEW SEAGUL 400の優秀さか。もちろんデジタル化してしまえばあとはレタッチで何とでもなる。しかし問題は印画紙への焼き付けである。露出オーバーのネガをデジタルほどに修正できるのか、ほとんど好奇心でレンタル暗室を訪れた。

テストプリントの結果、標準的なコントラストと濃度にするためには20秒の露光は必要と分かった。標準的な濃度のネガが6秒程度であることを考えると、相当長い。結局露光時間を変化させて数枚作成した。家に帰ってから壁に飾ってみるが、うーん、やはりハイキーはハイキー。デジタルほどには回復できない。まあ記念には良いだろう。

反省点としては、基本は標準露出でしっかり撮ること。これはデジタルにも当てはまる。フルサイズのデジタルはシャドーの回復に強いとはいえ、標準露出でしっかり撮った方が仕上がりが綺麗になる。

NEW SEAGUL400のレビューのつもりが己の力量なさの反省文となってしまったが、このフィルム、粒状感が割と強めでコスト的にもオススメのフィルムである。