Cure of GAS

Castle Rock Photography

写真やカメラにまつわる話を淡々としていきます。

フィルムの画素

フィルムはセンサーではないので物理的に数えられる画素数に変換することはできなが、興味があったので調べたことをまとめてみる。

line/mmとピクセルについて

例えばFujifilmNeopna Across100のデータシートをみると60 line/mm〜200 line/mmと表記されている。これが基本的にはこのフィルムの画素への手がかりとなる数字で、1 mmあたりに何本の線が引けるかを表している。線と線の間には必ず空白(白)の領域があるので、単純に画素数はlineの2倍となる。よってこのフィルムは120 pixel〜400 pixelまでの画素数となる。画素がわかれば後は単純に計算できる。例えば1mmあたり120ピクセルで計算すると;


35 mmフィルム(24 x 36 mm) = 2880 x 4320 pix = 12 MP(1200万画素)
6x7ブローニー(55.6 x 69 mm)= 6672 x 8280 pix = 55 MP(5500万画素)

 

となる。

dpiについて

dpiは1インチ(2.54 cm)中に先ほどのピクセルをどれだけ詰め込んであるか、いわゆる解像度の指標で、印刷物なら300 dpi、Webなら 72 dpiあれば十分だとされる。例えば解像度300dpiでプリントアウトしたいと思った時、1200万画素のカメラもしくは35 mmフィルムでは
短辺 (2880 / 300) x 2.54 cm = 24.3 cm
長辺 (4320 / 300) x 2.54 cm = 36.5 cm

からおよそ35.6 × 43.2 センチの半切サイズまで十分に高いクオリティで印刷できる。半切りはA3よりも大きなサイズなので、一般的には1200万画素のカメラもしくは35 mmフィルムでも十分といえる。

中判フィルムの凄さ

中判フィルムはフォーマットによってサイズが変わるので、ここでは最大の6 x 7で計算する。300dpiでプリントする場合;

短辺 (6672 / 300) x 2.54 cm = 56.4 cm
長辺 (8280 / 300) x 2.54 cm = 70.1 cm

このサイズは大全紙(50.8cm x 61.0 cm)と呼ばれるサイズに匹敵するため、いかに中判フィルムが余裕があるかお判りいただけると思う。

 

一般的な印画紙に焼き付ける

あくまでフィルムの手焼きを仮定すると、概ね以下の用紙が使われる。

 
六つ切  : 20.32 x 25.4 cm (8 x 10 inch) (画像ではイエロー)
小四つ切 :    24.13 x 30.48 cm (9.5×12 inch)(画像ではオレンジ)

 

今仮に35mmのフィルムを印画紙に露光して焼き付けた場合、グレーを35 mmフィルムの300dpi引き伸ばし限界とすると、各印画紙のサイズに対する割合は以下のようになる。

f:id:coalfishsholco:20171015093158j:plain

六つ切り用紙で印画する場合は35 mmでもかなり余裕がある。実際、露光時にかなりトリミングして拡大したが部分が、プリントをみても解像度の低下という感じは受けなかった。

反面、四つ切りは、特に短辺は数字上は35 mmフィルムの限界に達している。トリミングはプリントの解像度の低下を招く恐れがある。因みに先ほどの6 x 7の中判フィルムなら四つ切りでもかなり余裕がある。

結論

実際は35 mmで四つ切り印刷をしてもに神経質な本人以外は誰も解像度の劣化はわからないが、個人的には四つ切りサイズは中判フィルムを使用した方が綺麗に仕上がると思う。最も、解像度が高いということと良い写真かということは全く別問題であるが。