Cure of GAS

Castle Rock Photography

写真やカメラにまつわる話を淡々としていきます。

アンダーかオーバーか、GRと

前回、GRを露出計代わりに使っていると書いたが、もう少し補足。

私の機種はGRII(以下GR)だが、まあとにかくすこぶる優秀である。フルサイズにこだわって
SONYのRX1Rから果てはRX1RMKIIまで使ったことがあるが、個人的にはGRが最もしっくりきた。35mmフォトグラファーの私にとって28mmの画角には正直まだ慣れないところも多いが、何よりポケットサイズであること、起動がものすごく早いこと、設定のカスタマイズがかなり通好みにでき、特に絞りとピント位置をあらかじめ記録できるため、f8で3mくらいに固定しておけばスイッチを入れた瞬間にZone Focus(パンフォーカス)できる。素晴らしいのは位置を記録できるということで、スイッチを切ってもリセットされない。RX1Rは絞りは固定できるが、ピント位置は起動毎にリセットされてしまうためこのような撮り方には向かない。

まあとにかくあまりに便利すぎていつもカバンに忍ばせているGRだが、フィルムカメラを使うときの露出計としても大いに貢献してくれている。日中では確認の必要もないが、室内やシャドーが複雑に絡んでいるシチュエーションではとりあえずGRで撮ってみて(起動から3秒以内で撮れる)、露出を確認してからフィルムカメラの設定をする。あらかじめ仕上がりの予測ができてしまうため、現像の出来はどうだろうか、のワクワク感は半分以下に落ちるが、大切な写真を撮る際にはきちんと露出を測りたい。

ちなみに経験上、ネガはやや露出オーバーに撮っておくと間違いないため、そのように設定する。かなりオーバーでもハイライト部分は飛ばずに残っている。
しかしこれに慣れてしまうとデジカメ撮影でもオーバーで撮る癖がついてしまう。頭の切り替えが上手くいかないためだ。実際フィルムと並行して撮ったDSLRの写真は白とびが多い。
RAWレタッチ前提になるが、デジタルはオーバーよりアンダーに撮っておけば、最近の機種ではびっくりするくらい回復する。しかしオーバーには弱い。例えばGRではシャドー部の2段の回復は余裕だが、ハイライトの2段の回復は明らかにそれより惨めになる。ネガはオーバー、デジはアンダー。

面白いことに、デジタルに慣れてからフィルムで撮った写真を見てみると、全てアンダーで撮影されていた。やはり頭の切り替えが上手くいかなかったためだろう。