Cure of GAS

Castle Rock Photography

写真やカメラにまつわる話を淡々としていきます。

Rollei RPX フィルムレビュー

フィルムを違う種類のものに変えることは、デジカメでいうところのセンサーを変更することと同じで、こういったことができるのがフィルム写真の楽しいところでもある。

今回はカメラでも有名なRollei社のRPXのレビュー。

Leica and Rollei RPX 400

冬場は写欲が失せる。寒くて外出する気が起きない。しかしフィルムを変えることで高揚感が高まり、それが写欲を引き出してくれる。

Park bench in WinterT-MAX developerによる現像はいつも使っているilford HP5 PLUSとほとんど同じ感覚で行えた。数時間後に乾燥したネガをスキャンして確認。所感としては艶のある絵。

Chinese Sweets

例えばilfordがざらついた男っぽいワイルドなイメージなら、Rolleiはどことなく妖艶な異国情緒を感じさせる雰囲気。ポートレートでは人肌を綺麗に捉えるだろうし、フードフォトではシズル感が堪能できるだろう。

上野・浅草の遠征写真もあるので、興味があれば下記をどうぞ。