Cure of GAS

Castle Rock Photography

写真やカメラにまつわる話を淡々としていきます。

Summilux 35mm asph. fle レビュー(備忘録)

レンズの性能や作りは誰がどう見ても最高峰なのは間違いないだろう。滑らかなヘリコイド(fleのためやや重さはある)、呆れるほどぴったりとハマる金属製フードなど、1ミクロンの誤差も許してないのではと錯覚する。

Summilux 35mm asph FLE

写りはとても現代的であり、開放から中心部分はとことこんシャープ。そして合焦部とアウトフォーカス部がボケを介して微妙な塩梅でつながっており、多くのレビュワーが書いているように、確かに独特の3Dエフェクトがかかっている。

ライカレンズにしては大きいサイズだが、35mm f1.4を考えると大変コンパクトである。よって問題点らしい問題点はないが、唯一挙げるとすればf1.4で撮らないと意味がないということだろうか。

極端な持論になるが、特殊な状況を除いて開放のみで何枚も撮ることは少ない。日中は特に、いくら最近のデジカメが1/8000対応といえど開放は使いにくい。ISO400 1/500 F13でほとんどのものはピント合わせしなくても撮れてしまうからだ。そうなるとsummiluxでなくともf2のsummicronの方が何かとよい、ということになってしまうし、実際外出時はほとんどsummicronで撮っている。

その立体感溢れる描写と情緒的なボケを狙ってモデル撮影など、ここぞという時の家宝的な使い方には大変良いレンズだとは思うが、私のように根暗で出不精でモデルさんに『足を組んでください』とも言えない輩にはもっと気兼ねなく使えるレンズの方が良いの、かも。

Summilux 35mm asph FLE

最後になるが、予算が許すならばぜひ使ってもらいたいレンズであることには間違いない。