Cure of GAS

Castle Rock Photography

写真やカメラにまつわる話を淡々としていきます。

M-Rokkor 40mm F2.0 フィルム撮影

前回M-Rokkorの所感を述べた。今回はフィルム撮影での感想を述べたい。

重い腰を上げてフィルム撮りしてみた。オールドレンズはオールドな街並みがよい、と勝手ながらブラブラ上野浅草を散歩した。フィルムは残っていたRollei RPX100。実は最近Rolleiのシルキーな質感がilfordHP5+のワイルドさよりも好きになってきている。

Rusty House In Japan
景色を35mmよりも長い焦点距離で撮ったことはほとんどなく、やはり最初は40mmという画角に戸惑ったが、対象を切り抜くという観点で撮影した。ライカミノルタCLのシャッターは押すたびに巻き上げレバーに添えた親指に振動が伝わる。音もM型ライカよりも大きい。チープといえばそれまでだが、MTのコンパクトカーを運転しているようで楽しい。
自宅に戻ってからRolleiを現像する。終了後、華奢でざらついたネガを乾燥にかける。乾燥を待っている間AFNを聴きながらアップルタイザーを飲んだ。外は暗くなりかけていたが随分と日が長くなったものだ。2時間後、ネガを取り込みスキャンして確認した。

Rusty House In Japan

Rusty House In Japan

Rusty House(さびれた家屋)。上野・浅草は1400年前から町並みを形成していたらしい。もちろん写真の家屋は戦後に建てられたものだが、なんとも昭和の香りが漂う。肝心の描写だが、ISO100 1/125 f5.6を基準にSSと絞りを調整しながら撮影した。大変良く写るレンズといって間違いないだろう。そしてどこか優しい。

Rusty House In Japan

Rusty House In Japan

古い町並みに合うレンズ。ミラーレス(a7S)に装着して撮影した感じとは印象がかなり異なる。やはりフィルム向きのレンズだろう。恐ろしく優秀なライカの現行レンズもいいが、このような素朴なレンズもまた大変良いものである。

Leitz Minolta CL