Cure of GAS

Castle Rock Photography

写真やカメラにまつわる話を淡々としていきます。

Ferrania P30 フィルムレビュー

FILM Ferrania社はイタリア北部のフィルム会社で、1917年の創立以来一貫して写真、映画用にフィルムを供給している。P30はもともと映画用のフィルムだったものを静止画(Still)用にしたもので、1960年代の復興版として再発されている。残念ながら日本での取り扱いはないが、本社のオンラインストアから入手は可能である。

今回上野・浅草を中心に撮影してみた。機材はLEICA M4-PとELMARIT 28mm ASPH。以下所感などを述べたい。

Ferrania P30

ISO 80ということもあり、粒子が非常に細かい。撮影日が曇り空であったため、スカイツリーから眺める遠景に霞がかかりなんともシネマチックな描写である。

Skytree Cafe Tokyo

ISO 80は通常ならば室内撮影には向かない。この時窓から差し込むディフューズされた光が大変美しく、 開放F2.8 1/60で撮影した。ELMARITの性能によるところもあるだろうが、光の描写、シャドーの表現力は見事である。

Ferrania P30

日本への輸入は輸送費などを含めトータルで1本あたり2000円近くになる。しかし自家現像が可能な事、大事なシーンを少し違った雰囲気で撮影されたい方には良い選択肢になると思われる。機会があれば是非。

Ferrania P30