Cure of GAS

Castle Rock Photography

写真やカメラにまつわる話を淡々としていきます。

28mmと35mmの使い分け

前回に続いて今回は28mmと35mmの使い分けについて考えてみる。

私は間違いなく35mmの画角が好きで、これまで撮影した写真の9割以上は35mmのレンズで撮影されたものである。これだけ頻繁に35mmレンズを使っていると自然に画角の感覚が身につくため、今はカメラを構える前から空間に35mmの画角のフレームをイメージすることができ、もちろん失敗もしない。ヒトが普通に見ている画角は50mmだとか35mmであるとか言われるが、私個人は35 mmが自然に感じる。

Three Small Leica lenses

28mmは私にとって大変広い画角で、やや違和感がある。というよりむしろ難易度が高い。21 mmや24 mmほどではないが、パースや歪みの問題があり、ポートレートでは基本的に中央に配置する、いわゆる日の丸構図になりやすいこと、広角ならではの迫力のある写真を撮るためには対象にかなりクローズすること、適切な角度から撮る必要があることなど、どちらも相当なスキルを必要とする。

f:id:coalfishsholco:20190428082325j:plain

M-4P / Elmarit 28mm / 上野・浅草


しかし最近28 mmに妙に惹きつけられている。

GR IIによって28 mmの画角感覚が蓄積され、ようやくラーニングカーブの急勾配に差し掛かっているのかもしれないが、今改めて28 mmで撮った写真を見直してみると、そこには35 mmには無い存在感が確かにある。

Sumida River

28 mmレンズで写し出された世界は現実と非現実のちょうどギリギリのラインにあり、確かに自分はこの場に居たのだけれど、こんなに壮大な景色だったっけ、という感じである。35 mmではこのような感じは受けない。シンプルに「はい、これは自分が見ていた景色に間違いございません」と言える。

Sumida River

そして28 mmに慣れてくると35 mmが狭く感じてくる。

Western style house in Japan

これは35 mmで撮影した旧岩崎邸庭園にある洋館内の写真だが、もし28 mmならば間違いなく広くは撮れただろうし、後で見直すと、ここにこんなものが写っていた、など楽しみは増えると思う。しかし、もちろん狭いことが悪いことでは無い。写真は引き算という言葉にあるように、撮るべき対象を切り抜く事は大切な事で、それは焦点距離の長いレンズほど有利である。

The person you're waiting for...(Tokyo station)

参考までに、この写真は東京駅で撮影したものである。90 mmのレンズだからこそこの瞬間を切り取れたともいえる。もしこの時カメラに装着されたのが28 mmのレンズであったならば被写体に相当接近しなければならず、ひょっとしたら警備員のお世話になったかもしれない。


そろそろ結論を出さなければならないが、現状言える事は、28mmと35mmは近くて遠い性質を持っている。よって35mmの代わりを28mmが務める事はできないと思うし、逆もまた然り。敢えていうならば、35 mmは公務員、28 mmは証券マン。28 mmは撮影時の少しの変化、例えばカメラの傾きで撮像が大きく変わる。それは大変良い効果を与える事もあれば、見ていられない事もある。どちらを取るかは気分と撮影対象次第、だろうか。

最後に、海外のブログなどでは28 mmと50 mmの組み合わせは最強だとされているようで、35 mmと50 mmのデュオよりも信奉者は多いように思われる。しかし35 mmと50 mmのあまり違いがないようで違いがあるのが好きというフォトグラファーもたくさんいるだろう。私は28 mmと35 mmの組み合わせも大変良いと思う。

気がつけばレンズが28 mm, 35 mm, 40 mm, 50 mmと増えている。カメラ1台にレンズ1本(One camera and One lens)の理想からはまた遠く離れてしまった。仕事もほどほどにして窓から春の息吹の感じられる2月末の景色をぼうっと眺めながら考える。旅行に1本だけレンズを持っていくとしたら?