Cure of GAS

Castle Rock Photography

写真やカメラにまつわる話を淡々としていきます。

28mmと35mmの使い分け

前回35mmと50mmに続いて今回は28mmと35mmについて所感を述べてみる。

以前書いたように私は間違いなく35mmの画角が好きで(35mm guy)、これまで撮影した90%以上の写真は35mmである。これだけ使っていると自然に35mmの画角が身につくため、今では自分の切り取りたい光景に対して一瞬で正しい位置に立てる自信があるし、失敗もしない。元来ものぐさで面倒くさがりな性格のため、見ている景色や風景がそのまま写る35mmに惹かれたのは自然の成り行きかもしれない。

28mmは私にとっては大変広い画角で、やや違和感がある。現在スナップ用もしくは露出計代わりに使っているGRIIは換算28mmだが、やはり広く感じるし、21mmや24mmほどではないがやや非現実的なデフォルメされた世界がある。また人を撮るときは基本的に中央に配置するのが鉄則であるため日の丸構図になりやすいし、パースをつけるためには対象にクローズしないとならない。どちらも相当なスキルを必要とする。私にはややハードルが高い。

Elmarit 28mm f2.8
ところが最近28mmにやけに惹きつけられている。GRIIで撮りまくった結果、28mm感覚が蓄積されてようやくラーニングカーブの急勾配に差し掛かっているのかもしれないが、先日の上野浅草でライカElmarit 28mmで撮った写真をみても35mmでは感じなかった印象がそこにはあった。なんというか存在感がある。描写は現実と非現実のちょうどギリギリのラインであり、確かに自分はこの景色を見ていたんだけど、「こんなに広かった(大きい)っけ、凄い」という感じである。35mmの画角の場合はこのような感じは受けない。シンプルに「はい、これは自分が見ていた景色に間違いございません」といった感じである。

Sumida River

Sumida river, Tokyo

そして28mmに慣れてくると35mmが途端に狭く感じてくる。一方50mmはというと、特に変化はない。私にとって50mmは望遠だからだ。よって28mmが50mmの聖域を侵すことはない。こうなってくると問題は35mmの立ち位置となるわけだが、大好きな画角であるだけに、目下検討中である。(写真はsummicron 35mmで撮った京都南禅寺の水門。パースをつけやすい構造物の場合28mmで撮ればもう少し存在感を出せたかもしれない)

Kyoto

ブログなどを読むと海外では28mmと50mmの組み合わせは最強だとされているようで、35mmと50mmのデュオよりも信奉者は多いように思われるが、35mmと50mmのあまり違いがないようで違いがあるのが好きというフォトグラファーもたくさんいるだろう。28mmと35mmも然り。

そして気がつけばレンズが28mm, 35mm, 40mm, 50mmと増えている。カメラ1台にレンズ1本(One camera and One lens)の理想からはまた遠く離れてしまった。仕事もほどほどにして窓から春の息吹の感じられる2月末の景色をぼうっと眺めながら考える。旅行に1本だけレンズを持っていくとしたら?

Answer : Summicron 50mm.......+GRII(!)