Cure of GAS

Castle Rock Photography

写真やカメラにまつわる話を淡々としていきます。

Leica Summilux 50mm asph. レビュー (備忘録)

前回35mmのレビューをしたので今回は50mmのレビュー。

 

 

イカの50mmはズミクロンに代表されるように球面レンズでの構成が基本であり、またそれでいて非球面を必要としないくらいの高解像度と収差の抑制がなされている。それほどの高次元のレンズをさらに次の次元へと押し上げたのがLeica Summilux 50mm asph。90点を95点に上げる事がどれほど難しい事が想像に足る。

summilux 50mm asph


描写の所感としては、従来までの球面の柔らかいテイストを残しながらもより鋭敏でコントラストを増加させており、非球面による収差の低減、そしてなだらかで霧に包まれたようなBokehは素晴らしいとしか言いようがない。フード内蔵式で重さやサイズは他の世代に比べ大きいものの使いづらいとは感じさせない。

Variety store

 

マニアの間ではSummilux 50mmはどちらかといえば1st, 2ndあたりが人気だろう。特に1stは貴婦人と称されるほどレンズそのものの作りが素晴らしく、工芸品と呼べるものである。実際に使用したことはないが、作例を見る限りフレアを残し、コントラストの淡い、いわゆるオールドテイストの強いレンズにみえる。

2ndになると一気に現代的な写りへと近づく。かといって3rdのように完全にオールドレンズと決別した感じではなく、1stの趣を残しながらもコマーシャル撮影にも耐えうるぞといったコントラストの高い絵作りができる。最もバランスが良いため最短が1mであることをのぞけば好きな人にはタマらないレンズだろう。

3rdになると最短も70cm、フードも内蔵式となり仕事にも普通に使えるレベルである。場合によっては面白みにかけるかもしれないがサイズもズミクロン50とほとんど変わらずコンパクトであるため、50mmの大口径をコンパクトに使いたい方にはおすすめである。

 

Flickr Explore

Mount Nasu

現行レンズはデジカメ用にチューニングされているといわれるが、私はむしろフィルムでこそその性能が発揮されやすいのでは、と考えている。光を余すことなく透過させる能力はフィルムの持つ個性を十二分に引き出すことが出来ると思うからだ。フィルム写真のデジカメにはないぼんやりした感じが良いと思う人はたくさんいるだろう、しかしそのフィルムの潜在能力を十分に発揮させた写真もまた味わい深い。