Cure of GAS

Castle Rock Photography

写真やカメラにまつわる話を淡々としていきます。

LEICA SUMMILUX 50mm F1.4 ASPH. レビュー

初代に当たる俗称、貴婦人と呼ばれるモデルが最も有名なSUMMILUX 50mm。今回はその最新モデルであるASPHモデルをレビューしたい。

Variety store

描写の所感としては、従来までの球面の柔らかいテイストを残しながらも、より鋭敏でコントラストを増加させており、非球面による収差の低減、そしてなだらかで霧に包まれたようなBokehは素晴らしいとしか言いようがない。デジタル時代を意識した最も現代的な描写。もちろんフィルムに使っても面白い。

Variety store

イカレンズに共通する光の表現は大変上品で、ASPHになると更に洗練されたものとなっている。

Variety store

少しハイキーに撮影すると霧に包まれたようなフレアが被写体の細部を上品に紡いでいく。素晴らしい。

Variety store

F1.4とフード内蔵式のためやや重さはあるものの、取り回しに問題はなく気軽にスナップできる。しかし大口径はやはり便利。ISO 400のフィルムならどんな場所でもストーリーを作ることができる。

Oya Stone Mine

大谷採石場跡は相当の暗さであったが、F1.4の本領発揮。

Mount Nasu

風景写真は超広角レンズというイメージがあるが、切り立った岩肌の表現など、むしろ望遠の方が良いことも多い。その点50mmは風景写真後にポートレート、集合写真などスムーズなシフトが可能である。万能距離。

Portrait of M

SUMMILUXは第二世代(後期モデル)を使用したことがあるが、ASPHに比べると相当にオールドテイストになるものの、そのふわっとしたフレアは中毒性があり、全くどちらが良いかは決めかねる。

第三世代になると最短も70cm、フードも内蔵式となっており、ASPHとほとんど変わらない描写をする。サイズもSUMMICRON 50mmとほとんど変わらないため、そちらを検討するのもよいかもしれない。ただし第三世代は現在ほとんど中古市場に出回っておらず、また相当なプライスが付いており、ASPHとほとんど変わらないのも恐ろしい話である。