Cure of GAS

Castle Rock Photography

写真やカメラにまつわる話を淡々としていきます。

WHOとゲーム障害、カメラ脳

ずいぶん前になるが、サックスプレーヤーの菊地成孔さんがラジオでアドリブ脳について話しているのを聞いたことがある。同じくサックスプレーヤーであるエリックドルフィー氏のおでこの瘤(こぶ)を、素晴らしいアドリブの詰まった『アドリブ脳』だというわけだ。面白い。大脳、小脳、中脳、そしてアドリブ脳。
ナショナルジオグラフィックの記事<世界を変える「天才」たち>によると、ジャズプレイヤーがアドリブを奏でる時、

自己表現にかかわる脳の内側の神経回路網が活発に働く一方で、注意の集中や自己監視にかかわる外側の神経回路網の活動は弱まった」としている。

アドリブ脳もまんざらではなさそうだ。

New Strap

ではカメラ脳はどうだろうか。カメラ脳はカメラに関わる全ての物事に対して大きな反応性を示す神経細胞の集まりである。大きく2種類に分類され、1つ目は写真を撮ることに、もう1つはカメラ機材に大きな反応を示す。さらに後者はニューロンが増えればカーマニアが車のエンジン音を聞いただけで車種を言い当てるように、シャッター音でカメラの機種が分かるようになるという。


Robert Capa 、Walker Evans、Henri Cartier-Bressonなどの巨匠たちはきっと外からは見えない位置に、撮ることに優れたカメラ脳をしまっていたのだろう。私など体全体を見回してもそんなもの見つかりそうにない。

しかし後者のカメラ脳なら私にもある。機材を見ている時、そして実際に手に入れた時、使用した時の高揚感、気になるカメラ・レンズがあるとどうにも落ち着かずインターネットを開いては検索して、また閉じて、また検索している。きっとそんな時私のおでこにはエリック氏と同じようなコブがチラリと顔を覗かせているのかも知れない。今度妻に見てもらおうと思うが、機材の検索中はややまずい。悩みどころである。

WHO(世界保健機関)がゲーム障害(Gaming disorder)を疾患認定したとニュースで知った。ゲームに夢中で生活に支障が出ている状態が少なくとも12ヶ月続くとGaming disorderと診断されるらしい。国際疾病分類ICD-11に掲載されるので日本でもすぐに反映されるだろう。いずれにせよ症状だけみると、ゲームをカメラに置き換えてもそのまま通用するのでは。

...priority given to CAMERA over other activities to the extent that CAMERA takes precedence over other interests and daily activities,

他の物事や日常生活よりカメラを優先する状態(が12ヶ月続く)

私は少しこじらせた程度?だが、カメラ障害(Camera disorder)がICDに掲載されるのも時間の問題、かも知れない。