Cure of GAS

Castle Rock Photography

写真やカメラにまつわる話を淡々としていきます。

Asahi Pentax SPレビュー

妻の買い出しに付き合わされて街に出かけたところ、行きつけのカメラ屋さんがワゴンセールを催していたので覗いてみる。文字通りワゴンの中に無造作に積み上げられたカメラ、レンズ群。どれもジャンク品でALL500円の値札が貼られている。その中でひときわ輝きを放つカメラを見つけた。アサヒペンタックス・スポットマチックだ。

Asahi Pentax & Takmar 135mm

1960年にフォトキナでその姿をお披露目してから4年後の1964年販売開始。TTLスポット測光ができるということからSPOTMATICと名付けられた。50mmF1.4のレンズ付きで、販売価格はおよそ5万円。大卒の初任給が1万〜2万だったので、今でいうと60万円くらい?だろうか。かなり高価なカメラであったに違いない。
ちなみにこの時代、ライカはM3とM2が現行販売されていた。M3は当時およそ23万円。現在の価格なら300万円?くらいだろうか。とても買えない。現在70代くらいの方々がライカの中古が10万で買えるこの時代を信じられないと思うのも無理はない。

Takmar 135mm

早速手にとってみる。頑丈で重い。一通り動作チェックを済ます。シャッター幕は問題なさそうだし、スピードも、少なくともダイヤルに合わせて変化する。このカメラの存在意義であるTTLスポット測光のライトメーターだが、普段から露出は完全に感覚で行なっているので動いても動かなくてもどちらでもよい。それに500円なら例え問題が生じてもオブジェになるに違いない。レンズはTakumar 135mmが無造作に置いてあった。曇りなし、カビなし。レンズも500円。

結局合計1000円でお買い上げ。妻と合流し、ニコニコしながら紙包みを渡す。「重いッ何買ったのッ??」確かに重い。けど1000円ならいいよね。

Takmar 135mm

後日露光漏れのチェックなどかねて撮影した。正直Takumar 135mmのレンズを装着したAsahi Pentax SPはビジュアル的にもサイズ的にも戦車(タンク)のようで、ある意味大変楽しませてもらった。

Takmar 135mm

ネガをスキャンする。彩度とコントラストが低く全体的に淡い描写をする。しかし望遠特有の圧縮効果もありなんとも言えない雰囲気。

カメラというよりもレンズレビューに近くなってしまったが、シャッターチャージが重く、おそらく油ぎれでキーキーと音を立てること以外では特に問題はなさそうである。後日談もよかったら読んでください。