Cure of GAS

Castle Rock Photography

写真やカメラにまつわる話を淡々としていきます。

ワンコインレンズ、ワンコインカメラ(Asahi Pentax SP, Takumar 135mm)

妻の買い出しに付き合わされて街に出かけたところ、行きつけのカメラ屋さんがワゴンセールを催していたので覗いてみる。文字通りワゴンの中に無造作に積み上げられたカメラ、レンズ群。もちろんどれもジャンク品でALL500円の値札が貼られている。その中でひときわ輝きを放つカメラを見つけた。アサヒペンタックス・スポットマチックだ。

Asahi Pentax & Takmar 135mm

1960年にフォトキナでその姿をお披露目してから4年後の1964年販売開始。TTLスポット測光ができるということからSPOTMATICと名付けられた。50mmF1.4のレンズ付きで、販売価格はおよそ5万円。大卒の初任給が1万〜2万だったので、今でいうと60万円くらい?だろうか。かなり高価なカメラであったに違いない。もっとも、この後高度経済成長でS字状に初任給が上がるため徐々に入手しやすくはなっただろうが。
ちなみにこの時代、ライカはM3とM2が現行販売されていた。M3は当時およそ23万円。現在の価格なら300万円?くらいだろうか。とても買えない。現在70代くらいの方々がライカの中古が10万で買えるこの時代を信じられないと思うのも無理はない。

ちなみに私は70年代の生まれなので上記はあくまで伝聞である。よって特にアサヒペンタックス・スポットマチック(SP)に思い入れがあるわけではないが、その妙な光沢に惹きつけられずにはいられなかった。

早速手にとってみる。頑丈で重い。動作チェックの基準はライカM3で勉強ずみだったので一通り触ってみる。シャッターは降り、幕も問題ない。スピードも、少なくともダイヤルに合わせて変化する。プリズムが汚れてはいるものの、おそらく拭けば取れるレベルだろう。しかし機械式シャッターは素晴らしい。構造が単純なためチェックも単純だ。とにかくシャッターボタンを押して、幕が開いて閉じれば問題ない。そしてこのカメラの存在意義であるTTLスポット測光だが、カメラには申し訳ないが、普段から露出は完全に感覚で行なっているので、露出計の動作には全く興味がない。よって無視した。これもM3で鍛えられたためである。

これはイケるかも。それに500円なら全く問題ない。動かないならオブジェにもなるだろう。
当然ながらカメラ本体のみだったので次にレンズを探す。ものすごく偶然にTakumarの135mmが無造作に置いてあった。ねじ込み式のスクリューマウント。レンズ内のチェックをしたが不思議なぐらい曇りなし、カビなし。抜けている。ヘリコイドも問題なし。SPにねじ込んでみると当然ながらピッタリハマった。レンズも500円。

結局合計1000円でお買い上げ。妻と合流し、ニコニコしながら紙包みを渡す。「重いッ何買ったのッ??」確かに重い。けど1000円ならいいよね。

後日露光漏れのチェックなどかねて廉価フィルムで撮影した。やはりカメラ本体には問題はなさそうだ。SSの速度が正しいかどうかは分からないが、多少ずれていても元々アバウトな露出なので問題ない。Takumar135mmのレンズは大変楽しませてもらった。当然オールドなので作例通り彩度とコントラストが低い。全体的に動作、撮影に問題はなさそうであるが、いかんせん重い。歩くたびに肩や手首にGを感じる。

Takmar 135mm

Takmar 135mm

話題作りもかねて結局自宅ではなく職場に置いておくことにした。それにしても物騒な世の中である。もしもの時はこの重く鈍器のようなカメラで応戦するつもりである。

Takmar 135mm