Cure of GAS

Castle Rock Photography

写真やカメラにまつわる話を淡々としていきます。

SMC Takumar 55mm f1.8 分解そして清掃(カビ取り)

まさかレンズを分解することになるとは思わなかった。 
幸か不幸か、私はこれまでカビありレンズというものに当たったことがない。というのも、多少高くてもカビありという表記を避けてきたからだ。クモリはいい、チリも埃も、しかしカビ跡ならまだしも、現役のカビ?は厄介だ。特に湿度の高いこの時期、部屋置くだけでわざわざそうしたカビの繁殖する土壌を提供することにもなりかねない。他のレンズに感染るかもしれないし。

前回の記事でAsahi Pentax SPとTakumar135mmを千円で入手したことを書いた。

SPの巻き上げレバーはスカスカでミラーは爆音を鳴らして開閉するが、気軽に使えるので気に入っている。事情があって現在Mマウント機が1つも手元にないこともありマニュアルのフィルム機はSPのみであるため使わざるをえないという理由もある。

とにかく積極的にSPを使おう とした時に、どうしても135mmは大きすぎる。それで標準を探していたら55mmを見つけた。しかも上寿司ランチ(with 日本酒?)程度の値段である。開放f1.8。スペックとしてはちょうどSONY(ZONY)のSEL5518と同じだろうか。おまけに45cmまで寄れる。Mマウント純正ならこれはズミルックスと命名され、ヨーロッパ8日間の旅に出るかレンズを買うか2週間近く悩まなければならないだろう。

Pentax Asahi SP with Takumar 55mm

迷わず購入した。迷う必要は全くない。そして届いてから一応ライトで照らしてみると後ろ玉に菌糸が見えた。カビだ。ワゴンセールのジャンクレンズで見かける例のアレだ。しかもまだ若い?カビ。拭いても取れないので内部だと思われる。

f:id:coalfishsholco:20180809073111j:plain

悩んだがとりあえずカビの写真を撮って販売元へメール。詳しいやりとりは避けるが、元の価格の6掛け程度でディール。返品も考えたが、ヘリコイド、絞りリング共に動作はほぼ完璧だったこと、そして久々に工作にチャレンジするのもいいかもと思い分解清掃を計画した。幸いなことにTakumarは作りが単純で初心者向きらしく、さらにWeb、YouTubeなどで検索すれば分解方法についてたくさん載っている。VIVA!! ネット社会。

値引きで購入できたとはいえ、あまりお金をかけたくないので道具は吸盤オープナーのみ購入。今回は後ろ玉のみの清掃とした。

f:id:coalfishsholco:20180809073149j:plain
分解はスムーズに行えた。というよりもモノクロ自宅現像の時と同じで、実際にやってみれば大したことない、といった感じ。もちろんライカレンズを分解清掃する気にはならないけど。

f:id:coalfishsholco:20180809073212j:plain

f:id:coalfishsholco:20180809073321j:plain

後ろ玉の内部にカビ。分解しないと絶対に取れない。

カビは無水エタノール、そして倉庫にあった野口商事の強力カビ取り剤を使用。菌糸は根が張るというが、確かにしつこい。シルボン紙で丁寧に削り落とす。

f:id:coalfishsholco:20180809073600j:plain

完成。写真には埃などが付いているがこれも後ほど除去。ややカビ跡が残ったが生きてはいないだろう。もし生きていたら野口商事に報告しよう。

撮影、作例はまた後日。小学生の工作の時間を思い出して久々に楽しかった。

 

JAPAN HOBBY TOOL  吸盤オープナー レンズメンテナンス用工具 JHT9520

JAPAN HOBBY TOOL 吸盤オープナー レンズメンテナンス用工具 JHT9520

 
ユ?エヌ レンズサッカー

ユ?エヌ レンズサッカー