Cure of GAS

Castle Rock Photography

写真やカメラにまつわる話を淡々としていきます。

レンジファインダー・ビヨンド(フォクトレンダーcolor skopar 21mm F4P)

コシナのcolor skopar 21mm。随分前に新同品を安く手に入れることができたので備忘録レビュー。

f:id:coalfishsholco:20180915100141j:plain

イカのフレームに21mmはないため、別途ホットシューにつける外付ファインダーが必要だが、私は外付無しの撮影が気に入っている。

M3だろうが、M6だろうが普通にファインダーを覗いて撮る。もちろんピントやフレームは中心部分しか視認できないので、その他は想像する。パースも然り。それが楽しい。そして実際にネガを見ると大抵はびっくりするくらい広い範囲が写っている。まさにレンジファインダー・ビヨンド(Rangefinder beyond)。これを何回か繰り返して行くとだんだんどれくらいの範囲が写るのかが分かってくる。しかし毎度ながら予想を超えるネガに思わずニヤけてしまう。趣味の醍醐味。

Tokyo, Ginza

color skopar 21mmについてはf4という決して明るくないレンズだが、すこぶる鋭敏な写りで歪みも少なくとてもいいレンズだと思う。絞れば皆同じ、という禁句があるが、ライカ純正の広角レンズと比較しても全く遜色がない。
全長も短く、ほとんどパンケーキレンズといって差し支えないだろう。文字通りパンフォーカスにしておけばなんでも写るので気軽に装着して散歩に出かけてしまう。そして21mmも慣れると案外面白い。どういうわけか35mmよりも構図をコントロールしやすい。おそらく広い範囲が写り過ぎているため、その細々したものが1つの集合体をなしているためかな、と思う。

f:id:coalfishsholco:20180915100312j:plain

f:id:coalfishsholco:20180915100332j:plain

35mmと50mmが標準だったものが、28mmになり、今や21mmと50mmが私の標準になりつつある。当分はこれで安定しそうな、予感?