Cure of GAS

Castle Rock Photography

写真やカメラにまつわる話を淡々としていきます。

GITZO - GT0545T (GK0545T) レビュー

Velbon UT-43Qを使用してもう5年になる。UT-43Qは全長はおよそ30cmでとてもコンパクト。重さは1kg程度なのでその気になればビジネスカバンにも入る。三脚として問題は何もない。

しかしMAMIYA RZ67 PRO IIを載せるとグラついてしまう。RZ67はおよそ3kg、UT-43Qの耐荷重は2kgなので、これはどうしようもない。それで色々検討した結果頑丈なGITZOに興味が湧いてきた。

f:id:coalfishsholco:20190506144720j:plain

しかしながらプライスがプライなので、Webではなく現物を触りに都内の量販店に行くことにした。売り場で実際に触ってみると、カーボンのしなやかな剛性というのだろうか、素材の良さに惹きつけられた。実際UT-43Qより重いのだが、どういうわけか軽く感じる。自転車マニアの友人に聞くとカーボンのサドルは1本3万円するらしいので、この三脚は値段相応ともいえる。

GITZOはとにかく種類が多い。AB型で選択肢が多いと選べなくなってしまう性格の私には本当に困る。 マウンテニア、トラベラー、システマティック、0型、1型、4段.... とはいえ、とにかく本体の軽さとコンパクトさを重要視したので、0型のGT0545Tに決めようと思い、あとはプライスでさんざん悩んだが、これなら一生使えると思いディール。

しばらく使ってみた感想としては、なんとも使い勝手が良い。まず雲台の安定性はこれまでの三脚とは一線を画するし、足のねじ込みもUT-43Qと比べ滑らかでストレスがない(UT-43Qは引き出しや押し込み時にやや引っかかることがあった)。そして全高150cmというのも、特にRZ67やローライのように上から覗くタイプのファインダーにはちょうど良い。

とても魅力のある製品だと思う。この三脚を触りたいがために、特に必要もないのに雲台にカメラを置いて撮影する。もちろん長時間の露光にも安心して使える。

Tokyo Bay

もし迷ったら是非。後悔はしません。

GITZO 三脚 トラベラー 0型 カーボン 4段 QDボール雲台キット GK0545T-82TQD