Cure of GAS

Castle Rock Photography

写真やカメラにまつわる話を淡々としていきます。

三脚の購入 GITZO GT0545T ( GK0545T )

三脚を頻繁に使うことはないが、全く使わないわけではない。それでとりあえずコンパクトなものを、ということでVelbon UT-43Qを購入してもう5年になる。UT-43Qはとてもコンパクトで重さは1kg程度、そして全長はおよそ30cm。その気になればビジネスカバンにも入る。問題は何もない。

唯一の問題点はその耐荷重で、メーカー表記には2kgまでとある。よって足を全て伸ばした状態で中判カメラなど(3kg)を乗せると心もとない。さすがに倒れることはないのだが、風が吹くとグラグラするし、長時間露光では心配でしょうがない。さらに雲台のカメラ側のアタッチメントがコインでねじ込むタイプで、締め付けが弱くカメラ本体がくるくると回ってしまうこともあった。それで色々検討した結果、長く使えるということでGITZOに興味が湧いてきた。

GITZO GT0545T

調べてみると、まずその価格に驚かされた。それでWebでポチるのではなく現物を触りに都内の量販店に行くことにした。店頭に置いてある店は都内でも数えるほどしかない。

売り場で実際に触ってみると、カーボンのしなやかな剛性というのだろうか、素材の良さに惹きつけられた。UT-43Qより重いのだが、どういうわけか軽く感じる。値段相応か。自転車マニアの友人に聞くと「カーボンのサドルは1本3万円します」とのこと。

迷ったが、これなら一生使えるだろうし、耐久消費財ということならむしろ安上がりかも。ということで店員さんと話すのだが、問題は種類の豊富さである。こういうのはAB型で選択肢が多いと選べなくなってしまう性格の私には本当に困る。 マウンテニア、トラベラー、システマティック、0型、1型、4段、blah blah blah.... とはいえ、今回は割とすぐに決められた。理由は実物を触ったときに0型が一番しっくりときたこと、軽さがプライマリーなこと、それに普段はミラーレスやライカなどで、重いカメラはないし、いずれにしても10kgの耐荷重があるなら問題ないだろう。 ということで、GT0545T。つまりもっとも軽いタイプのGITZOでディール。

家に持ち帰ってしばらく使ってみたのだが、これがなんとも使い勝手が良い。まず雲台の安定性はこれまでの三脚とは一線を画するし、足のねじ込みもUT-43Qと比べ滑らかでストレスがない(UT-43Qは引き出しや押し込み時にやや引っかかることがあった)。そして全高150cmというのも、特にRZ67やローライのように上から覗くタイプのファインダーならこれくらいのサイズがちょうど良い。心配だったRZ67の重さだが、全く問題なく安定している。

 

とても魅力のある製品だと思う。この三脚を触りたいがために、特に必要もないのに雲台にカメラを置いて、秋の終わりを惜しむかのように佇むモミジを撮ってみたりする

Reddish tree  in the afternoon

 

紅葉色、紅絹色、艶紅、曙色がいつもより綺麗に感じるのは気のせいだろうか。

 

Color of life

 

 

GITZO 三脚 トラベラー 0型 カーボン 4段 QDボール雲台キット GK0545T-82TQD