Cure of GAS

Castle Rock Photography

写真やカメラにまつわる話を淡々としていきます。

遠征備忘録(2)棒ノ折山にてHasselblad 500C/M

年明け早々、埼玉県飯能市にある棒ノ折山(969m)に登ってきた。前回書いためまいのリハビリも兼ねて(めまいはむしろ積極的に体などを動かした方が良いらしいので)の日帰り登山だった。今回持参したカメラはHasselblad 500C/MとPlanar C80mm F2.8(35mm換算44mm)、フィルムはEktar100とIlford Hp5+、Fujifilm Pro400H、それからGR。三脚はジッツオ。X-pro2は自宅待機。しかし困ることは1つもなかった。こういうのはなんか、複雑な気持ちである。ギアはシンプルに。

登山口近くにある温泉『さわらびの湯』には圏央道狭山日高ICを降りて下道で40分ほどで到着した。寒くて早起きができず、出発が遅れたため到着時刻は予定の1時間半遅れの午前9時半。そこから登山用の着替えなどをするが、山間の美しい街並みが気になり数枚撮影していると時刻は10時近くに。

f:id:coalfishsholco:20190123191642j:plain

Hasselblad 500C/M Fuji PRO400H

ザックを背負って急ぎ足で登山口近くにある有間ダムを目指す。途中の坂道が非常にきつい。息が切れる。正月休みで相当体がなまっているようだ。名栗湖(有間ダム)に到着した頃にはもうすでに疲労。やれやれ。

早速Hasselblad 500C/Mで太陽が昇りきっていない名栗湖を数枚撮影する。山の表面に連なる樹々は太陽を背にして大きな影を落としており、湖畔にはそれに反発するかのように眩しい光がたっぷりと降り注いでいる。スイスの湖に見えなくもない。そんなことを思いながら6x6のフレームに風景を詰め込んで、切り取る。

Naguri Lake (Arima Dam)

登山口から山道に入ると空気が一変し、森と木々、そして少し湿った土の香りがした。懐かしい香り。

Forest (Bounooreyama, Saitama, Japan)

順調に歩を進め、岩山に挟まれたゴルジュ帯などを撮影する。フィルムを1ロール使い切った後、靴紐を締め直して沢を登る。確かにこれはちょっとしたアトラクションだ。ジョーンズ博士になった気持ちでグイグイと坂道を上がる。

Ravine

Stream

ペースが早すぎたのか、山頂にたどり着いた頃には疲労困憊でゼーゼーと息を切らせていた。全く情けない話である。気を落ち着けて撮影開始。ハッセルはセルフタイマーがついているので自撮りも数枚。こういうさりげないギミックは孤独な写真家には特に有難い。

f:id:coalfishsholco:20190123124706j:plain

Hasselblad 500C/M Planar C80mm F2.8 Kodak Ektar100

棒ノ折山沢登りができるとあって週末は家族連れで登山渋滞ができるほど混雑するという。この日は冬場の平日とあって私以外の登山者は誰ひとり居なかった。人混みが嫌いな私には好都合だったが、不思議なことにだんだんと不安を感じ始めた。耳をすましても文明の音は聞こえてこない。時々ガサガサと藪の方で音がする。自然の雄大さに比べればヒトは本当にちっぽけで弱い存在である。ジャレド・ダイアモンド博士の言葉を借りればヒトは社会性をもつ事で人口を増やし文明を築いてきた。今右手に持つハッセルブラッドも文明が生み出した恩恵そのものである。

しかし(1月なのであり得ないが)ここで熊にでも出くわしたらハッセルブラッドを鈍器にして戦わなければならないだろう。熊に一撃を加えた瞬間、コメディドラマのワンシーンのように「ぽシュッ」と乾いた音でシャッターが切れるに違いない。熊の鬼気迫る画像をみてアマゾンのサルの自撮り画像のごとく「著作権は誰のものか」で揉めるのも面白いではないか。

copse

下りは登りと異なるルートで、河又方面へ下山したのだが、木漏れ日が照らす薄暗い雑木林は永遠に続くかと錯覚するほどで、木の根に足を取られながら下っていると不安はピークに達し、急ぎすぎて途中で右膝を痛めてしまった。 その後右足を引きずりながらなんとか下山し、お決まりの”さわらびの湯”に浸かり(平日なのでほぼ貸切状態)登山の疲れを癒しながら反省会をした。

ガーミンのGPSで結果を確認すると往復で3時間と41分。Webによると平均が5時間(休憩込み)らしいのでかなり早い。やはり他に登山者がいないためペース配分がわからなくなってしまったためだろう。さらに圧倒的な水不足。ザックの中には飲みかけの500mlのみしか入っておらず、水分不足を恐れてからつい早足になってしまった。水不足は筋痙攣と低地でも高山病を発症するらしい。実際、帰宅後猛烈に頭痛がして眠れなかったほどである。山を舐めてはいけない。大きな反省点である。

f:id:coalfishsholco:20190123124852j:plain

撮影、休憩込みの時間。消費カロリーは平地計算なので、実際は2000kcal程度。

後日現像に出したネガが上がってきた。芸術作品とはいかないが、まずまず撮れている。

f:id:coalfishsholco:20190123125121j:plain

棒の峰山頂にて1人筑波山を望む。Hasselblad 500C/M, Ektar 100/Gitzo+selftimer

だからフィルム写真はやめられない。