Cure of GAS

Castle Rock Photography

写真やカメラにまつわる話を淡々としていきます。

40mmとNoktonとBatis

40mmという画角にはどこか歯がゆくも、愛おしいイメージがある。

旅先でレンズ交換をしない(したくない)私にとって出発の前夜など、35mmか50mmかで小一時間悩むこともあり、2つのレンズをカメラに付け替えては感触を確かめたり、右手と左手にそれぞれレンズを乗せて天秤のようにぶらぶらさせて重さを再確認してみたりする。結局は2つのレンズをカバンに詰めるという安心を選択することになるわけだけれど。

Summilux 35mm asph FLE

私が40mmのレンズと初めて出会ったのはライカミノルタCLのロッコール40mm F2である。

Leitz Minolta CL

素晴らしいレンズで、開放は淡く、絞れば国産に恥じないキリッとした表情をみせる。オールドレンズに求める姿が全てそこにあった。

Rusty House In Japan

しかしやはりその、なんとも中途半端な画角が性に合わずに使わなくなってしまった。そしてそもそもM型フィルムライカには40mm枠がないため、構図が取りにくいというのも理由だった。時は過ぎる。

Nokton 40mm F1.4をライカM6に装着して使い古したONAのバッグに入れて散歩に出かける。交換レンズは持たない。フレームは50mmしか出てこないので50mmの気持ちで構図を決める。現像したネガを見ると実際はもっと広い範囲が写っている。なんだか得をしたようで、それがまた心地よい。35mmでは広すぎ、50mmでは狭すぎのシチュエーションは意外にも頻繁に遭遇する。40mmはまさに Sweet Spot 。

Nokton classic 40mm F1.4

Nokton 40mm F1.4は現代的なレンズであり、合焦部の高いシャープネスなどオールドレンズと呼ぶには抵抗があるが、開放では柔らかく、絞れば几帳面、の方程式は踏襲しているように思われる。何れにしてもグレインの豊富なISO400のモノクロフィルムではレンズの解像度などはどうでもいいことだけど。

Ordinary day

40mmに慣れてくるとデジタルでも使いたくなる。Zeiss Batis 40/2 CF

数字上のスペックからすると少し躊躇するプライスではあるがやはり気になったので入手する。すこぶる上等な光学的スペックにA7IIIは十分に答えてくれるが、それにしてもこのレンズは本当に素晴らしい。

そもそもDistagon好きの私にはこのレンズがDistagonであることだけで8割は満足できるが、やはり期待は裏切らない。まず中心部の解像度が素晴らしく、開放から安心して使える。それ以上に光の捉え方がやはり独特である。解像度が高いのだけれどなぜか硬くない。ポートレートや職場の集合写真などにも使ってみたが、こちらが求める光の描写を十分に表現してくれる。

Mini purple phalaenopsis orchid

 

春の夜は桜に明けてしまひけり (芭蕉

Cherry Blossoms

あっという間に桜のシーズンも終わってしまった。ペリエにライムを絞って蒸し暑い季節に備えよう。

カールツァイス ZEISS Batis 2/40 CF E-mount

カールツァイス ZEISS Batis 2/40 CF E-mount