Cure of GAS

Castle Rock Photography

写真やカメラにまつわる話を淡々としていきます。

これまでの35mmを振り返る統括レビューダイジェスト

年号が変わって新しい時代になったので、これまで使ってきた35mmをそれぞれレビューしてみたい。(お時間のある時にご覧下さい。そして、これらは完全に私の主観でお気に入りはあれど、特定のレンズを批判するつもりはありません。また基本的にはフィルム撮影での感想を記しています。)

  • LEICA SUMMARON 35mm F3.5 (Goggle)
  • LEICA SUMMARON 35mm F2.8
  • LEICA SUMMICRON 35mm F2 (6 elements)
  • LEICA SUMMICRON 35mm F2 ASPH.
  • LEICA SUMMILUX 35mm F1.4 ASPH FLE
  • Nokton 35mm F1.4 VM
  • Nokton 35mm F1.2 VM
  • Color skopar F2.5 VM
  • ZEISS Biogon 35mm F2
  • ZEISS Distagon 35mm F1.4

LEICA SUMMARON 35mm F3.5 (Goggle)

LEICA M3を手に入れてからは、いわば物理的制約上ずっと50 mmレンズを使っていた。やはりどうしてももう少し広い画角が欲しくなり35 mmレンズを購入した。今ならノーファインダーで十分撮影できるほどの35mm画角力?は身についていると思うが、当時若輩者であった私は店主に勧められるままに眼鏡付きを購入した。重くなる事と見た目の好みが分かれるところだが、眼鏡付きはどういうわけか65 cmとかなり寄れるので、その意味では素晴らしいアイデア商品。 肝心の描写だが、正直もう既にスナップ用レンズとしては完成していると思った。解像度の高さなど通常の用途では全く問題が見当たらないライカ黄金期の製品。友人のポートレートも含めたくさん撮影した思い出のレンズ。

Chigasaki beach

flic.kr

LEICA SUMMARON 35mm F2.8

F3.5で35mmの画角に慣れた頃に買い換えた。最初は眼鏡付き、その後M-4Pで、35mmが使えるようになってから眼鏡なしを入手した。描写は相変わらず完成形。切れ味鋭く、それでいてなぜか柔らかい。幾度もポートレートを撮ったが、今見ても素晴らしい。実にフィルムライカのためのライカレンズといえ、このレンズでなければ撮れない絵は間違いなくあると思う。構造的には無限ロックのパチンという音、これは正直ニヤけてしまうほどのギミックで、往年のライカ工芸技術の産んだ、恐らくもう2度とない文化的財産。近年異常な高騰が続いているが、逆にこれまでが安すぎたとも言える。

Still life

 

flic.kr

LEICA SUMMICRON 35mm F2 (6 elements)

独特の個性を持ったレンズで、開放のぐるぐるぼけを始めとして好みの分かれるところだが、開放F2が必要で、かつフィルムライカでの使用がメインならば次のASPHよりもオススメしたい。開放にこだわらないのならば中古価格もほぼ同等かやや安い前述のSummaron 35mm F2.8の方をおすすめする。ちなみにミラーレスでこのレンズを撮影するとフレアに悩まされると思う。個別レビューを載せているので興味があればどうぞ。

Yanaka (old town)

flic.kr

LEICA SUMMICRON 35mm F2 ASPH.

私が使ったのは現行モデルの一つ前のモデルで、率直な感想を述べれば素直で優秀。デジタルを意識しているためか解像度はピカイチだし、失敗もない。全く問題がないレンズといえる。フィルムまたはデジタルライカ用の35mm安全玉としては是非オススメしたいが、後述ZEISS Biogon 35mm F2で代替可能なのでそちらも視野に入れると差額で美味しいディナーを楽しめるかも。

Western style house in Japan

flic.kr

LEICA SUMMILUX 35mm F1.4 ASPH FLE

35mmフラッグシップの名に恥じない、まあ本当に素晴らしいレンズで、プライスと重さ以外は文句のつけようがない。しかしながら描写は後述Zeiss Distagon 35mm F1.4と遜色ないため、代替品がある(このレンズでしか撮れない絵はない)と思うと、相当ライカに心酔していないと購入へと踏み出せない。個人的にはこのレンズはプロがLEICA M10に装着してガチでファッションモデルを撮り、カメラとレンズもろとも雑誌のカバーを飾るための品。私には大変にトゥーマッチだった。

Portrait of M

flic.kr

Nokton 35mm F1.4 VM

プアマンズライカなどと揶揄されるが、描写はプアではない。きっちりするところはきっちりするし、ぐるぐるぼけは遊び心のある描写。またF1.4はISO固定のフィルムカメラには大変に有難い。私は独特の収差が生み出す歪みがやはり好きになれず使わなくなってしまった。安価な趣味レンズ。手軽にオールド感を楽しみたい方にはおすすめ。

f:id:coalfishsholco:20190504095802j:plain

Nokton 35mm F1.2 VM

たまたま興味が湧いて購入したレンズ。第一印象は非常に重く大きい。F1.2には憧れるが、CANONの50mm F1.2のようなクリーミーな描写とはならず、ボケは相当にうるさい(好みによる)。実際は2段程度絞って使うのが現実的だった。かなりの趣味レンズ。しかしそれにしては重く、大きい。こちらも記事にしているので興味があったらどうぞ。


Color skopar 35mm F2.5 VM

正直よく覚えていない(笑。オール5の優等生レンズで、毒がなく、ある意味目立たない存在。さらにカメラに付けているのも忘れるぐらい小さいため、感触すら覚えていない。とにかく描写は普通で尖ったところがない。安価なので初めて35mmのマニュアルレンズを使うなら、練習用にもおすすめしたい。もしもスパイスが欲しくなったら、その時はライカレンズはいつでもあなたを暖かく迎えてくれるでしょう。

f:id:coalfishsholco:20190504100439j:plain

ZEISS Biogon 35mm F2

大変優秀なレンズで、地平線まで歪みなくビシッと決まるのは大変感激した。ほとんどLEICA SUMMICRON 35mm F2 ASPH.と描写の違いはないが、鏡筒の長さが問題で、ハンドリングについては好みが分かれるところ。プライスはSUMMICRON 35mm F2 ASPH 現行モデルの1/3であり、検討の余地は大いにある。記事も参考にして下さい。

ZEISS Distagon 35mm F1.4

こちらも記事にしているのでどうぞ。LEICA SUMMILUX 35mm F1.4 ASPH FLEと写りは遜色ないばかりか、個人的にはこちらの方が絵的に好みである。重く、バランスが悪いことを除けば一度は手にしてみたいレンズ。

Distagon 35mm F1.4 ZM

flic.kr

 

 インスパイアされた記事: