Cure of GAS

Castle Rock Photography

写真やカメラにまつわる話を淡々としていきます。

Carl Zeiss Biogon 28mm F2.8 ZM レビュー

スカッと抜ける、とにかくその一言に尽きる。

The end of the season

広角特有の歪みを抑えたBiogonタイプならではの果てしなく続く地平線の描写、不安を取り除いたアーキテクチャの直進性描写など、見る人が見れば気持ちいい、と感じるのではないだろうか。

Tearoom

現在ZMのBiogonタイプは21 mm、25 mm、28 mm、35 mmがあり、この中で善も悪しも28 mmという画角はかなり地味な存在であるが、35 mmよりもう少し広く、25 mmほどパースをつけたくない、そういったシチュエーションで重宝するレンズ。もちろん普段からGRを使っている方なら違和感なく撮影に没頭できるだろう。

The end of the season

同じMマウントの純正LEICA ELMARIT 28 mm asphとの比較だが、光学的にはBiogonの方が優れている?とのレビューもよく目にする。しかし個人的には違いは感じられない。それよりも Biogonは最短50 cmまで寄れるという大きなアドバンテージがある。

f:id:coalfishsholco:20190519110303j:plain

最短50 cm

距離計でピントは合わせられないので、目算という話になるが、マニュアルレンズを普段から使っている方なら50 cmの距離は感覚的にわかるだろう。それに28 mm F2.8の50 cmの被写界深度は前後 3cmも余裕がある、多少のずれでもかなり合焦する。もちろんデジタルライカやミラーレスでのライブビュー撮影ならこの限りではない。

B&B Japan

鏡筒も短く大変コンパクトで軽いレンズなのでM6につけっ放しでも全く違和感がない。プライスの面からも是非オススメしたいレンズだが、少々厄介なのが28 mm枠がファインダー外周ギリギリのため、眼鏡をつけてM6を覗くとどうしても見えない範囲が出てしまう。もちろんこれはレンズの問題ではないけれど。

機会があれば是非。