Cure of GAS

Castle Rock Photography

写真やカメラにまつわる話を淡々としていきます。

LEICA SUMMICRON 35mm F2 ASPH. (第四世代)レビュー

私の使用していたモデルは現行のフードねじ込み式の1つ前のものでフード組み込み式と呼ばれるもの。いわゆる7枚玉の次世代に相当するモデル、4世代目である。

Night life in Kyoto

非球面レンズ採用とあって先代までに比べやや重いものの相変わらずのコンパクトさで、取り回しに困る事は何もない。

Western style house in Japan

写りに関してはとにかく優秀。フィルムにおいても、オールド感は全く無く、しっかりと結像する。カラーの色のりも良好で、全く問題点が見つからない。

Sky-High

正直なところ、ずっとレビューしようとは思っていたが後回しになってしまった。時間がなかったこともあるが、第一の理由としてはこのレンズはレビューする必要性を全く感じなかったためである。まあ、ほんと優秀すぎる。

Sky-High

プライスの問題がクリアできるのならば、その描写とサイズ感からライカMマウント35mm F2の決定版として是非オススメしたい。更にパキッとした描写を求めるのならば多少鏡筒が長くなってもZeiss Biogon 35mmをオススメしたい。差額で『炉端焼き(田舎家 東店)』にでも行けば更に良い写真が撮れるだろう。

と言ってもこのままではレビューではなく感想になってしまうので最後に経験上アドバイスを。 恐らくこのレンズを買った後に必ずF1.4のSummiluxが欲しくなり、蟻地獄のように口が大きく開いた下取りカートにsummicronを放り込む衝動に駆られるが、よした方がいい。ライカに付けたSummiluxの大きさと重さを体感した瞬間に後悔の2文字しか現れない。軽くて取り回しの良いことがどれほど素晴らしいことか。偶然出会ったワンシーン。ほんの一瞬のことで、こういう状況で速射ができたのも取り回しの良さ、かもしれない。↓

Our friendship is forever

 

もしもSummiluxに興味があるのなら、倍のプライスでも最初からそちらを買ったほうが良い。知らなくても良い事(summicronの取り回しの良さ)は世の中沢山ある。

Leica m4-P with Summilux 35mm f1.4 asph and Rollei RPX 400

是非。