Cure of GAS

Castle Rock Photography

写真やカメラにまつわる話を淡々としていきます。

Rollei 35 レビュー

所用で日本を離れていた。旅の記録についてはおいおい書くとして、Rollei 35を持って行ったので、旅カメラとしての実地レビュー。

f:id:coalfishsholco:20190824134153j:plain

Rollei 35 Germany

Rollei 35シリーズはいくつか種類あるが、私の使っているのはベーシックなモデルの35。運よく?Germany製。とにかく軽く、小さい。35mmフルサイズではCONTAX T3についでコンパクト。

Restaurant Les Armures

レンズはCarl Zeiss Tessar 40mm F3.5で解像度は高く、素晴らしい描写をする。この他にF2.8のSonnarやトリオターもあり、それぞれ描写傾向がやや異なる。B35のトリオタも所有していたが、やや柔らかい雰囲気だった。

f:id:coalfishsholco:20190824134956j:plain

Milano, Italy

F3.5は決して明るくないレンズだが、ISO400でSSを1/30か1/15にして開放にすれば夜の盛り場?なら問題なく手持ち撮影できる。

Venezia, Italy

しかし露出はいいとして、問題はやはりピント合わせだろう。

このカメラを有名にしたのはコンパクトさと優秀なレンズ、そして玄人好みのピント目測という点であることは否定できないと思う。レンジファインダーの二重像やレフのピント合わせとは大きく異なる、距離による測定。信用できるのは己の距離感のみ。

f:id:coalfishsholco:20190824135350j:plain

F3.5

最初私は無理だと思った。それが入手をためらっていた理由である。しかし失敗を重ねるごとに精度は高まる。またゾーンフォーカスの知識があれば日中の撮影で苦労することはない。ISO400  F10  1/140で 1 mから無限遠までカバーする "写るんです理論(ただし焦点距離32 mmの場合)" と同じく、ISO 400 1/250 F16 でピントを 3 m程度に合わせれば 1 mから無限遠までピントが合う。ファインダーを覗いて構図を決めてシャッターを押せばよい。場合によってはMF、ひょっとしたらAFよりも手早く撮影できるだろう。

f:id:coalfishsholco:20190824135623j:plain

F16, Lavaux, Lausanne, Switzerland

f:id:coalfishsholco:20190824140129j:plain

F16,Lavaux, Lausanne, Switzerland

しかしやはり夕暮れ時など絞り込めない状況ではこの方法は使えない。前述の距離感覚のみが頼りになるが、どういうわけかこの作業がやたら楽しい。

撮りたい被写体を見つけたら標準の狭間の焦点距離40 mmの画角をイメージしながら距離を目測する。慣れてくると被写体を見つけた時点で左手はピントリングを回している。 いやむしろピントリングを先に回して距離をセットし、体はその位置へ移動するといったほうが良いだろうか。まさに撮影者がカメラを操作するのではなく、カメラが撮りたい被写体へ撮影者を誘導する。そんな擬人化が起こる。

f:id:coalfishsholco:20190824140311j:plain

F4

操作については一定のルールがあるが、Hasselbladと同じく撮影した後は必ず巻き上げる癖をつけておけば大きな問題とはならないだろう。

今回海外という比較的長距離移動の多い旅となったが、Rollei 35は軽さとサイズの点で間違いなく最良の選択だったと思う。M6を持っていくことも考えたのだが、Hasselbladを持っていく関係で重量オーバー。少し後悔をしたが、帰国してネガをみると、まあそんなことはどうでも良い事に思えてくる。Rollei 35は素晴らしいカメラである。

f:id:coalfishsholco:20190824140652j:plain

Venezia, Italy

f:id:coalfishsholco:20190824140729j:plain

Geneve

f:id:coalfishsholco:20190824140832j:plain

Geneve

最後にB35との比較について。 私が最初に入手したモデルはB35である。廉価版との事だが工作技術やマテリアルは一定水準を超えているためチープな感じは受けなかった。あちらはトリオターで、テッサーより若干柔らかめの描写だが解像度は高く比較しないと気づかない程度ではある。

しばらくB35を使ってみてやはりどうしても本家35を触ってみたくなった。実際に手にしてみると巻き上げの感触が良い。なんというか全体的に機械式時計のような高級感がある。 しかし価格は35がB35のおよそ倍、そして重い。どちらが良いかは個人のフィーリング次第だろう。デザインもB35の方がスッキリしている。私は35の凝縮した質感、巻き上げの感触などが気に入った。

f:id:coalfishsholco:20190824141110j:plain

 

f:id:coalfishsholco:20190824141203j:plain

皆さんも是非。

f:id:coalfishsholco:20190824141244j:plain

 

Rollei 35 silver

Rollei 35 silver

 

at the Duomo