Cure of GAS

Castle Rock Photography

写真やカメラにまつわる話を淡々としていきます。

X線によるフィルムへの影響(フィルムカメラ)

所用により日本を離れていたことは以前書いた。 持参したカメラはデジカメではGRII、フィルムカメラはHasselblad 500CM、そして前回のRollei 35である。

カメラの選択には1ヶ月かかった。せっかくなら中判で撮りたい。しかしサイズや重さの問題がある。35mmもいいが、デジカメは必要だろうか、などなど。まあよくある悩みだ。

Venezia


フィルムは合計で30ロール近く持って行った。そして一番懸念していた事はX線検査である。

これまで海外にフィルムを持って往復した経験から(写ルンです)も、2回程度のX線でフィルムに影響があるとは考えにくいが、そこはWebの悪いところで、検索するとやたらと不安を煽る。 そして今回は空路の移動もあり不安は募る。

結果としては成田はスルー(検査員は非常に淑女的に振舞ってくれた)、その他は全て照射(有無を言わさず通された)、合計で3回。もっともフィルムは輸入したものもあるため+1回程度の計4回だろうか。

Venezia, Italy

参考までに各空港での検査について備忘録

成田空港では前述の通り、女性検査員にフィルムの袋を見せると、あーといった感じで「目視確認したのでOKです」と言われスルー。さすがカメラ大国日本。素晴らしい。

次にオランダスキポール空港入国時。ジップロックに入ったフィルムを見せて説明したのだが、全く無理。そしてX線機器通過後、個別に呼ばれた。

なんでもHasselbladをカバンから出せと言う。もちろん従った。検査員は特殊な器具でHasselbladの表面をナメるように検査する。どうも暗室部分(ファインダー)に麻薬か爆発物が隠されていると疑っているようだ。ヒスパニック系の真面目そうな青年だった。そして“OK”とだけ言われて入国。

f:id:coalfishsholco:20190826220659j:plain

次はドイツ出国時。ドイツもカメラ大国なのか、検査員が人間らしい反応をしてくれた。鼻立ちの整った若い女性だった。ISOはいくら?と聞かれたので400と答えると初老の男性検査員を連れてきた。話が通るかと思いきや、有無を言わさずX線の中へ放り込まれた。さらに再び個別に呼ばれ、Hasselbladとケースに入ったRollei35を見せろという。

Rollei35はドイツ製である。革のケースから出されたRollei35を見た時、その男性検査員が少しニヤけたのを私は見逃さなかった。そしてスキポールと同じく機器を当て、ナメるようにハッセルを確認。問題なし。これで終わりと思いきや妙な質問をしてきた。

 

「このフィルムはどこで買った?」「日本」と私。「1個いくらくらいだ?ユーロで答えてくれ」

 

これは世間話ではなく、こいつは本当にフィルムカメラでフィルムを使って撮っているのか、その確認だろう。麻薬の運び屋ならフィルム1個の値段を答えられないはずだ。 頭の中で換算するがいきなりなのでかなり難しい。しかもフィルムのブランドや種類によってかなり幅がある。「8ユーロ(およそ950円)」「ノーッ!!」と即答された。ドイツ人らしい返答である。

高いのか。しかしドイツ国内のフィルムの相場なんて私が知るわけがない。それで「4ユーロ(500円)」「ノ、オ、アー、イエス(ヤー)」と口ごもった初老の検査員に「日本じゃフィルムは高いんすよ」と答えるとなぜか笑顔で両親指を立てて「OK」と言われ終了。

Santa Maria delle Grazie

最後はスイス出国時。セキュリティーチェックに搭乗者は誰1人おらず検査員が暇だったため、説明を聞いてくれた。そしてまた別の検査員を引き連れてきて「ISOは?」と聞かれた。答えると何故か怒りはじめた。

「ヘイッこの機械はな、ISO 4000まで平気なんだぜ」「だからカバンをとっとと通してちょうだい」と言われ、やはりX線照射された。

Venezia


以上が全容である。そして肝心の影響はといえば、あるといえばあるのかな、といった感じである。しかし、こんなものかなと思えば確実なX線の影響は見つけられない。

Venezia, Italy

しかしCIneStillの現像の関係でSilversaltさんからかなり興味深い返答が返ってきた。

フィルムの濃度(fog)の値が高い、X線や非常に暑い場所にフィルムを置いていませんでしたか、とのこと。素晴らしい。さすがプロ中のプロ。数値として出されるとやはりX線の影響はある、と考えられる。(ちなみにX線をうまく避ける方法は、ISOが6400である事、そして(事実でなくても)自分は職業的フォトグラファーのためリスクは避けたい、と伝えれば良いとアドバイスまで頂けた)しかし、繰り返すが実際目に見えて影響を感じる、とはならない。

f:id:coalfishsholco:20190826221151j:plain

4秒開いた。あえてそのまま掲載した。この白いモヤはX線なのか?解らない。

全体的な感想をいえば、海外に重たいフィルムカメラを持っていく、さらにフィルムの扱いに気を使う(夏場の暑さとX線など)事は若干ストレスではあったものの、ほとんど諦めに近い気持ちだったため後悔はない。

つまり、旅に持っていくカメラは何か、軽いのが良い、コンパクトが良い、レンズは広角1本で良いなど色々なアドバイスがある中で自分が本当は何で撮りたいのかはとても大切な事である。

私がハッセルを持って行ったのはハッセルで撮りたかったからで、もっと軽いローライコードの方が体力的には楽だっただろう。しかも絞り込んで撮った写真の違いは殆どないにも関わらずだ。そもそも中判カメラなんて持って行かずライカニコン1台で良かったとも言える。

しかしあの6×6のスクリーンから見える美しい街並や景色を独特のボシュんという音で切り取ってみたい。ただそれだけのために麻薬の詰まった箱と間違えられてもハッセルを持参した。

Lac Léman (Lake Geneve)

Rollei 35はスナップ写真として35mmで撮りたい気持ちで持参した。思惑通り、とりあえず1枚という場合に重宝した。GRIIもしかり。こちらは夜景や露出計代わりとして役立った。

いくつかの出会いもあった。Hasselで撮影していると白人の若いカップルが一眼レフで写真を撮ってくれないかと頼んできた。撮影はうまく行ったのだが、この後、観光客相手の商売でそこら一帯を縄張りにしている色黒の輩に「俺の仕事をとるな」とすごまれた。無視したけど。

湖ではフランス人の老夫婦に撮影を頼まれた。構図を意識して奥さんのスマホで撮影。良い感じの老夫婦だった。私もいつかこうなりたい。

Château de Chillon (Chillon Castle)


 今回旅行に出る前、およそ15年前にニューヨークへひとり旅した時のネガが見つかった。スキャンしてみると見事な景色が色褪せぬまま存在していた。同時期に撮ったoptio s60というデジカメの画像は現在のスクリーンでは親指ほどの大きさの解像度しかない(まだSDカードのバイト数が少なく、数多く撮るために設定を400ピクセル程度のSサイズにしていたため)。引き延ばすことも不可能だ。またハードディスク間の移動によるデータの劣化も起こっている。

それをみた時、やはり大事な写真はフィルムで撮ろうと決めた。フィルムで撮っておけばその時代に適したスキャンのサイズでいつでも閲覧可能だからだ。

Milan Central Train Station

さてと、次はどこへ、そして何(カメラ)を持って行こうか。