Cure of GAS

Castle Rock Photography

写真やカメラにまつわる話を淡々としていきます。

ヨーロッパ遠征記(X 線によるフィルムへの影響)

前回に続いて:ヨーロッパへ持参したカメラは Hasselblad 500C/M、Rollei 35 そして GR II 。

選択には 1 ヶ月かかった。中判で撮りたいが如何せん大きい。フルサイズデジカメは必要だろうか、GR II で十分かな、などなど。まあよくある悩みだ。結局本能にしたがって上記の組み合わせとなった。

フィルムは現地で買うことも考えたが、以前まとめて B&H で輸入したものがかなり残っていたので 30 ロール程度をジップロックに入れてバックに詰め込んだ。

f:id:coalfishsholco:20190826220659j:plain

しかし心配なのは X 線検査である。これまでの経験から 2 回程度ならばフィルムに影響はないと知っていたが、今回は空路の移動もあり照射回数は 4 回程度となるため不安は募る。以下旅行記とともに体験談を記す。

成田空港で女性検査員にフィルムの袋を見せると、あーといった感じで「目視確認したので OK です」と言われ X 線を通さずに無事に通過できた。さすがカメラ大国日本。素晴らしい。

11時間のフライトを経てオランダスキポール空港到着。トランジット入国時に X 線検査があった。ここでもジップロックに入ったフィルムを見せて英語で説明したのだが、有無を言わさず機器に通された。その後、個別に呼ばれた。

「これはあんたのカバンか?」「そうだ」「Open」検査員はヒスパニック系の真面目そうな青年だった。

どうもハッセルの内部に麻薬か爆発物が隠されていると疑っているようだ。特殊な器具でハッセルの表面をナメるように検査する。もちろん何も反応はない。そして「OK」とだけ言われて無事ゲートを通過した。

スタバで休憩してドイツハンブルク空港へ。ドイツ入国では荷物検査はないため X 線は免れた。

A Beer Garden at Flughafen Hamburg

ドイツからヴェニスまで空路で向かった。そのためドイツ出国時に再び X 線検査。鼻立ちの整った若い女性検査員にフィルムを見せながら事情を説明すると、ISOはいくら?と聞かれた。

これはうまくいきそうだ。そこで 400 と答えると初老の男性検査員を連れてきた。話が通るかと思いきや、有無を言わさずフィルムを機器の中へ放り込まれた。さらに個別に呼ばれ、カバンを開けろと言われた。

スキポールに続いてこの時点でかなりウンザリしていたが仕方なくハッセルと Rollei 35 を検査員の目の前に置く。ちなみにRollei 35 はドイツ製。それを見た検査員が少しニヤけたのを私は見逃さなかった。そしてやはり機器をナメるようにハッセルとローライに当てる。もちろん問題なし。立ち去ろうとすると妙な質問をしてきた。

「このフィルムはどこで買った?」「日本」「 1 個いくらくらいだ?ユーロで答えてくれ」

これは世間話ではなく、こいつは本当にフィルムカメラでフィルムを使って撮っているのか、その確認だろう。麻薬の運び屋ならフィルム1個の値段を答えられないはずだ。 頭の中で換算するがいきなりなのでかなり難しい。しかもフィルムのブランドや種類によってかなり幅がある。「 8 ユーロ(およそ950円)」「ノーッ!!」と即答された。ドイツ人らしい返答である。

高いのか。しかしドイツ国内のフィルムの相場なんて私が知るわけがないじゃないか。それで「 4 ユーロ(500円)」「ノ、オ、アー、イエス(ヤー)」と口ごもった初老の検査員に「日本じゃフィルムは高いんですよ」と答えるとなぜか笑顔で両親指を立てて「OK」と言われ終了した。飛行機はべネチアを目指す。

f:id:coalfishsholco:20200119090044j:plain

Venezia 上空 / Rollei 35

べネチアは 1 日の滞在で翌日にはミラノへ向かう予定だ。ミラノまでは陸路なので X 線の心配はないだろう。常夏のベネチアに到着後、すぐにハッセルを手に写真を撮り歩く。いずれ沈むかもしれない奇跡の街。フィルムに残しておく十分な理由だろう。

Venezia

Venezia, Italy

Venezia

 

Venezia

Venezia, Italy

ミラノまでの列車内ではひたすら車窓からの景色を眺めていた。葡萄畑だろうか、牧歌的で心が和む。数時間後、ミラノ中央駅へ到着した。

Milan Central Train Station

f:id:coalfishsholco:20200119091107j:plain

Milan / Rollei 35

ミラノからスイスへ再び陸路で目指す。アルプスの連なる雄大な景色へと移り変わる様に我を忘れて、飽きる事なくシャッターを切る。

f:id:coalfishsholco:20200119092350j:plain

f:id:coalfishsholco:20200119092411j:plain

車窓から

ジュネーブに到着。ホテルに荷物を置いて近くを歩き回る。翌日車でレマン湖をドライブする。大変美しい。こんなに雄大な景色を眺めていると日本でいつもギスギスしている自分(そして人々)は一体何者なんだろうと考える。

Lac Léman (Lake Geneve)

Château de Chillon (Chillon Castle)

 

スイス出国時、最後の X 線照射を受けた。ここでも「ISOは?」と聞かれたがISO4000まで平気と言われ機器に通された。飛行機はド・ゴール空港を経て羽田を目指す。

 

 X 線の影響

成田空港で照射を受けなかったお陰で、合計 3 回に止める事ができた。帰国したその足で銀座のラボにカラー現像を依頼する。数日後仕上がったネガをみても特にダメージは感じられないが、数枚の写真に通常なら起こりえない現象、白もやや白線が見られた。

f:id:coalfishsholco:20190826221151j:plain

4秒開いた。白いモヤが確認される。

f:id:coalfishsholco:20200119094057j:plain

下方に水平に横切る白い線が見える。


肉眼ではこの程度だが、CineStill フィルムを Silversalt さんへ現像依頼した結果、かなり興味深い返答が返ってきた。

ネガの濃度(fog)が高い、X 線や非常に暑い場所にフィルムを置いていませんでしたか、とのこと。素晴らしい。さすがプロ中のプロ。数値として出されるとやはり X 線の影響はある、と考えられる。ちなみに X 線をうまく避ける方法は ISO値を聞かれたら  6400 と答える事、そして(事実でなくても)自分は職業的フォトグラファーのためリスクは避けたい、と伝えれば良いとアドバイスまで頂けた。

旅の総括

正直なところ、海外に重たいフィルムカメラを持っていく、さらにフィルムの扱いに気を使う(夏場の暑さと X 線など)事はストレスではあった。しかし想定内であり、ほとんど諦めに近い気持ちだったため後悔は全くない。

旅、特に海外旅行となると持っていくカメラやレンズに悩むのは当然で、また選択を誤ると疲労で旅が台無しになる。Web を調べると当然のごとく、軽いのが良い、コンパクトが良い、レンズは広角1本で良いなど色々なアドバイスがある。しかし個人的には自分が本当は何で撮りたいのかを優先する事が大切だと考える。

私がハッセルを持って行ったのはハッセルで撮りたかったからで、もっと軽い 35 mm 、ライカニコン1台、ひょっとしたら GR II 1台でも良かったとも言える。

しかしあの 6×6 のスクリーンから見える美しい街並や景色を独特のボシュんという音で切り取ってみたい。ただそれだけのために麻薬の詰まった箱と間違えられてもハッセルを持参した。

35 mm フィルムでも撮りたかったため Rollei 35 も持参した。思惑通り、とりあえず1枚という場合に重宝した。GR II もしかり。こちらは夜景や露出計代わりとして役立った。

いくつかの出会いもあった。ハッセルで撮影していると白人の若いカップルに一眼レフで写真を撮ってもらえないかと頼まれた。

湖で撮影しているとフランス人の老夫婦に撮影を頼まれた。構図を意識して奥さんのスマホで撮影。良い感じの老夫婦だった。私もいつかこうなりたい。

フィルムにこだわる理由

今回旅行に出る前、およそ 15 年前にニューヨークへひとり旅した時のネガが見つかった。スキャンしてみると見事な景色が色褪せぬまま存在していた。同時期に撮ったoptio s60というデジカメの画像は現在のスクリーンでは親指ほどの大きさの解像度しかない。まだSDカードのバイト数が少なく、数多く撮るために画質設定を400ピクセル程度の S サイズにしていたため。当時のモニターではこれで十分であったが、現在の標準的なモニターでは引き延ばすことも不可能だ。またハードディスク間の移動によるデータの劣化も起こっている。

それをみた時、やはり大事な写真はフィルムで撮ろうと決めた。フィルムで撮っておけばその時代に適したスキャンのサイズでいつでも閲覧可能だからだ。

 

さてと、次はどこへ、そして何(カメラ)を持って行こうか。