Cure of GAS

Castle Rock Photography

写真やカメラにまつわる話を淡々としていきます。

焦点距離 40 mmの魅力

カメラに興味を持つようになって、レンズ固定のデジカメから一眼レフ、ミラーレスを手にするようになると必ず悩むのがレンズ選び。特に単焦点レンズに興味を持ったが最後、無数にある焦点距離と開放値に日々悩まされることだろう。私も例外ではない。

f:id:coalfishsholco:20200813104410j:plain

潤沢な資金をお持ちなら全ての焦点距離を買い揃えてもいいのだろうが、私のような小市民ではせいぜい3つまで、旅行に行くのならできれば1つに絞りたい。

そんな折、ライカミノルタCLを購入したことがきっかけで偶然にも焦点距離40mmのレンズ、Rokkor40mm F2を使うことになった。

f:id:coalfishsholco:20200810174504j:plain

左端が40mm。大変小さい。

35mmと50mmの狭間の焦点距離はなんとも中途半端であり、それでいて確かな魅力があった。狭すぎず、広すぎず。

イカミノルタCLはもう手放してしまったが、それ以来、Nokton 40mm F1.4やローライ35mm、デジタル用にZeiss Batis 40/2 CFなど、積極的に40mmを使うようになった。

これで全ての悩みから解放された、そんな気がした。

f:id:coalfishsholco:20200813104548j:plain

Nokton 40mm

f:id:coalfishsholco:20200813104619j:plain

Rollei35 tessar 40mm

それが幻想だと気づくのにそう時間はかからなかった。40mmは大変便利な画角だが、まず40mmフレームを持つライカはCLのみ、もしくはローライ35のようなレンズ固定式に限定されることがある。もちろん構図についてはデジカメ背面のライブビューで撮影すれば問題にはならないのだが、私はほとんどフィルムライカ、例えばM6などで撮るため40mmフレームがないのはやや気になるところではある。

40mm独自の焦点距離については、35mmのようなゆるいパースがつかず、そして50mmのようなゆるい圧縮効果も望めないため、まあ正直なんだか歯がゆい感じである。

f:id:coalfishsholco:20200813104652j:plain

Rollei 35 / スイスの湖畔。今見直すともう少し広角で撮りたかった。

うーむ、40mm、なぜお前は40mmなのだ。。。

カールツァイス ZEISS Batis 2/40 CF E-mount

カールツァイス ZEISS Batis 2/40 CF E-mount