Cure of GAS

Castle Rock Photography

写真やカメラにまつわる話を淡々としていきます。

風吹き荒れる中禅寺湖(奥日光遠征)

例年3月は妻と1泊旅行をするのが恒例で、北関東を中心に車で3時間圏内を散策していたのだけれど、このご時世、やむなくキャンセルをした。

そのかわりに1人で奥日光へ日帰りで行くことにした。まだ自粛要請が出る前の話である。まあ湖の写真を撮るだけだしクラスター3要素には当てはまらないだろう。持参したのはハッセルとキヤノンRP。フィルムは例のAgfa Copex RapidとKodak Portra。

途中休憩して2時間半。午前の早い時間帯で道中はかなり空いており、いろは坂はワインディングを楽しめる程にガラガラだった。スバルの4駆は素晴らしい安定感で山を駆け抜ける。

f:id:coalfishsholco:20200329092204j:plain

いろは坂にて

奥日光に行くのはこれで2回目、前回はおよそ10年前。思えば生活に少し余裕ができた頃で、ナビもついていないオンボロの軽自動車で妻を乗せて湖畔をドライブした。

湖南西の駐車場に車を停めて早速機材を下ろす。しかし寒い。ここ数日首都圏では暖気が流れ込んでおり春の陽気と勘違いしていた。風が吹き荒れており、念のために持ってきたコートとウィンドブレーカーを重ね着しても凍えるほどだった。しかし天気自体は良く、時折青空が顔を覗かせる。

f:id:coalfishsholco:20200329092351j:plain

凍りついた手すり / Hasselblad 500CM

三脚にハッセルを固定し数枚の写真をとり、ND-1000フィルターで露光を長くし湖の荒波を鎮める。日常ではハッセルの重さを呪う事があるが、こういうシチュエーションでは逆に機材の重さがありがたい。風などものともせずにどっしりと構えている。

Lake Chuzenji (Chuzenjiko)

f:id:coalfishsholco:20200329092501j:plain

ND-1000 / 10 sec

しかしどうにも寒すぎる。

一旦機材を車にしまいこんで、キヤノンRP片手に散歩をしながら目についたものを切り取る。平時がどうなのかわからないが、歩いている人はほとんどいない。途中蕎麦屋湯葉蕎麦とおいなりさんを食べた。とても美味しい。

f:id:coalfishsholco:20200329092806j:plain

湯葉蕎麦。心まで温まった。

客は私一人で愛想の良い店主と少し会話をした。昨日はもっと風が強かったらしい。例の騒ぎで観光に影響が出ているのか知りたかったが、そんな野暮ったい事を聞くのはやめておこう。 礼を言って店を後にする。

 

その後再び車に戻りハッセルにポートラを詰めてカラー撮影。やはり手持ちのハッセルは重く、なかなか手強い。

f:id:coalfishsholco:20200329100410j:plain

独特のフレアが神々しさを演出する。Distagon C60 F3.5

実は今回初めて気づいたのだが湖周辺はフランス、イタリア、英国など外国の大使館別荘地だらけである。避暑地としてここで過ごすのだろう。そう思えば湖へと続く裏道がニースの街並みのように見えてくる。

f:id:coalfishsholco:20200515094506j:plain

昼過ぎに湖を後にする。気温も高くなり中心部ではかなり人が増えてきたようだ。なんだか少しホッとした。また状況が改善したら旅館に泊まって湖に映る夕日でも見ながらゆっくり過ごしたいと思う。

 

自宅に着いて早速現像に取り掛かる。Agfaは相変わらずの高解像度でハッセルレンズとのコラボは凄まじいシャープネスを叩き出す。ポートラも同様。もはやフィルムらしさが無い。キヤノンRPで撮った画像と比べても一見区別がつかないレベルである。 ハッセルは商業的プロ機、その優秀なレンズはフィルムで表現できる画の限界値を引き出している事がよくわかる。そうなってくると不思議なことに、もっとユルイ、眠い絵を求めるようになるのがフォトグラファーの性(さが)。 

 

https://www.instagram.com/p/B-dHgk6j8Ys/

 

終わりなき旅路。

 

魅惑のハッセルブラッド図鑑 [雑誌]

魅惑のハッセルブラッド図鑑 [雑誌]

  • 発売日: 2016/11/15
  • メディア: オンデマンド (ペーパーバック)