Cure of GAS

Castle Rock Photography

写真やカメラにまつわる話を淡々としていきます。

Rolleicord Vb レビュー

正直なところ世間(といってもフィルム愛好家の狭いコミュニティだけれど)ではローライフレックスの廉価版というイメージが強く、往々にしてプアマンズフレックス(poor man's rolleiflex)などと揶揄されがちなのだが、それは全くの誤解である。

f:id:coalfishsholco:20200905160429j:plain

Rolleicord Vb

ローライフレックスとローライコードを使ってきた経験として、このカメラは描写、操作性、携帯性共に大変素晴らしくまとまっており、明らかにローライフレックスとは違うベクトルを向いている。よってオレンジかリンゴか、ロンドンかパリか、と同様、優劣を比較するには無理がある。

Tokyo Street

ローライコードは1933年から発売され、1962年に最終モデルであるVbをもって製造終了となる。およそ30年の間に外観や機能のメジャー、マイナーチェンジを繰り返してユーザーの要求に応えてきた。レンズは初期のトリオター、その後シュナイダーのクセナーに変更となっており、Vbはクセナー搭載。F3.5という無理のない設計のためか、合焦点の描写はシャープで、それでいて品よく柔らかい。被写体や光を変化させると、今でも撮るたびに新鮮な輝きがある。

Rolleicord Vb

またボディはコンパクトで軽い。比較するならばローライフレックスより、状況によっては圧倒的に、勝るポイントだろう。

f:id:coalfishsholco:20200905161201j:plain

ONAのバッグにすっぽり納まる

ローライコードは愛好家も多く、それぞれ好きなモデルがあるようで、特にピントリングが右側に付いており、非ライトバリュー方式の IV までは実用面で価値が高い。

私が Vb を選んだのはセルフタイマーとファインダースクリーンを交換できるということで、いつもお世話になっている Rick Oleson 製のブライトスクリーンを装着して大変明るく楽しく撮影できている。

f:id:coalfishsholco:20200905160921j:plain

ブライトスクリーンは四隅も大変明るい

またストラップだが、これは公式かどうかわからないが、ピンが出ており、ハッセル用のものが取り付けられる。よってアルチザンアーティスト製の軽くて柔らかいストラップをつけて見た目にも大満足である。もちろん元々ローライフレックスのようなカニ爪ではないため、汎用のものも問題なく取り付けられる。

f:id:coalfishsholco:20200905161027j:plain

完璧に装着できるハッセル用ストラップ

個人的にはローライコードの最大の特徴はその庶民的な佇まいと考えている。言うなれば廉価版ではなく庶民版である。

荘厳な装飾やバカラのグラスのように輝いているレンズに気を使いながら撮るのも良いが、お気に入りのバックに詰め込んで、気楽にぶら下げて、スペインバルに立ち寄る感覚で撮るのもまた良し。

Tokyo street

40歳という人生のターニングポイントを過ぎた頃、ふと自分の人生観について再考したことがある。思えば20代、30代と見栄を張って生きてきた。そんなある日、国道沿いに沈む夕日を浴びながら車を運転しているとふと言葉が頭に浮かんだ。

 

"目立たず、質素で、それでいてこだわりを持つこと"

 

f:id:coalfishsholco:20200905160654j:plain

いつ達成できるか分からないが、ローライコードはこれからもずっと私にとっての良きマイルストーン(道しるべ)となるだろう。

気楽に楽しみながら日々を過ごしてゆきたい。

 

セコニック 露出計 ツインメイト L-208

セコニック 露出計 ツインメイト L-208

  • 発売日: 2013/09/25
  • メディア: エレクトロニクス
 
ローライコード用シャッターレリーズ

ローライコード用シャッターレリーズ

  • メディア: エレクトロニクス
 
ムードエレベーター 感情コントロールの新常識

ムードエレベーター 感情コントロールの新常識

  

Leica M5 レビュー

M5は他のMモデルと比べやや異質だ。まずそのデザイン。なんともモダンな佇まいで、これは良い意味で新しい時代のライカを予感させるものであったが、そのやや拡大した大きさやのっぺりとしたデザインがライカパトロンとも呼ばれる熱心なユーザーから反発を買い、M6で原点回帰となった。よって生産台数も少なく、まあ不運なモデル、と言えばそうなる。

f:id:coalfishsholco:20200830100556j:plain

Leica M5

しかしながらその独特のデザイン。個人的にはバウハウスの建築や家具に通じるモダニズムを感じさせる。平面的なデザインと機能美。現代基準でも十分に ”ナウい” 。フォントも現代的で、さりげなく、これライカなんだ、と主張するところがニクい。

f:id:coalfishsholco:20200830100932j:plain

機能面で注目すべきはまずその露出計。直接見ることはできないが、巻き上げと同時に登場するセンサー腕木式。その後のライカCLでも使われている機能で、精度は比較的高い。そしてシャッターダイヤルがボディ前面にやや突き出ているためファインダーを覗きながらの露出調整が容易に行える。

f:id:coalfishsholco:20200830101049j:plain

Leica M5 / Canon 50/1.8LTM

個人的にはほぼ目算で露出を測ってからの撮影スタイルのためあまり恩恵は受けなかったが、一般論として使い勝手、実用性は大変高いだろう。

f:id:coalfishsholco:20200830101204j:plain

秩父の味噌豚を贅沢にハムエッグにして

しかし個人的にはこの露出計がシャッターフィールをスポイルしているかなと思った。

というのは、システム的に巻き上げと同時にセンサー付きの腕木が迫り出してくるのだが、当然これは撮影時に仕舞い込まなければならない。そのため、シャッターを押し込んでいくと、それこそ物理的な感覚としてニョイッと腕木が仕舞い込まれていく振動が指先に伝わり、それからチッとシャッターが下りる。このテンポ感にどうも馴染めなかった。

通常ならば被写体にピント、チッ、だが、これは被写体にピント、ニョイッ、チッ、とワンテンポ遅れてしまう。どうにもタイミングが悪い。しかしこのワンクッション入る代わりに、シャッター音とショックはこれまで使ってきたどのライカよりも静かである。

Rolleicord in the morning

"完璧なカメラなど存在しない"

飽きっぽい私にとって Gear と自分とを繋ぐまじないのような言葉。

もっとも、それらダウンサイドを差し引いても、露出計の使いやすさ、デザイン、そして個人的に大好きなセルフタイマー搭載と、これ1台あれば撮影に困ることは何もないだろう。キヤノンの古いLマウントレンズと共に良き思い出ができた。

このM5、発売から数十年して改めて良さが見直され、一時期かなり価格が高騰したようだが、やはりいっ時のブーム。幸いなことに私が入手した頃はその荒波は鎮まっていた。

現在では前回のM4-P同様あまり市場では見かけなくなった上、露出計やファインダーのバルサム切れ、シャッタードラムの破損などの持病を抱え、修理対応も難しいのが現状。物好き以外はあえて選択肢に入れないだろう。

私はその物好きの一人だ。

機会があれば是非。

ライカ LEICA M5 クロームボディ 後期型 3点吊り
 

 

Leica M4-P レビュー

ここ数年、市場でめっきり姿を見せなくなったブラックモデル(私の検索が甘いせいかもしれないけど)。

f:id:coalfishsholco:20200827134448j:plain

Leica M4-P

個人的にはライカ M6 に次いで使用歴の長いモデルで、このカメラとともに色々な思い出を作った。 M4-P のコンセプトは M4 に 28mm 枠を付けたプロ仕様とのことだが、M4 からの進化というより、露出計を除いた M6 と考えた方が早いかもしれない。プライスも、少なくとも当時の平均相場は M4 や M6 より低かった。

f:id:coalfishsholco:20200827134846j:plain

造りについてカナダ製だからチープだという意見もあるが、私はそう感じなかった。整備が良かっただけかもしれないのだが、やはりライカはライカである。巻き上げもシャッターフィールも悪くない。まあ使い心地は主観的なものなので評価する意味はないだろう。あえて難点を挙げるとするならばボディ前面のレッドライカマークだろうか。

f:id:coalfishsholco:20200831062248j:plain

やや目立つのでテープで隠して使っていた。このカメラとズミクロン 35mm があればほとんど何でも撮れた。

f:id:coalfishsholco:20200827134912j:plain

Leica M4-P / summicron 35mm asph / Tokyo

と、まあ特に不満もないのだが、一度露出の難しい状況下で目算を誤りネガを台無しにしたことがあった。完全に私の未熟さなのだが何故か露出計の付いたライカに憧れてしまい、M6 とトレード。

M6 は M4-P を凌駕しているので後悔はないのだが、別にわざわざ手放す必要はなかったかなとは思っている。

f:id:coalfishsholco:20200827135038j:plain

Leica M4-P / summicron 35mm asph / Kyoto

この記事を書こうと思ったのは、安価なライカを探しているという友人からの頼みで、そういえばと M4-P の中古品を探し始めたことがきっかけである。

ゴロゴロ転がっているだろうと軽い気持ちで検索するのだが、なかなか見つからず、また見つけてもそれは(少なくとも私の感覚では)想像以上にハイプライスだった。

What's goin' on Leica?

もしまだ手元にあれば譲ってあげたのにな、という気持ちで筆を置く。

 

coalfishsholco.hatenablog.jp

LMB-M10

LMB-M10

  • メディア: 付属品
 

Leica Elmarit 28mm F2.8 ASPH レビュー

前回ウルトロンの記事を書きながらそういえばエルマリートについてのレビューがないことに気がついた。せっかくなので 28mm DAY。暑さに負けず拙い言葉を紡いでいきたい。

f:id:coalfishsholco:20200822081259j:plain

イカエルマリートの歴史は比較的古く、初代モデルは1964年に発売された。その後マイナーチェンジを繰り返して2006年に初の非球面(asph)モデルが発売された。これが5代目。2016年にasphの2代目、つまり6代目となり現在に至る。

Tokyo Skyscraper

非球面になって大きく変わったのは描写はもちろんのこと、特筆すべきはそのサイズ。

フィルター径は初代をE48とし、その後E49、E46など目まぐるしく変更され、asphでE39と、まあいわばライカ標準のフィルター径になっている。鏡筒の長さもおよそ半分近く、重さも初代から非球面まで約250gだったものがasphでは200gを切っている。

 

エルマリート28mmで人気なのは初代モデル。広角でありながら球面レンズが醸し出すオールドテイストの描写は甘く、切なく、見るものの琴線に触れる。この描写は現代設計のレンズや、例えポストプロセスでも表現できないだろう。そしてなんといってもそのくびれの鏡筒デザインが大変艶があり、見惚れてしまうのは事実。後玉の大きな突き出しによって使用できるカメラが限られているにもかかわらず中古ハイプライスがそれを裏付ける。

Rainy Day

と、まあ書いてはみたが、作例を見る限りでは個人的には対価に見合う製品とは思えない。それよりも2代目の初期モデルがこのくびれを踏襲しているため、理性・合理的なユーザーはこちらを選ぶのが定石。

しかし2代目も問題がないわけではない。前玉が飛び出ているため通常のフィルターを付けられない。ステップアップリングで避ける方法もあるがやや見た目を損なう。では3代目、4代目についてはどうか。この世代になると描写がかなり現代的になっており、つまりプライス以外ではこの世代をあえて選択する理由がない、と個人的には判断し、それで私はasphにした訳である。

長くなってしまったが、本題に戻ろう。 エルマリート28mm asphは現在設計の非球面とあって写りについてはもはや何もいうことはない。ブログ内作例は全てこのレンズで撮られたもの。パリッとシャキッと、あるがままをコントラスト良く写し出す、いわば己の仕事をよく分かっている28mmである。

Skytree Cafe in Tokyo Japan

そしてそのコンパクトなサイズはこれまたレンジファインダーと最高にマッチする。フードをつけるとやや出っ張るが、それでも大変スリムで鞄の出し入れもスムーズ。私のように撮影毎にONAの鞄からカメラを取り出すスタイルのユーザーには大変ありがたい。何よりも速写性に優れる。まあなんというか、一緒にいて楽、という感じ。

The Garden in the rain

このレンズ、特に往年のユーザーからは面白くない、と揶揄されあまり人気がなかったためか、中古価格は比較的リーズナブルで、物によっては10万円を切るものもあった。しかしそれが最近驚くほど高騰中。

需要に対して供給量は減る一方なので市場価格は上がるしかない。全く疲れる話である。

 

個人的にリプレイスメントとしてはビオゴンを推す。あのレンズは価格、描写ともに本当に素晴らしい。是非。

 

 

 

Voigtlander Ultron 28mm F2 VM レビュー

2008年8月に発売されたライカMマウントモデル。超屈折率レンズ採用でコンパクト化しており、全長51.2mm、重さ240gと、大口径にしては軽く短く、コンパクトなレンジファインダーカメラに最適な仕様となっている。想い出も兼ねて少しだけレビュー。

f:id:coalfishsholco:20200821202216j:plain

正直言って描写は普通。特に目立った特徴はない。F2.8以上に絞ればビオゴンやエルマリートとの差異は感じられない。至ってシャープ。

The shade of trees

肝心の開放F2だが、周辺減光があるものの、かなりシャキッとした描写で、さすが現代設計のレンズといった感じ。例えばオリンパスのOM 28mm F2の開放夢見心地な描写とは一線を画する。

f:id:coalfishsholco:20200821202641j:plain

 

買いか?これは難しい問題である。

そもそも広角レンズに何を求めるか。 28mmはストリートフォトの基準画角で、ISO400 1/250 F11で3m程度にピントを合わせておけば、日中ならほぼ全てのものが撮れる。よって開放を使う機会はそれほど多くはない。それならば(価格を無視すればの話だが)はじめからF2.8のビオゴンやエルマリートを検討した方が良いだろう。

f:id:coalfishsholco:20200821203059j:plain

 

しかし個人的には大口径広角レンズの開放の描写は特別に感じる。実際にF2レベルで近接撮影するとかなりボケる。画角が広いため、それだけボケのエリアが大きく、まあなんか、場合によっては35mmよりもすごくボケている感があり、被写体が浮き出て見える。

さらに、特に私のようなフィルムユーザーにとってはどのような画角でも明るいレンズであればあるほど良い。1段の明るさの違いが、撮影可能か不可能かの判断に関わってくるシチュエーションがデジカメよりもはるかに多いためである。もちろん暗いレンズでも、例えば1/4で手持ち撮影してネガの上がりを待つのが大変楽しいのだけれど。

スペックを比較すればズミクロン28mmの廉価版としての立ち位置は否めないが、現在の価格差はおよそ5倍。検討する価値は十分にあるだろう。是非。

 

 

coalfishsholco.hatenablog.jp

 

Rolleiflex 3.5F レビュー

この猛暑の中、マスクしながら外出、さらに撮影などとてもできそうにないので自宅で写真の整理。最近連続で記事を書いているが、全て暑さのためである。

写真の整理をしていたらRolleiflexで撮られた写真が出てきた。もう数年も前になる。

f:id:coalfishsholco:20200821072730j:plain

もう特に説明もないだろう。ローライ二眼の頂点。 記憶が正しければ2.8にするか3.5にするかかなり悩んだ。それでレビューも国内海外全て読み漁った。結論として、軽さとバランスで3.5を選んだ。プライス的にも2.8に比べて若干安めだが、それでもライカボディと同等の価格帯で結構無理をして購入した記録が残っている。

My room

Planar 75mmの写りは大変素晴らしく、シャープさの中に艶があるといった感じ。 光の捉え方も上品。

ローライは付属品も充実しており、それがまた全て可愛らしい。気づいたら近接用のローライナー、純正フードなど、レゴブロックを積み上げるが如く増えていった。ストラップも特殊なカニ爪のため、肌触りの良いストラップを特注した。

f:id:coalfishsholco:20200816172557j:plain

ローライナー I

大変楽しく撮影していたのだが、購入したのも束の間、すぐに手放した。操作性が合わなかったのか、ファインダーを覗くのが慣れなかったのか、F3.5という暗さが使用環境に合わなかったのか、正直原因はよくわからない。

f:id:coalfishsholco:20200816172704j:plain

それからしばらくしてローライコードを手にすることになるのだが、こちらはかなり長いこと楽しんだ。不思議なものである。ローライコードについてはまた後日レビューしたい。

 

やはり私は小市民で、気兼ねなく使えるプライス帯のオモチャが性に合っているのかもしれない。

それから何度か2.8の購入を検討したことがあるのだが、どうせ手にしてもカバンに放り込んで使うこともできないのだろうな、などと考えて皆さんの作例をポチポチ眺めて過ごす日々である。

My cat

 

二眼レフカメラワークショップ

二眼レフカメラワークショップ

  • 作者:田中 長徳
  • 発売日: 2009/09/25
  • メディア: 単行本
 

 

Plaubel makina 67 レビュー

初代タイプは1979年にドイインターナショナルより発売され、広角レンズ搭載タイプや220フィルム使用のタイプなど3種類ある。詳しい歴史などはWeb上至るとこに散らばっているためそちらを参考にされたい。

f:id:coalfishsholco:20200815101845j:plain

 

レビューの前に現状の報告だが、このカメラ、今はもう手元にない。最初に購入したのは5年前で、しばらく使用して売却、それからなぜか2台目を購入。そして手放した。つまり私とは相性が合わなかったのだろう。いずれも初代モデルである。

f:id:coalfishsholco:20200815102334j:plain

ボディ外観は非常にスマートで、レンズ沈胴により機能的にも優れている。蛇腹に気を使うが、撮影時にレンズを出し入れする感覚はレトロ感満載で使っていて愉しいカメラである。

レンズは天下のニッコール 80mm F2.8。35mm換算39mmと準標準の画角。6x7判のため、F2.8と決して明るくはないレンズだが被写界深度は大変に浅く、それだけ大きなボケを生み出せる。

f:id:coalfishsholco:20200815102450j:plain

 

描写はいうまでもなく開放から極めてシャープ。絞り込めばパキパキになる。収差が残ってはいるが気にならない程度。

f:id:coalfishsholco:20200815102522j:plain

EXIT

操作は少し変わっている。このカメラはレンジファインダーだが、ピントリングがレンズではなくシャッター部についておりこれを回しながらピントを合わせる。カメラの状態にもよるがフォーカス精度は高い。かなり微妙なピントでも繊細に合わすことができる。

Tokyo International Forum

露出計も装備されているが、中古によって精度はバラバラ。幸運にも私の個体は問題なかったがAE絞り優先等ではないため結局は自分の露出感覚が重要になる。

f:id:coalfishsholco:20200815102643j:plain

f:id:coalfishsholco:20200815102741j:plain

総括としてかなり個性的なカメラ。写りもいいし、6x7判は常識的な範囲内での最大フォーマット。使ってみる価値は十分にある。

 

難点、というかこれが原因で私は手放したのだが、なんといっても気をつかう。コスト(カメラの相場は20万〜25万)がかかっているだけに尚更である。

特に蛇腹部分の出し入れは基本的にピントを無限遠に置いた状態で行なわなければならない(整備の方に聞いたので本当はどうかわからない)ため、撮る度にピントをリセットする必要がある。これが結構煩わしい。

そしてハンドリングが悪いため、ボディの重さがダイレクトに手に伝わり、率直にいって実測値以上に重たく感じる。

f:id:coalfishsholco:20200815103049j:plain

と言ってもこのカメラで何度か旅行もした。いい思い出のカメラ。一時価格が急騰していたが最近はまた落ち着いているので、もし興味あれば是非。 

プラウベル makina 67 Nikkor 2.8 80mm

プラウベル makina 67 Nikkor 2.8 80mm

  • メディア: エレクトロニクス
 

coalfishsholco.hatenablog.jp

 

関連ページ: