Cure of GAS

Castle Rock Photography

写真やカメラにまつわる話を淡々としていきます。

レンズの順位付けをしている中で感じたライカ、とその魅力について

在宅・時短勤務が長引くと過去の思い出に浸る時間も多くなる。思いつき企画でこれまで使ってきたライカレンズに順位をつけてみたい。そしてその流れにおいて、ライカの魅力について後半に語ってみる。

第3位 ズミルックス 50mm 2nd

なんというか、懐古主義というか、雰囲気とネームバリューだけで投票してしまったのが本音。写りがずばぬけて良いわけでもないし、どちらかというと標準そのもので、開放にいたっては他の大口径(現行)と比べると大変甘く、フレアもすごい。けれどもこの質感、そして重さ。手のひらにのせてみると、大きな球面レンズが重力で引っ張られているのが感じられる。それに抗(あらが)うかのような筋肉の緊張が、ある種の安心感を抱かせる。ルックスもいい。適度にカーニングされたHelvatica調のフォントが、当時('70s)のカウンターカルチャーを明示するかのようで、アースカラーを身にまとったヒッピーをコダックで撮りたくなってくる。一度は手にしたレンズだが、なぜか手放した。けど今でも大切に思っている。

 

第2位 ズミルックス 35mm 現行モデル

3年前に入手して以来、Mボディーが無くなっても、ずっと持ち続けているレンズ。手放す理由がない。私にとっては完璧なレンズ。35mm F1.4 なのにこのサイズで開放から素晴らしい描写。といっても解像度は高すぎず、ライカ的な緩さもある。ノクトン、ディスタゴンも併用してきて、どちらも大変優れているレンズだが、あえてこのレンズを手放してリプレイスする必要性は感じられなかった。

実はこのレンズ、所有はしていたけどこれまであまり使っていなかった。最近になって再び魅力に取り憑かれているところ。まあ今後非常時にはどうなるか分からないけども、できるだけ長く、大切にしたいレンズ。

 

第1位 ズミクロン 35mm /50mm (All version)

ここでは年代というか世代は特定しない。全てを使ってきた訳ではないが、どの世代も魅力があり、描写は例外なく素晴らしい。そしてズミクロンはライカMボディとの相性が抜群で、装着した時のバランスが完璧すぎる。ルックスはレンジファインダー黄金比を完全に満たしている。ほんと、もうこれでいい、と思わせてくれるレンズ。私はフィルムユーザーなのでISO50でも手持ち撮影できるようにズミルックスなどの大口径を選ぶ傾向があるが、ISO問題がクリアできるならF2のズミクロンはプライス、性能共に最も合理的な選択肢だと思う。

今はもう所有していないが、このレンズはできるだけ見ない、触らないことにしている。 だって、また欲しくなってしまうから。

 

イカの魅力

私は中途半端なライカユーザーなので、ライカの魅力を語るにはまだ経験値に大変乏しく、また勘違いをしている点も多々あると思うが、その上で、私なりのライカレンズの魅力について少し語ってみたい。

前述したように最近になってズミルックスを再び使い始めている。入手当初はその興奮のあまり、なんて素晴らしい写りだ、と一辺倒なレビューばかりだったが、同スペックのディスタゴンやノクトンを使っていくうちに、どうもそうではない、写りの良いレンズは他にもある、これは何か別のものがあるのではないか、と思うようになってきた。

Dear cat

イカレンズの製作工程はほとんどが手作業ということだが、一見するとこの黒々(銀々)とした精巧な作りのレンズの中には完全さ、もう少し強調して、完璧さしか詰まっていないように思われる。実際にマテリアル、デザイン、技巧、マーケティングは超一流であるし、そしてなによりライカユーザーの誰しもがその高額なプライスと引き換えに潜在的にそれを願っている。ライカは完璧でないといけない、いや完璧であるべきだ、と。

私はむしろライカレンズの魅力はその不完全さと滲むような優しさにあるのではないかと考えている。 完璧さの中に、不完全さを見出すのは簡単なことではない。それは先入観と期待への裏切り行為であり、場合によっては心身の磨耗を伴うこともあるだろう。そうして禁断の領域に足を踏み入れ、予期せぬ秘密を発見した者に残された道は二つ。手放すか、愛するか、である。

Leica M3 & M4-P


人の作るものに完璧な物は存在しない。ライカも同様である。そしてライカはその不完全さを100年以上にも渡る卓越したマーケティングによってたまらなく魅力的なものにしてきた数少ないメーカーなのかもしれない。

sentimental value

 

時雨降る落ち葉の絨毯の上、左手の人差し指の縁に触れるピントリングの冷たい感触と写真乳剤に刻まれるライカの世界。 現像を待つ間に飲むハイビスカスティーの甘酸っぱい香りとともにネガから溢れ出してくる優しさ。

f:id:coalfishsholco:20210220061132j:plain

Elmarit 28mm

ギスギスした世の中に、ほんの少しでも心の豊かさをもたらしてくれるレンズとカメラ、それがライカなのかもしれない。

 

 

 

個人輸入にまつわる色々な思い出

思えば昔から個人輸入を頻繁にしてきた。書籍やレコードなどの小さいものから服や楽器に至るまで。今は日本からでも外国のAmazonで手軽に購入できるが、20年前の当時は現地のショップにアクセスして送ってもらう必要があった。

一度、どうしても欲しいギターがあったのでオランダから輸入したことがある。この時は輸入代理店を通じた。理由は高額なこと、保証のこと、そしてネックの部分に使われている素材がワシントン条約で規制されているハカランダ(ブラジリアン・ローズウッド)であったことで、万が一破損や輸入ができない場合にかなり面倒なことになると思ったからである。

代理店と数回のやり取りを経て商品は無事に届いたのだが、大きなギターケースを開けてみるとネックは見事に反り返っており(少なくとも日本基準では)、結局調整に多額の費用をかける羽目になった。

アバクロ(Abercrombie & Fitch)が今のように日本で展開される前、一足先に輸入していたことがある。当時はあまり見かけないカジュアルでエレガントなデザインが魅力的で、レディースのセーターなどを注文して、意中の女性にプレゼントしたこともある(ちなみに現在の嫁さんで、今でも着てくれている)。
しかしサイズ違いや色違いの頻度も多く、特にカタログの色合いは彩度・コントラストを高めており、元々原色カラーならそれほど違いはないが、微妙な色合いは完全に別物に変えられていた。濃紺だと思ってたら薄い水色だった、という感じである。 こういう場合、個人輸入では返却する手間が非常にかかるため(現在でも同じで実質泣き寝入り)、しばらくして購入をやめてしまった。

f:id:coalfishsholco:20210123101345j:plain

Summilux 35mm asph

少し珍しいアナログドラムマシン(シーケンサー)をドイツ(大手の楽器店)から輸入した時は色々あった。
まず日本での配達職員(業者名は伏せます)が若者で、外国からの荷物のためかやけに緊張しており、おぼつかない手つき(片手)で荷物を持ち、もう一方の手で受領書を差し出してきた。その瞬間、箱が手元から落ちて玄関前で転げ落ちた。 お互いに唖然としたのを覚えている。
どうしようかと思ったが、頭を何度も下げて謝っている前途有望な若者をみているとしょうがないという気持ちになったし、それにまだ実害(故障した)があるわけではない。 その場はそれで収めて、何かあれば連絡することにして部屋で中身を確認した。

精密機器にしてはあまりに簡易的な梱包(プチプチ1枚のみ)にも驚いたが、それ以上に衝撃だったのがあらゆる部位が手垢でびっしり汚れていたことだ。もはや先ほどの落下事故が霞(かす)んでみえたほどである(結論として動作に問題はなかった)。

中古品(Pre-owned)か、と考えたがすぐに展示品だとわかった。様々な人間が試し弾きした展示品をクリーニングすらせずに送ってきたわけである。もはや新古品と呼んでいいだろう。日本では考えられない。もっともこれはその楽器店の問題であり、ドイツかどうかは関係がない。
故障しているわけではないし、新品と言われればそうだ。よって返却することももちろんできない。10万円を超える商品の個人輸入はこれが初めてで、当然嫌な気持ちにはなったが、まあしょうがない。これも勉強だ。アルコールで綺麗にして、楽しんだ。それ以来、購入時はメールで必ずunopened item (未開封品)かどうかを確認することにしている。

f:id:coalfishsholco:20210123102329j:plain

Summilux 35mm asph

カメラの話に移ろう。

カメラ関係で輸入はもっぱら B&H でのフィルム購入が中心になっている。大量買いの必要はあるが、日本で買うよりもはるかに安いし、日本からの注文も多いようでそこは手慣れたもの、注文してから数日で届くこともある。1万円程度なら税金等もかからない。

イカ限定になるが、カメラやレンズについては外国のストアの方が税金を含め、国内よりも安価で購入できる場合がある。
有名なところではウィーンのライカショップ、マイアミのライカストア、香港(いくつか取り扱い店舗がある)、という感じだろうか。為替レート、輸送費、国内での消費税(合計価格×0.6の10%)、を合わせた合計金額を国内最安値と比較検討する価値は十分にある。ちなみにカメラに関税はかからない。

例として至高のアポズミクロン50mmを考える。価格.comではブログ投稿日現在 992,750 円が最安値。最安値と言ってもおいそれとキャッシュで買える価格ではないが、ここではその予算があるという前提で検討してみたい。なおレートはVISA(2.2%)で換算した。

日本 992,750円

ウィーン 7400ユーロ → 952,654円 

マイアミ 8795ドル → 931,925円

香港 52000香港ドル → 710,669円

価格差を強調するために香港のみ非正規店としている。他は正規代理店。価格差は大きい。この額に送料(無料もある)と前述の消費税(総額×0.6の10%)がかかる。

輸入で怖いのは初期不良時の対応と輸送中の事故である。

初期不良について、ライカ正規代理店購入に限っては2年間の国際保証があるため、輸入品でも銀座のカスタマーサービスで無料修理調整が可能である。それ以外の店(大抵は安く売られている)で購入した場合、いくつかの選択肢がある。まず初期不良としてショップへ返品して修理(大抵はドイツに送られる)または新品交換、自腹で国内修理である。

普通の感覚ならば返品一択だが、輸入品のやっかいな点は、品物を輸出させないといけないことで、これはかなり面倒である。こちらが一旦輸送費を払うこと、輸出品として品物を申告する場合に商品価額と品名をそのまま記載した場合、ショップからすると"輸入品"扱いになり、税金を払うことにもなる。場合によってはその金額を請求されるかもしれない。日本ではありえないのだが、海外の商取引は約款が全てである。購入時はこれらのリスクをもらさずチェックしたい。しかし、場合によっては(金額やリスク)国内で修理した方が安くつくこともあり、この辺りはやはり国内購入と同じ感覚は持たない方がいいだろう。

輸送中の事故についてはもちろん保証が受けられるが、いくらまでかどうかは輸送会社次第で、やはりこれも約款が全てである。

正直、これらの手間など諸々をトータルで考えるに個人的には日本のライカ小売価格も法外に高いわけではないと感じている。

参考にしていただければ幸いである。

資金ゼロではじめる輸入ビジネス3.0

資金ゼロではじめる輸入ビジネス3.0

  • 作者:大竹 秀明
  • 発売日: 2019/07/05
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

フィルムは存続すると信じる理由

謹賀新年。初号だがフィルムユーザーにとってはあまり喜ばしい話ではない。鮮やかな青みがかった色が特徴のFUJI PRO400Hが販売終了とのアナウンスがなされた。

このフィルムは国内で買えるものとしては大変安価で、ポートラの代わりとして長らく愛用してきた。だからと言って今回のアナウンスが私のフィルムライフにとって致命傷となるわけでは無いのだが、なんだかとても、まるでフィルムの終焉を暗示するかのように、切なく寂しいニュースである。

そもそもフィルムはこの先製造され続けるのだろうか。今回のように各社がラインナップを狭めていき、気がついたらフィルムは過去の遺物、フィルムカメラはただの骨董品と化してしまうのだろうか。

First Shot

個人的にはフィルムは今後も何らかの形で製造され続けると考えている。少なくとも私の余命(平均余命では後30年くらいしかないけど)尽きるまでは。そこまでいかなくとも、フィルムカメラ趣味の引退(一応後10年くらいかなと思っている)までは。 なぜそう思うのか。それはフィルム製造を廃止する明確な理由が見つからないから。

例えばフィルムを作ることが大規模な環境破壊につながるだとか、絶滅危惧種からしか抽出できない素材が原材料として必要だとか、そういったことなら諦めはつく。しかし今回のPRO400Hのように原材料の調達が問題なら、これは今後違う代替案がみつかる可能性もあり、そもそも再び材料の調達が可能となり製造が復帰(製造ラインが生きていたら)するかもしれない。

コストや人件費の問題ならば規模を縮小して、それこそ世界中のフィルムユーザーや一部の富裕層が融資を含めたサポートをするだろう。 そして何よりこれらのフィルムを愛するユーザーが世界中に何百万人(ひょっとしたら何千万かも)もいるという事実。これは決して小規模ではないし、またそれを取り巻く産業(カメラ屋や印刷業者)も馬鹿にならない。平時は憎々しいのだが、こんな時はライカM6の中古価格が高騰している事実はある意味、安心できる。

Untitled Portrait

タブレットによる電子化が盛んになってきたから、鉛筆やボールペンを廃止、紙の本や紙そのものを廃止、絵具を廃止、そんなことが現実に起こるとは思えない。フィルムも同様である。 しかしながら規模は間違いなく縮小されるだろう。そして製造コスト上がり、フィルム写真はますます "金のかかる趣味" となることは避けようがないように思われる。

しかし、それでも好きなら、それが何か心の支えになるならば、"精神的安定用備品"として経費計上すればよい。

最後にこういう仮説はどうだろう。今後撤退するのはフィルム写真ではなくむしろデジタル写真だというもの。 世界的な電力需要が高まる中で、いつしか日本も安定した電力供給が望めるなくなる。電力を失ったデジタル画像はもはやその存在意義を失う。そんな時、電気がなくても多少水に濡れてもびくともしない安定した記録媒体としてのフィルムが再び見直される...。

もちろん電気の無い時代にはなって欲しくはないが、フィルム、いつまでも傍にいて欲しい。

2020年最後の東京散策

東京散策に出かけた。といっても大それた事ではなく、ローライコードを鞄に入れて上野、根津、谷中あたりをブラブラ。撮るものがなければそれでいい。およそ3ヶ月ぶりである。

f:id:coalfishsholco:20201228200013j:plain

Fujipro400H / 上野

人混みを避けるために本郷の裏道を歩く。休日の東大周辺は静まり返っており、それが心地良い。 正午近くになるとさすがに人が増えてきた。昼食に適当なレストランを探すが、なんだか面倒になってきたので途中駅で買ったチョコバーをかじって休憩。これでいい。

Nostalgic House(Japan)

天気も良く、撮影は順調だったがカメラを構えるたびに通行人にじろじろ見られ、ちびっ子達は遊びをやめてこちらを訝(いぶか)しげに見る始末。 そのため気に入った被写体を見つけても立ち止まらずに、一旦通り過ぎてから絞りとシャッタースピードを変えつつ、人気の無くなったところで再び戻ってから撮る。露出計を使う暇もない。

Tokyo Street

ローライコードをはじめとして、中判カメラは基本的に速写性が必要なストリートフォトに向く機材ではない。さらに人物モデルなど、被写体が決まっているなら、お辞儀をする姿が相手に緊張感を与えなくて良いという意見があるが、ストリートでは逆にその姿がかなり浮いてしまう。

気にしたら負け、だが、観光客の姿が激減している今日では一挙一動が目立つので少し気をつかう。 といってもやはり撮影散歩は楽しい。ハッとする出会いがあるし、ウォーキングは心身の健康にも良い。

f:id:coalfishsholco:20201228121053j:plain

ilford HP5+ / 根津神社

今年使用フィルムは35mm 8本、ブローニー 15本

来年はもう少し楽しめる、かな。

良いお年をお過ごし下さい。

 

ILFORD 白黒フィルム HP5 PLUS400 35mm 36枚撮り 1574577
 

これからの写真(カメラ)との付き合い方

写真を撮らなくなって早数ヶ月が経とうとしている。

季節の変わり目と外出自粛のムードが徐々に写欲を蝕み、いつしかその状態に慣れてしまった。

数ヶ月前、退職する同僚の写真を撮ったきり棚に置きっぱなしのローライコード。部署のメンバーで集まってセルフタイマーで撮影をした。自宅に戻ってから久々のモノクロ現像。ネガを切り分けて、プリントした写真とともに餞別にした。寂しいけど、楽しかった。

その後もカラーフィルムをつめて色々撮ってみたのだけれど気が乗らない。フィルムカウンターはずっと前から11を指しており、最後の1枚を残して時は止まったままだ。

 

カメラを持たずにいても、日常の美しい瞬間には何度も出会う。その現実をそのまま肌で感じてみる。匂い、温度、光、空気の触れる感覚。

f:id:coalfishsholco:20201218055805j:plain

Elmarit 28mm / kodak portra 400

チャンスがあれば慌ただしくシャッターを切っていた頃と違って、リラックスしている自分がいる。 焦る必要はない。写真に撮らなくても、充足感は味わえるではないか。

そんな日々を過ごしていると、また無性に写真が、カメラが恋しくなる。

この点、フィルムカメラは良い。その場で撮像を確認できないため、"撮っていない気分"を、少なくとも現像までの間味わうことができる。もちろん実際に撮れていないこともあるが、正直なところ、撮れていてもいなくても良い。その瞬間に訪れる素晴らしい情景は胸に収めてある。 

今の私にはこのペースがちょうどいい。

One day in summer

さてと、再びフィルムライカが欲しくなってきた(M6は従兄弟に譲ってしまったので)。

イカ貯金でも始めようか。

 

富士フイルム X シリーズの思い出

寒い季節になるとなぜか富士フイルムのXシリーズが恋しくなる。スマートなルックスと落ち着いたブラック、そしてコートのポケットに収まるサイズ感。私にとって富士フイルムは間違いなく冬のイメージだ。

f:id:coalfishsholco:20201031084615j:plain

Lightroomの検索をかけてみると、これまで使ったボディは5種類、レンズは11種類。フルサイズ機も沢山使ってきたが、同メーカー商品でこれほど多くのカメラ、レンズを使ったのはXシリーズだけである。

f:id:coalfishsholco:20201031084908j:plain

XF16-55mm F2.8

ボディもレンズもどれも素晴らしいが、特に思い入れが強いのがやはりX-pro2とXF23mm F1.4R、XF56mmF1.2で、とにかく触っていて、そして所有していて楽しい。

Grand seashore

f:id:coalfishsholco:20201031093933j:plain

XF56mm F1.2

特にX-pro2は、シャッタフィーリング、音、質感、ルックス共に本当によく出来たカメラだと思う。

f:id:coalfishsholco:20201031085202j:plain

7 artisans 35/1.2

残念ながら私はRAW派なのでフィルムシュミレーションの恩恵をほとんど受けたことがないのだが、個人的にはXシリーズの画像はモノクロームが似合う気がしている。なんとなくだが、モノクロフィルムの質感に似ている。

Turning Tide

 

乾いた季節の日差しを受けて大切な思い出を残してくれた良きカメラとレンズ達。

f:id:coalfishsholco:20201031085306j:plain

XF23mm F2 R

またいつか。

FUJIFILM ミラーレス一眼カメラ X-Pro2 ボディ X-Pro2

FUJIFILM ミラーレス一眼カメラ X-Pro2 ボディ X-Pro2

  • 発売日: 2016/03/03
  • メディア: エレクトロニクス
 
FUJIFILM 単焦点中望遠レンズ XF56mmF1.2 R

FUJIFILM 単焦点中望遠レンズ XF56mmF1.2 R

  • 発売日: 2014/02/22
  • メディア: エレクトロニクス
 

 

Zenza ブロニカの思い出

中判カメラの中で、私が最初に手にした 6x6 フォーマットはゼンザブロニカだった。安価であったというのが入手の単純な理由だが、残念ながらファーストロールで手放す事になった。ある意味で不遇な、カメラである。

f:id:coalfishsholco:20201016164903j:plain

Zenza Bronica C2

ゼンザブロニカの名誉のためあえて書き記すが、カメラ自体には何も問題はない。おまけにレンズはニッコールで、写りが悪いわけがない。吉野善三郎氏によって設立された会社は、1956年からカメラ事業を通じて戦後の復興を支えてきた立役者であり、2005年(ブロニカRF645を最後に撤退)までのおよそ50年間に渡り国民に愛されてきた功労・優良企業である。

 

私がこのカメラを手放す事になった理由はその "音" である。正直なところシャッターサウンドに衝撃を受けた。ライカM3のサウンドに慣れていた私にとってそれは大変にショックだった。個体差があるのかもしれないが、金属の跳ね返る音(ガッキーン)と、さらに...キーン...と反響する音まで聞こえた。しかしまあこれはこういうものだと思えば納得できたのだが、問題は猫である。

Dreamsville

大好きな飼い猫がその音に驚いて逃げてしまった。 もともとノラ猫で警戒心が強いことも関係しているだろう。

猫を飼っている方はお分かり頂けると思うが、一旦嫌がることをすれば、その直接の原因(この場合はシャッターサウンド)のみならず、そこに間接的に付随する物事全て(この場合は私やカメラ本体、匂い)に警戒し始め、最悪、私が近づくだけで逃げていく事にもなりかねない。これは困る。

まあ言うなれば猫殿様の機嫌を損ね、解雇になった江戸幕府の老中のような具合だろうか。

後にハッセルブラッドを使う事になるわけだが、こちらも音自体は大きい。しかし猫は逃げない。

猫も殿様も気まぐれ。

ゼンザブロニカは沢山のモデルがあるため、それによる差もあるだろう。また機会があれば触れてみたい、かな。