Cure of GAS

Castle Rock Photography

写真やカメラにまつわる話を淡々としていきます。

CONTAX LAST DAY : G2 レビュー

T3、T2に引き続き、今回は最終回ということで CONTAX G2 について簡易レビューしてみたい。

f:id:coalfishsholco:20190721072259j:plain

CONTAX G2

14年前(2005年)に製造が終わった製品なので今更感はあるが、一応簡単に説明しておくと、G2はGマウントレンズ交換式AFカメラで操作は全て電子化されている。一応レンジファインダーの部類には入るとしているが、ライカとは180度異なる。そもそも2重像のスピリットイメージもない上に、レンズは全てAF仕様でマニュアル操作できない。それでもその天井を削ったスタイリッシュなフォルムは like a LEICA(ライカのような) と表現しても差し支えないだろう。

f:id:coalfishsholco:20190721072652j:plain

電子化という点を除けば、軍幹部のSS調整ダイヤル、レンズに絞りリングが付いていることなど往年のフィルムカメラの趣は十二分に残っている。ファインダー越しに合焦を視覚的に確認できないのがやや不満点ではあるが、AF精度は概ね良好で、合焦すれば素晴らしい絵となる。

f:id:coalfishsholco:20190721072754j:plain

Zeiss Biogon 2.8/28 T*

カメラも素晴らしいが、特筆すべきはやはりこの素晴らしいGマウントレンズ群ではないだろうか。現状 Sonnar 45 mmと Biogon 28 mm が手元にあるが、これまで使ってきたZeissレンズのどれとも似つかない写りをする。例えば Biogon 28 mmはMマウントでも使っているが、GマウントのBiogon は何か違う。線が太いだとか、粘りがあるとか、言葉にすることは可能だが、あえていうなら画の存在感と重厚感がMマウントと異なる感じを受ける。

Cat & bed

Sonnar 45 mmも大変素晴らしく、このレンズを使いたいがためにG2を手にする方もいるようだが、その気持ちよくわかる。開放F2での合焦点のキレは見事で品があり、Bokehはトーンを残しながらもなだらかにつながっていく。

HERB

T3, T2と使用してみて、個人的には一番しっくりときた。手にした質感、ホールディング、駆動音など、少なくとも現状はライカと同じかそれ以上のフィーリングを楽しんでいる。レンズの種類が少ないのも良い。邪念に囚われることがなくなり撮影に集中できるだろう。

あらためて言うまでもないことだが、ライカだけがカメラではない。ライカは長年に渡ってその素晴らしい職人技術と類稀なるマーケティング戦略によって現在の王国を築き上げ、今もなお人々を魅了し続けている。

そんな夢のような王国の城門を出て少し足を伸ばして旅をすれば違う国の、違った街の風景に出会えることだろう。

 

機会があれば是非。

CONTAX G2

CONTAX G2

 

 

CONTAX DAY 2 : T2 レビュー

前回に引き続き、今回はCONTAX T2 についてレビュー。所感としてはかなり頑丈なカメラで、実際厚みのあるチタンが使われており、重量もサイズから予測されるより重い。とはいえフルサイズレンズ1個分(およそ 300 g)程度の重さなので、持ち歩きに困ることはない。個人的には T2 はサイズが大きい分だけ、ホールド感が T3 よりも良好だった。

f:id:coalfishsholco:20190708184355j:plain

T3と同様、沈胴式レンズで電源と同時にレンズがニュイイッとせり出してくる。レンズ鏡筒には絞りリングがあり、回すと絞り羽根が実際に動く。これは T3 と大きく異なる点で、なんというか直感的な操作ができるので大変好ましい。さらに T3 で煩雑だった各種設定もT2の方が簡単にできる。ユーザビリティとサイズをトレードオフしたT3を選ぶか、マニュアルの操作感を残した T2 を選ぶかは完全に個人の好みによるが、これまで軍幹部のダイアル操作に慣れている方には T3 よりも T2 をオススメしたい。

Road graffiti

レンズはSonnar 38 mm F2.8。個人的には、このレンズの焦点距離が T2 の最大の魅力であり特徴だと思う。

描写は独特な、個性的な写りをする。F2.8で最短 70 cmのため Bokeh などを狙うのは難しいが、それでも立体感のある写りをする。コントラストは T3 の Sonnar より低めで、モノクロフィルムと相性が良いと感じた。

f:id:coalfishsholco:20190708184732j:plain

問題点としては、AFがイマイチで、よく外す。これは T2 ユーザー共通の悩みのようでWeb上では “T2ピント合わせのコツ” なるものが散見される。 ファインダーを覗くと実線と破線のフォーカスポイントがあり、破線は近距離用だが遠距離撮影でも破線を被写体に合わせると上手くいくらしいが、やはり外すときは外す。しかし日中で絞って街並みや風景を撮るのならば全く問題にはならないだろう。

f:id:coalfishsholco:20190708184804j:plain

目に合わせるなど、詳細な合焦は難しい。

カメラの質感は非常に高く、所有する価値や喜びはあると思う。しかし一応30年近く前の電子機器なのでプライス的なもの(高騰中)と検討する必要があるだろう。海外レビューやフォーラムを読むと皆 T2 や T3 に大変興味はあるが故障時に対応できるストアがないため尻込みしているとのこと。この点日本は大変恵まれており、長野県のリペアサービス諏訪さんは今でも現役でCONTAX製品の修理を行っている。年々パーツ等が減って修理をお断りすることもあるらしい。そういった意味ではCONTAXのカメラは今買い時なのかもしれない。

 

フィルムで撮ることについて

T2 やT3 が発売された時代はまだまだフィルム全盛期で、ちょうど今スマホでパシャパシャと撮影しているノリで気軽にフィルム写真を撮影できた。コンパクトカメラの登場によって実際にそれまで写真に興味がなかったエンドユーザーの裾野を広げた功績はやはり大きい。

現在ではフィルムを使った撮影はもはや骨董趣味に近く、フィルム価格の高騰も足枷となり気楽に何ロールも消費できない。だからこそフィルムで撮る時は信頼できる機材に腰を据えてじっくりと撮りたいと思う、と T3 と T2 を使ってみて再確認出来た。

f:id:coalfishsholco:20190712084607j:plain

CONTAX T2 / Kodak Portra 400

機会があれば是非。

京セラ Contax T2 チタンシルバー 【定価120,000円】

京セラ Contax T2 チタンシルバー 【定価120,000円】

 

CONTAX DAY 1 : T3 レビュー

チタン外装されたボディに Zeiss の銘玉 Sonnar が装備された超プレミアムコンパクトカメラ。友人の妻の親父さんが山岳マニアでカメラを沢山持っておりこれはその1台。

f:id:coalfishsholco:20190701151030j:plain

CONTAX T3

以前から気にはなっていたが、今回試用できる機会に恵まれたのでレビュー。おまけとして同じスペックのSummaron 35mm F2.8との画像比較も試みた。

本当に小さく軽い。しかしチタン素材のため重厚感は十二分に感じることができ、いい意味で予想を裏切られる。

f:id:coalfishsholco:20190701151252j:plain

CONTAX T3

電源スイッチはついておらず、ボタンを押しながらダイヤルを P へ回すとギュニュイイッといった感じでレンズが飛び出してくる。基本はPモード、そして絞り優先モードのみでISOはDXコードの自動読み取り、シャッタースピードは露出に応じて自動的に設定される。

AF 精度はかなり良好で、少なくとも試し撮りした(フィルム2ロール)において、ピントの中抜けは0%であった。

f:id:coalfishsholco:20190701151514j:plain

CONTAX T3 / Fujicolor 100

画質についてはまあとにかく素晴らしいの一言。本当にこんな小さなレンズからなぜこんなにリッチで解像度の高い画像が生まれるのかわからない。さすが Zeiss。そして最短35 cmも驚異的で、おまけに近接撮影でも画像の破綻がない。まさに"寄れるは正義"を地で行く名機。

 

せっかくなので同スペックのLeica summaron 35mm F2.8と画像比較をしてみた。フィルムはilford HP 5 PLUS、絞りは両者ともに同じ値、露出についてはT3はSSを設定できないため、測光時にT3で表示されたSSの値をLeica M6に設定して撮影する形とした。本当は三脚を使いたかったがそこまでガチでやる必要はないと思い、全て手持ちで撮影した。

f:id:coalfishsholco:20190701151645j:plain

CONTAX T3

f:id:coalfishsholco:20190701151710j:plain

Summaron 35mm F2.8

絞りF4の作例。正直見分けがつかない。両者ともにピント面の立ち上がりを含め素晴らしい解像度である。しかしSummaronの方がはるかにオールドであることを考えると、これはT3の小さなレンズの性能よりも、むしろライカレンズ素晴らしさをあらためて証明する結果となった。

とはいっても周辺を隈無く調べるといくつかの差異はある。まずT3の方が周辺までキッチリ描写しており、明らかに性能の高さがうかがえる。一方でSummaronは周辺がやや緩い。F5.6あたりでも緩さは残る。よって撮影画像を俯瞰で眺めてみるとT3の方が現代的にビシッとキマっている。

f:id:coalfishsholco:20190701151803j:plain

T3 | Summaron(右)

F5.6 :

f:id:coalfishsholco:20190701152016j:plain

CONTAX T3

f:id:coalfishsholco:20190701152249j:plain

Summaron 35mm F2.8

f:id:coalfishsholco:20190701152324j:plain

T3 | Summaron(右)

F2.8 :

f:id:coalfishsholco:20190701152810j:plain

CONTAX T3

f:id:coalfishsholco:20190701152834j:plain

Summaron 35mm F2.8

f:id:coalfishsholco:20190701152901j:plain

T3 | Summaron(右)

暑い日で我慢できずに思わずグイッと飲んでしまったので、2枚目はコーヒーの量が減っているが、開放での作例ではBokehはSummaronがややうるさく、T3が素直な描写に感じる。何れにしてもやはりSummaronの方が周辺は緩い。

ただ個人的にはライカレンズの魅力はこの辺りにあるのかな、と思う。つまり現実をあまり写しすぎず、観る者の想像力に委ねる、といった感じで。周辺を曖昧にして主題(中心部)を浮き上がらせてドラマチックに表現するように。

まあとにかく1週間借りて例のごとく良い値段で譲ってもらえるという話になったのだが、今回は丁寧にお断りした。若者を中心に人気の機種で実際市場価格はM型フィルムライカが買えるほどになっているので悪い話ではなかったのだが、なぜかしっくりこない。最高に小さくて最高に画質が良く、自動で撮影してくれるのにも関わらず、個人的には面白さを感じなかった。まあ露出補正するにもボタンを押して液晶画面で行うので操作が少し面倒ということもあったが、どちらかといえば相性の問題である。

 

機会があれば是非。

 

FILM CAMERA STYLE vol.4 (エイムック 4291)

FILM CAMERA STYLE vol.4 (エイムック 4291)

 
CONTAX T3 (チタンブラック)

CONTAX T3 (チタンブラック)

 

レンズのカラー選びについて思う事

最近シルバー(クロム)のレンズとブラックボディの組み合わせが気に入っている。

f:id:coalfishsholco:20190624172311j:plain

Zeiss C-Sonnar 50mm F1.5 ZM

これまでブラックボディにはブラックレンズが最良であると、ある種の先入観(目立ちにくい)を持っていたのだが、ズマロンなどライカのオールドレンズをブラックボディに合わせると中々雰囲気があって良い。

f:id:coalfishsholco:20190624172358j:plain

そもそもほとんどのメーカーは色の選択肢が限られていて、大抵はブラック、高級モデルになると白など一目でそれと判るカラーをしている。ライカMマウントレンズは複数のメーカーがブラックとシルバーの2色展開をしている。せっかくなのであえてシルバーを選ぶのも良いかもしれない。

f:id:coalfishsholco:20190624172452j:plain

Zeissに関していえば過去に2度ほど(現在も)シルバーを使ったことがあるが、クロムの鏡筒にブルートパーズのような青色(言い過ぎか)で掘られた距離計など、品があってとても良い。正直なところ、光学的には全く違いはなくとも雰囲気としてはブラックよりも好みかもしれない。

 

歴史的にはライカのボディやレンズはクロムのみであり、ブラックの方が珍しかった。富裕層相手の高級品であったカメラはシルバー食器と同じような、”一目見てそれと判る輝き” が必要だったのだろう。

f:id:coalfishsholco:20190602103812j:plain

戦争が始まると反射を抑えるという名目で黒い塗装がなされ、戦後はそれまでの豪華絢爛な貴族社会の崩壊、質素で素朴なロハスライフやヒッピー、モードの流行とともに ”目立たない” ブラックのカメラとレンズが広く大衆に受け入れられるようになった。 つまり現在においてはレンズやボディがブラックでないといけない理由は、スタジオなどのストロボ多灯による意図せぬ散乱光を防ぐ目的以外では、無いわけだ。

 

アインシュタインの名言に、『常識とは十八歳までに身につけた偏見のコレクションのことをいう。』『人生を楽しむ秘訣は普通にこだわらないこと。普通と言われる人生を送る人間なんて、一人としていやしない。いたらお目にかかりたいものだ 。』とある。

 

たかがレンズやカメラのボディにこんな大げさな引用は全く必要ないが、自分の直感に従って好きに生きれたらどんなに良いだろう。

Tokyo Night

まあ、結局私も歳をとったのかな、と思う。日常生活においても若い時に比べカラーの選択が多くなり、身に付けるものが段々と明るくなっている。あと20年ぐらいしたらグレーヘアに白シャツ、チノパン、サンダルでライカ片手に新宿パークハイアットのニューヨークバーで昼間からビールでも飲みたいものである。

LEICA SUMMICRON 35mm F2 ASPH. (第四世代)レビュー

私の使用していたモデルは現行のフードねじ込み式の1つ前のものでフード組み込み式と呼ばれるもの。いわゆる7枚玉の次世代に相当するモデル、4世代目である。

Night life in Kyoto

非球面レンズ採用とあって先代までに比べやや重いものの相変わらずのコンパクトさで、取り回しに困る事は何もない。

Western style house in Japan

写りに関してはとにかく優秀。フィルムにおいても、オールド感は全く無く、しっかりと結像する。カラーの色のりも良好で、全く問題点が見つからない。

Sky-High

正直なところ、ずっとレビューしようとは思っていたが後回しになってしまった。時間がなかったこともあるが、第一の理由としてはこのレンズはレビューする必要性を全く感じなかったためである。まあ、ほんと優秀すぎる。

Sky-High

プライスの問題がクリアできるのならば、その描写とサイズ感からライカMマウント35mm F2の決定版として是非オススメしたい。更にパキッとした描写を求めるのならば多少鏡筒が長くなってもZeiss Biogon 35mmをオススメしたい。差額で『炉端焼き(田舎家 東店)』にでも行けば更に良い写真が撮れるだろう。

と言ってもこのままではレビューではなく感想になってしまうので最後に経験上アドバイスを。 恐らくこのレンズを買った後に必ずF1.4のSummiluxが欲しくなり、蟻地獄のように口が大きく開いた下取りカートにsummicronを放り込む衝動に駆られるが、よした方がいい。ライカに付けたSummiluxの大きさと重さを体感した瞬間に後悔の2文字しか現れない。軽くて取り回しの良いことがどれほど素晴らしいことか。偶然出会ったワンシーン。ほんの一瞬のことで、こういう状況で速射ができたのも取り回しの良さ、かもしれない。↓

Our friendship is forever

 

もしもSummiluxに興味があるのなら、倍のプライスでも最初からそちらを買ったほうが良い。知らなくても良い事(summicronの取り回しの良さ)は世の中沢山ある。

Leica m4-P with Summilux 35mm f1.4 asph and Rollei RPX 400

是非。

ストリートフォトについて思う事

ストリートフォトを定義するのは非常に難しいが、色々調べると基本的にはヒトと人工物の組み合わせが写っている写真をそう呼ぶらしい。

ただし人といっても自分の家族や友人ではダメで(それらはポートレートや記念のスナップ写真になる)、全く赤の他人、しかも表情から喜怒哀楽が感じられるもの、つまりできるだけエモーショナルなものがより高く評価される。

f:id:coalfishsholco:20190607185307j:plain

Scotland

もちろん後ろ姿でも構わないが、いわゆる"背中で語る"写真は相当にレベルが高いだろう。私には撮れそうにない。

f:id:coalfishsholco:20190607185544j:plain

Scotland

そもそも私はストリートフォトはほとんど撮らない。もちろんライカユーザーなので興味がないわけではない。かつての巨匠、ブレッソンやアーウィットなどのストリートフォトを見て心を打たれ、よしいつかは自分も、と思ったことは何度もある。

しかし現実的な話としてこのご時世、人様の顔を被写体に無断で撮影すること、またそれを発表することはかなりの覚悟(裁判沙汰になったとしても上手く切り抜けられる)が必要となり、そもそもほとんどの出版社やWebサイトは少なくとも建前上では被写体の許可なしにそれらを掲載することを禁じている。後ろ姿は問題ないが、横顔は微妙との話も聞いたことがある。街並みを撮っていたらたまたま人が写り込んでいたという解釈もありだろう。何れにしても撮られた写真に作品性、芸術性がありそれを説明できれば被写体(撮られた人)も納得するとは思う。

f:id:coalfishsholco:20190607185825j:plain

後ろ姿なら問題ない

しかしまあ、正直な話、極度の緊張や危険を強いられてまで人様を撮りたいとも思わない。

数年前1人旅でパリを訪れた時、夕暮れ時に何気なく街並みの写真を撮っていたら100 m先にたむろしてた集団のうち1人が急に何やら叫び、こちらへ向かって来た事があった。

f:id:coalfishsholco:20190607190031j:plain

この後、左側から男が現れこっちへ向かって来た

もちろん彼らを被写体として撮ったわけではない。普通の観光客と同じようにパリの美しい街並みを撮影していただけに、かなりびっくりしてしまった。旅先で、おそらく移民の人達だろう、言葉も通じぬ相手(通じたとしてもわかってくれなさそう)にトラブルは御免なので、EOS 5D MK IIとDistagon 35mm F1.4を片手に猛ダッシュで逃げた。後で知ったのだが、撮影していた地域はパリ10区で、治安でいうとまあまあ注意〜観光客は特に注意レベルの地区だったらしい。

f:id:coalfishsholco:20190607190312j:plain

NYC

ニューヨークでは夜に地下鉄内で写真を撮ろうとしていたらドレッドヘアの190 cmはあろうアフリカン・アメリカンが近づいてきて ” Get out ! F**kin’ Chinese ! (どけよ、ク○中国人!” と叫ばれたこともある。 そもそも私は日本人なのだが、そんなことより当時HipHop が好きだったのでリアルなスラングが聞けた事を嬉しく思い、本当にこんな事言うんだ、とやけに感心したのを覚えている。

NYC 2005

スコットランドで駅構内の写真を撮っていたら警備員に「なんでお前は構内の写真ばかり撮っているんだ?もちろん個人利用だろうな?」と注意された。

f:id:coalfishsholco:20190607190551j:plain

Scotland

 

日本人は、特に女性は自分の素の顔の写真を撮られたいとは思わないだろう。顔をツルツルに、宇宙人みたいに修正してくれるアプリが日本で流行るのもそのためかもしれない。外国では人々は写真を撮られるのがそれほど嫌ではないらしいが、やはりそこは多民族国家。色々なバックグラウンドがあり、ひょっとしたらインターポールにお世話になっている者もいるだろう。パリで追いかけてきた彼も、怒鳴ってきた大男もひょっとして辛い過去を抱えているのかもしれない。

f:id:coalfishsholco:20190608063454j:plain

LONDON

先日ふと見上げると青空がとても綺麗だったのでローライにモノクロフィルムを詰めて撮影に出かけた。三脚を使って落ち着いて構図を練る。ブライトスクリーンに交換したてのファインダーから覗く世界は大変美しい。鳥が羽ばたくと同時にシャッターを切る。心は大変落ち着いている。

A watchtower

ストリートフォトは見るのは好きだけれど、やはり自分は風景・静物を撮るのが好きなのかも。

皆さんはどうですか。


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>追記

私自身は写真を撮られる(被写体にされる)のが好きかどうかと尋ねられると、やはり状況と相手(撮影者)によると答えるだろう。疲れている顔、アンハッピーな顔、アングリーな顔、それらはどれも撮影者にとっては魅力的に写るかもしれないが(私の顔にそんな価値があるとは思えないが)、それがある種の芸術性を帯びない限りは、気持ち的には NO である。

また撮影者も、例えば故木村伊兵衛氏に被写体に選ばれたのなら喜んで身を差し出すだろうし、その他、プロアマ問わずその撮影者の作品が素晴らしいと思ったのなら YES である。

先日東京散歩がてら写真を撮っていると長い望遠レンズを持った若い男性と出くわした。皆さんもご経験があると思うが、言葉をかけるわけではないにしても、こういうシチュエーションでは往々にして被写体がややかぶる事が多々ある。とりあえず私が写真を撮ろうとすると、その背後から目線(正確にはレンズ目線)を感じた。それで邪魔かなと思い撮影をやめて横に避けると彼も撮影をやめた。撮らないのかな、と思い再び被写体のライン上に立つと、彼もカメラを構えるではないか。自意識過剰な10代女子のようで申し訳ないが、私の後ろ姿が被写体にされている、と感じて正直嫌な気になった。それでそそくさとその場を立ち去った。あの時一言 "カメラを構える後ろ姿を撮らせてもらえませんか?”と言ってくれれば喜んで OK サインを出しただろう。しかし現実的に声かけが難しいことは私自身よく分かっている。まあ少なくともに被写体に悟られずに撮影する技術は身につけたほうがいいだろうし、こういう時はおどおどせずにドッシリと構えて1枚だけ撮るべきである。

At the cafe in Paris

もちろん、私も修行中です。

ポートレイト 内なる静寂―アンリ・カルティエ=ブレッソン写真集

ポートレイト 内なる静寂―アンリ・カルティエ=ブレッソン写真集

 
Personal Exposures

Personal Exposures

 
Fan Ho: A Hong Kong Memoir

Fan Ho: A Hong Kong Memoir

 

 

 

LEICA SUMMARIT 50mm F1.5 L レビュー

 

LEICA M3の購入と同時に入手したレンズで今はもう手元にない。ロクな作例も残っていないが、せっかくなので備忘録も兼ねてレビューしたい。

f:id:coalfishsholco:20190602103812j:plain

Leica M3 // summarit 50mm F1.5 L

先代クセノンを改良し、1954年から60年にかけて製造されたレンズで最短1m、フィルター径E41、そして320gと大変重たい。M3に装着しておよそ1000g(1 kg)。ある意味重厚重量級の大変個性的なレンズである。

f:id:coalfishsholco:20190602104112j:plain

Leica M3 // ilford HP5 PLUS

前玉に傷がつきやすいこともありコンディションのバラツキが激しいが、私の所有していたのはかなり状態の良い個体だったのを記憶している。しかし特に開放時の果てしないフレアとゴーストはこのレンズの宿命であり個体差で解決できるものではない。もちろんそれがこのレンズの個性でもあるのだけれど。

f:id:coalfishsholco:20190602104157j:plain

Leica M3 // ilford HP5 PLUS

まだライカ駆け出しの頃?で被写体も定まらず雲ばかり撮っていた、そんな思い出のレンズ。

f:id:coalfishsholco:20190602104321j:plain

Leica M3 // ilford HP5 PLUS

光の向きに注意して絞れば例のごとくビシッと決まる。色のりも想像以上にしっかりしている

f:id:coalfishsholco:20190602104412j:plain

Leica M3 // Fujifilm ISO100GYO // Ginza

f:id:coalfishsholco:20190602104507j:plain

Leica M3 // Fujifilm ISO100GYO // Ginza

Lマウントということもあり当時は10万を切る価格で入手できた。ライカの値段としては大変リーズナブルだが、駆け出しのライカーにとってはM3と合わせての購入は胃の引き締まる思いで、まあ1次試験をパスしたといった感じだろうか、とにかく描写よりも先にずっしりとした時間の重みを感じながらえもいわれぬ満足感に浸っていたのを覚えている。

f:id:coalfishsholco:20190602104622j:plain

SONY a7s // mount adapter

Bokehは時々2線、光や対象物によっては程よいクリーミーさが現れる。個人的には嫌いではない。

Peace, peace

いわゆるクセ玉には間違いないだろう。今ならもう少し乗りこなすことはできそうだが、手放してしまった今では何を言ってもしょうがない。Zeiss C-Sonnar 50mm F1.5とはまた違ったオールドテイストのレンズ。M3をお持ちの方、または購入予定の方は1つの通過点として、是非。

Leica ライカ Summarit 50mm F1.5

Leica ライカ Summarit 50mm F1.5