Cure of GAS

Castle Rock Photography

写真やカメラにまつわる話を淡々としていきます。

草津温泉とRZ67、ライカM6、旅の思い出

圏央道から関越、それから渋川伊香保ICで降りて約2時間。雄大な山々が連なるロマンティック街道を抜けてようやく草津に到着する。日本有数の温泉街。

車を適当な場所に停めてから町並みを散策する。民芸店や居酒屋が所狭しと並ぶ路地裏を浴衣姿の女性たちが時折、履きなれない下駄を引きずるようにして楽しそうに通り過ぎていく。季節外れの暑さと強い日差し、そして温泉街特有の塩気を含んだ湿気が夏の終わりを惜しむようにあたり一面に広がっている。

一息ついたところでまずは換算50mmのデフォルトレンズを付けたRZ67で辺りを撮影する。フィルムはFujipro 400H。青みがかったカラーが特徴で、ハイライトのトーンの粘りも素晴らしい。

Country side house Japan

Kusatsu Hot Spring Resort Japan

1ロール撮り終わったところで適当な蕎麦屋に入る。舞茸の天ぷらと鴨のつけ汁。やや細身の蕎麦をすすりながら窓から道ゆく人々を眺める。休日とあって親子連れ、カップルが多い。そして狭い路地にも関わらず車の往来が激しい。

上高地のように車を完全に禁止にすればいいのにな、と思ったが、所詮よそ者(観光客)の言い分だろう。なぜなら観光地と言ってもほとんどは普通の民家である。車を禁止にしてしまえばこの辺りに住んでいる人たちにとっては死活問題だろう。

そんなことを考えながらそば湯で薄めた鴨汁に最後の舞茸の天ぷらを少し浸して食べる。コシがあって美味しい。

コップの水を飲み干し勘定を済ませてから店を出る。相変わらず強い日差しで当分は陰る様子もない。

RZ67をしまい、M6を取り出す。レンズはもちろんcolor skopar 21mm。今回のように狭い場所、広い場所が混在している地区ではこの画角は大変使い勝手が良い。

Kusatsu Hot spring resort

あっという間に1ロール撮影。ここで一旦終了して宿へ向かう。チェックインを済ませた後、温泉に入る。草津の湯は独特の酸味?があり、そしてとても熱い。風呂を出てから仮眠をとる。午前3時起きの旅。流石に疲れた。その後食事。海外も良いが日本も素晴らしいと改めて感じる瞬間。

夜になってから再び街の散策。M6には勿論ズミルックス。f1.4はBokehが注目されがちだが、本来は夜間で活躍するもの。開放値の恩恵でシャッタースピードは1/30でも撮影できる。まさにハイスピードレンズ。もちろん写りも素晴らしい。

ライトアップされた街並みを光に反射した湯気がフォギー(Foggy)に着飾る。明け方のニューヨークがこんな感じだった。どこを撮っても絵になる幻想的な光景。結局ISO400 1/30 f1.4で全て撮影。フィルムは期限切れ間近のKodak Tri-X400。光(light)と霧はモノトーンがよく合う。画角(50mm)と最短1mで構図がとり辛い場面があったが仕上がりにはまあ満足。

Hot Spring resort (Kusatsu, Japan)


Hot Spring Resort (Kusatsu, Japan)

Hot Spring resort (Kusatsu, Japan)

フィルムが切れたのでここでようやくa7III。本当に残したいものはフィルムでフィジカルに保存したいため、最近旅にはデジカメを持って行かず、記録写真にはスマホを多用する。今回は夜間撮影と4K動画を撮りたかったため持参した。

しかしフィルムを使っているとデジカメの高感度には改めて度肝を抜かれる。ISO6400でノイズなしの手ぶれ補正。フィルムでは表現不可能な世界を手軽に実現できるようになったのは間違いないだろう。雨が降り出してきたので本日はここまで。

Kusatsu Hot Spring Resort

 

以前大荷物を持って宝登山に登った記事を書いたのだけれど、その時散々荷物はシンプルにすべしと反省したにも関わらず、今回懲りずにさらに重いRZ67を持参して草津を観光した。自分で言うのもバカバカしいが、結局私は写真を撮るのが好きなのだろう。
趣味にはお金を惜しむな、辛いと思うな、重量なんて気にしないのが一番なのかもしれない。

I love Leica M6..旅のお供に

M6 in the morning

Leica Summilux 50mm 第二世代 レビュー

以前現行ズミルックス50mm(asph)をレビューしたので、今回はそれ以前、いわゆるpre-asphと呼ばれるもののうち第二世代をレビュー。

鏡筒の作りが秀逸な貴婦人こと1stから改良を加えた第二世代。呼び方は色々あるが、1stのマイナーチェンジということで『後期型』と呼ばれることも多い。フィルターサイズは1stと同じE43でややマイナーな径ではある。ちなみに第三世代と現行asphはE46。

言うまでもないが、ズミルックスはf1.4の大口径でありライカレンズの中ではサイズが大きい。特に現行のズミルックスは、ノクチほどではないが見た目にも重さも巨大である。
しかし、この第二世代は現行ズミクロンと全長はほとんど変わらない。おまけに実測で50gほど重いだけである。まさにライカのレンズは高性能でありコンパクト。

f:id:coalfishsholco:20180926065623j:plain

写りの所感としてはいわゆる線の細い、淡い描写をする。
ズミクロン50mmと撮り比べるとその違いはよく分かる。ズミクロンはどっしりと線が太く高コントラスト、ズミルックスは全体的に淡く優しい。どちらが良いかは決められない。シチュエーションに合わせて選択していく他ないだろうけど、個人的にはズミルックスはふわっとした明るい雰囲気の写真が撮れるため、女性のポートレートにドンピシャにハマる。ズミクロンは建造物その他ディテールの描写には果てしなく優秀である。(作例はズミクロン。恐ろしくシャープ)

Stone Lantern (Nikko, Japan)

やはり最大の利点はf1.4という明るさだろう。夜間でもISO400のフィルムであれば1/30くらいで手持ちで撮れる。

Hot Spring Resort (Kusatsu, Japan)

レンズ最短が1mのため、元々それが限界のLeica M3に装着している時が最も輝く瞬間だろう。

Leica M3 & Summilux 50mm 2nd

M3の奇跡のような視野率のファインダーから覗く50mmの世界をシルクのような繊細さで描いてくれるレンズ。改めてこのレンズの魅力に気づいたライカー(Leicar)達による需要過多のためか近年価格高騰も激しい。

手にできれば幸運だろう。

 

レンジファインダー・ビヨンド(フォクトレンダーcolor skopar 21mm F4P)

コシナのcolor skopar 21mm。随分前に新同品を安く手に入れることができたので備忘録レビュー。

f:id:coalfishsholco:20180915100141j:plain

イカのフレームに21mmはないため、別途ホットシューにつける外付ファインダーが必要だが、私は外付無しの撮影が気に入っている。

M3だろうが、M6だろうが普通にファインダーを覗いて撮る。もちろんピントやフレームは中心部分しか視認できないので、その他は想像する。パースも然り。それが楽しい。そして実際にネガを見ると大抵はびっくりするくらい広い範囲が写っている。まさにレンジファインダー・ビヨンド(Rangefinder beyond)。これを何回か繰り返して行くとだんだんどれくらいの範囲が写るのかが分かってくる。しかし毎度ながら予想を超えるネガに思わずニヤけてしまう。趣味の醍醐味。

Tokyo, Ginza

color skopar 21mmについてはf4という決して明るくないレンズだが、すこぶる鋭敏な写りで歪みも少なくとてもいいレンズだと思う。絞れば皆同じ、という禁句があるが、ライカ純正の広角レンズと比較しても全く遜色がない。
全長も短く、ほとんどパンケーキレンズといって差し支えないだろう。文字通りパンフォーカスにしておけばなんでも写るので気軽に装着して散歩に出かけてしまう。そして21mmも慣れると案外面白い。どういうわけか35mmよりも構図をコントロールしやすい。おそらく広い範囲が写り過ぎているため、その細々したものが1つの集合体をなしているためかな、と思う。

f:id:coalfishsholco:20180915100312j:plain

f:id:coalfishsholco:20180915100332j:plain

35mmと50mmが標準だったものが、28mmになり、今や21mmと50mmが私の標準になりつつある。当分はこれで安定しそうな、予感?

 

 

写真と共時性(シンクロニシティ)

これは全て実話である。

不思議な事があるもので、今朝オフィスに入り、窓際の私のデスクの上にカバンを置こうとした瞬間、黒い物体があるのに気が付いた。ちょうど度入りのサングラスを外したところだったためディテールはよく分からないが、何やら毛並みらしきものが見える。

メガネをかけて近づいてよく見ると、コウモリだった。息はしていない。超音波を捉えるために発達した小さく尖った耳をピーンと立てて悲しげな真っ黒な目で私を見つめている。実物は初めてだが、作り物には到底思えない。(画像注意)

一息ついてから状況を理解しようと務めた。都市部のオフィスである。自然に侵入したとは考えにくい。それでまず誰かがイタズラ目的(嫌がらせとも)で置いたのかな、と考えた。しかし残念ながら私は人に恨みを買うような役職についていないし、そもそも嫌がらせでコウモリを置くという発想は奇抜でどこか知的で呪術的なユーモアがありすぎる。そもそも捕獲するのも大変だろう。思い当たる人間はいないし、洞窟の近くに住んでいる社員もいなさそうだ。それに死骸の近くに糞のようなものも落ちている。流石に糞までは置かないだろう。

とりあえず庶務課に連絡して掃除の方に来ていただいた。撤去の際、念の為作り物かどうか確認したところ、「触ると柔ンらかい、これは作り物ではにゃーだ」と掃除歴30年のシニア。

妻にも写真を添付メールする。返答「意外とカワイイかも」。まったく。女性には勝てそうにない。

知り合いの獣医師に連絡して聞いてみると、都市部では珍しくない。恐らく換気用のダクト、エアコン、扉開閉時に忍び入ったかどうかで、ありえない事ではない。それよりもたくさん病原体を持っているのですぐに消毒した方がよい、と返答をいただいた。それで実行。

その後コウモリについて調べてみる。生態はさておき、面白かったのはコウモリとは『蝙蝠』と書き、福の漢字に似ているため古来から中国や日本では縁起物として崇められていたとのこと。西洋のドラキュラのイメージが強いが、血を吸うコウモリは全体としてはわずかしかおらず、大抵は小さな昆虫を食べているらしい。

(病原体は気になるが)今回、福(幸運)が舞い降りたと考える事にした。何事も良い方向へ考えるのが健康の秘訣。脳内お花畑ぐらいがちょうどいい。

この話はまだ少し続く。実は先日上野動物園に出かけ、その時気になって撮った写真がこれである。

(Leica M6 Tri-X400)

f:id:coalfishsholco:20180910135236j:plain

 

共時性シンクロニシティ)。

シンクロニシティは日本語では「共時性」と訳され、複数の出来事が意味的関連を呈しながら非因果的に同時に起きることである。しかし、因果関係自体が哲学的議論になってくるため、正確な理解は難しく、解釈の余地が大きいとする考えがある。Wikipedia 

 

まあこのような経験は初めてではないが写真を撮る行為が共時性のトリガーになったのならば、今度はサントリー金麦の写真でも撮って『檀れい』が現れるのを待つ事にしよう。別にファンではないけど。

M6 with 世界を変えた書物展

上野の森美術館で開催されている世界を変えた書物展を観てきた。

Exhibition of Ancient Science Books

感想を述べると展示会室のレイアウト、構成、もちろん展示品である貴重な蔵書類全てが素晴らしく無料というのが信じられないほどの出来栄えだった。おそらく金沢工業大学の学生陣もヘルプして作り上げたのだろう。科学を愛する人たちの思いが詰まっており少々感動した。また興味深かったのが、参加している方々が皆超インテリ層で、特に女性は目つきが鋭い。ハリウッド映画などではよく女性の科学者、数学者などが出てくるが、理系の女性はなぜか魅力的に見える。思わず映画『メッセージ』(Arrival)を思い出した。原作のStory of Your Lifeも大変面白いのでお勧めである。

Exhibition of Ancient Science Books


仕事柄少々光学的な知識をかじっている事、そしてもちろんカメラ好きということもあって『光』のコーナーは特に感慨深いものがあった。ジャレド・ダイアモンド博士の『銃・病原菌・鉄』によれば、人類が狩猟採集から農耕畜産へ移ったことは環境破壊、人口爆発などデメリットも数多い、しかし食料の確保ができたおかげで中央集権化が始まり、一次産業に従事しなくても食べていける富裕層が生まれ、そして余暇の時間で芸術と科学が発展した。私を含めて少なくとも今この瞬間、これらの書物を見て感動している人達にとってはそれも悪いことではないのかな、と感じた。芸術もしかり。

 

まあとにかくこのブログは展示会の紹介ではない。当然カメラが絡んでくるのだが、なんとこの展示会は全て撮影OKであった。信じれない、というか全く予想の斜め上をいっていた。そして展示会ではなく快晴の上野を散策するため、私のM6にはIlford Pan+、つまりISO50が入っていた。レンズはズミクロン50mm。会場内で初めて撮影可能の事実を知った時、その暗さに一瞬にして脳内の露出計が目まぐるしく動き始めた。無理かな。そう思った。それで思わず近くのカメラ屋でISO400のフィルムを買って入れ替えようかと思ったくらいである。

とりあえず駄目元で絞りはf2、SSを1/8まで落としたところでM6のファインダーを覗く。当然露出計はアンダーを示したまま。まあこれも記念かなということで撮影開始。やはりM6のフィーリングは最高だ。その後人も増えてきたので、展示会場を後にして残暑厳しい上野公園を歩いて丸の内方面へ。途中カフェに立ち寄りアイスコーヒーを飲む。大人の休日。

Exhibition of Ancient Science Books


自宅に戻ってから現像を始めた。ネガは規定の倍の時間でISO125へ増感現像させた。乾燥させたネガをみると悪くないレベルに仕上がっていた(ブログ内の写真全て)。恐らくISO50フィルムの粒子の細かさが功を奏したのだろう。そしてズミクロンも素晴らしい。この解像力の高いレンズは光の粒子1つとして無駄にしてない、そんな気がした。

信頼できるカメラとレンズ。
また私の苦手なスローシャッターでの動きのある絵、も偶然撮影できたが、これもISO50のおかげである。まさにピンチをチャンスに変えることができた、のかも。

Leica M6 レビュー

1984年デビューの露出計搭載モデル。M型のマウントとして基本スペックは踏襲しており、フレームの数が多いこと、そしてTTL露出計が付いたことが最大の特徴だろうか。

The New Standard - Leica M6

M6のレビューを調べると皆色々な感想や意見を述べている。好意的なもの、初心者向きだとするもの、むしろ玄人向きとするもの、質感云々(特にM3との比較として)、そしてライカに露出計は邪道だとするものなどなど。

M3を2台とM4-Pを使ったぐらいで偉そうなことは言えないが、個人的にはM6は最もバランスのとれた現代のフィルムライカだと思う。
幸いなことに手に入れた個体はメンテナンスがかなり良好であり、特に巻き上げの感触はM3に勝るとも劣らないため尚更そう感じるのかもしれない。質感については決して悪いとは思わない。M3の重厚な品格とは異なるが、決してチープでプラスチッキーな感じはせず別の品の良さを感じる。M3が中山美穂ならM6は小泉今日子、か。扱いやすそうなのは後者だろう。

露出計はクセがある。具体的には説明が難しいがはっきりしているのは、露出計を覗きながらダイヤルを合わせるというような性質のものではない、ということ。
つまりある程度の露出(サニー16)などを分かった上で、露出を決めてからファインダーを覗く。ネガならややオーバー気味でも問題ないため、三角のレッドが右側だけに出ていれば(両方に出て入れば適正露出)問題なくシャッターを押せる。あくまでその確認だろうか。そういった意味では露出計が付いているから初心者にも安心、という感じでは決してない。

ただ私はこれまで露出計無しに慣れていたためどうしても表示に惑わされることが多く何度かシャッターチャンスを逃した。どのような付き合い方がベストかもう少し様子をみる必要があると思う。

Zoo

事情によりM3とM4-Pはもう手元にはない。そしてしばらくライカ無しの生活に慣れていたのだけれど主人を失ったMマウントレンズ群を触っていると不思議なものでライカ熱が再発した。厄介な熱病。


本当はLeica MPの購入を予定して様々なシュミレーションをしていた。けれど、M6を気に入ってしまったのはしょうがない。お気に入りのズミクロン50mmを付けて散歩に出かけてみよう。

 

 

SMC Takumar 55mm f1.8 分解そして清掃(カビ取り)

まさかレンズを分解することになるとは思わなかった。 
幸か不幸か、私はこれまでカビありレンズというものに当たったことがない。というのも、多少高くてもカビありという表記を避けてきたからだ。クモリはいい、チリも埃も、しかしカビ跡ならまだしも、現役のカビ?は厄介だ。特に湿度の高いこの時期、部屋置くだけでわざわざそうしたカビの繁殖する土壌を提供することにもなりかねない。他のレンズに感染るかもしれないし。

前回の記事でAsahi Pentax SPとTakumar135mmを千円で入手したことを書いた。

SPの巻き上げレバーはスカスカでミラーは爆音を鳴らして開閉するが、気軽に使えるので気に入っている。事情があって現在Mマウント機が1つも手元にないこともありマニュアルのフィルム機はSPのみであるため使わざるをえないという理由もある。

とにかく積極的にSPを使おう とした時に、どうしても135mmは大きすぎる。それで標準を探していたら55mmを見つけた。しかも上寿司ランチ(with 日本酒?)程度の値段である。開放f1.8。スペックとしてはちょうどSONY(ZONY)のSEL5518と同じだろうか。おまけに45cmまで寄れる。Mマウント純正ならこれはズミルックスと命名され、ヨーロッパ8日間の旅に出るかレンズを買うか2週間近く悩まなければならないだろう。

Pentax Asahi SP with Takumar 55mm

迷わず購入した。迷う必要は全くない。そして届いてから一応ライトで照らしてみると後ろ玉に菌糸が見えた。カビだ。ワゴンセールのジャンクレンズで見かける例のアレだ。しかもまだ若い?カビ。拭いても取れないので内部だと思われる。

f:id:coalfishsholco:20180809073111j:plain

悩んだがとりあえずカビの写真を撮って販売元へメール。詳しいやりとりは避けるが、元の価格の6掛け程度でディール。返品も考えたが、ヘリコイド、絞りリング共に動作はほぼ完璧だったこと、そして久々に工作にチャレンジするのもいいかもと思い分解清掃を計画した。幸いなことにTakumarは作りが単純で初心者向きらしく、さらにWeb、YouTubeなどで検索すれば分解方法についてたくさん載っている。VIVA!! ネット社会。

値引きで購入できたとはいえ、あまりお金をかけたくないので道具は吸盤オープナーのみ購入。今回は後ろ玉のみの清掃とした。

f:id:coalfishsholco:20180809073149j:plain
分解はスムーズに行えた。というよりもモノクロ自宅現像の時と同じで、実際にやってみれば大したことない、といった感じ。もちろんライカレンズを分解清掃する気にはならないけど。

f:id:coalfishsholco:20180809073212j:plain

f:id:coalfishsholco:20180809073321j:plain

後ろ玉の内部にカビ。分解しないと絶対に取れない。

カビは無水エタノール、そして倉庫にあった野口商事の強力カビ取り剤を使用。菌糸は根が張るというが、確かにしつこい。シルボン紙で丁寧に削り落とす。

f:id:coalfishsholco:20180809073600j:plain

完成。写真には埃などが付いているがこれも後ほど除去。ややカビ跡が残ったが生きてはいないだろう。もし生きていたら野口商事に報告しよう。

撮影、作例はまた後日。小学生の工作の時間を思い出して久々に楽しかった。

 

JAPAN HOBBY TOOL  吸盤オープナー レンズメンテナンス用工具 JHT9520

JAPAN HOBBY TOOL 吸盤オープナー レンズメンテナンス用工具 JHT9520

 
ユ?エヌ レンズサッカー

ユ?エヌ レンズサッカー