Cure of GAS

Castle Rock Photography

写真やカメラにまつわる話を淡々としていきます。

これまでの50mmライカMマウントレンズを振り返る総括レビュー

これまで使ってきた 50 mmレンズをそれぞれレビューしようと思い立った。(35mmでもそうでしたが、これらは完全に私の主観でお気に入りはあれど、特定のレンズを批判するつもりはありません。また基本的にはライカMマウントでフィルム撮影での感想を記しています)

 

LEICA ELMAR 5cm F2.8 (M-mount 1st)

イカM3 購入と同時に都内のキタムラで入手した初代モデル。なんだか嬉しくて意気揚々と渋谷ヒカリエに行き上層階から撮影したのを覚えている。しかし遠景を撮影しようとピントリングをインフィニティにするが、ファインダー内の二重像が合わない。行き過ぎではなく届かないといった感じで要するに無限遠が出ない。悩んだ末銀座のライカへ持ち込み確認してもらったら「出てないですね...これは許容範囲を超えています」というお墨付きをもらった。結局泣く泣く返却するハメになった不運なレンズ。

f:id:coalfishsholco:20200124184929j:plain

FUJIFILM 業務用

今考えれば F11 くらいで 3 mのゾーンフォーカスで十分に無限は撮影できるのだが、当時はそんな知識もなかった。よってわずか 3 コマという少ないショットだが、印象は悪くない。独特の暖かさのある感じ。また F2.8 とかなり抑えているのでプライス的にも良好。確か5万円くらいだった。現行モデルもあるので今や 1st を買う理由はないと思うが、気持ち的にはアリでしょう。

f:id:coalfishsholco:20200124184957j:plain

FUJIFILM 業務用

 

LEICA SUMMARIT 50mm F1.5 (L)

上記エルマーの代わりに購入したレンズ。ずっしりと重く、なんかライカ、という感じがしてやけに感心したのを覚えている。絞れば恐ろしくシャープ、そして独特の開放描写は今見ても斬新。フィルムととても相性が良いと思われる。個別レビューあり。

f:id:coalfishsholco:20200124185452j:plain

銀座のブティック / FUJIFILM 業務用

f:id:coalfishsholco:20200124185928j:plain

FUJIFILM 業務用

 

LEICA SUMMICRON-M 50mm F2 (4th)

ズマリットは気に入っていたがその重さと開放の扱いにくさから、ちょっと真面目なレンズが欲しくなって入手。往年のズミクロンファンにはフード組み込みは批判もあるが、ズボラな私にとってはこんな楽なことはない。どっちにしても 50 mmにフードなんて必要ないけど。

f:id:coalfishsholco:20200124210827j:plain

Kodak Ektar 100

描写は本当に何の文句もつけられないくらい素晴らしい。ありのままを映し出すレンズ。そしてサイズ感や重さがちょうど良くスナップにも旅にも全く苦もなく持ち運べる。個別レビューあり

f:id:coalfishsholco:20200124211217j:plain

Ilford HP5+

 

 

LEICA SUMMILUX-M 50mm F1.4 (2nd)

偶然ネットを検索していると見つけた。ヘリコイドグリス抜けで相場からすると異様に安い。思わずポチった。その後信頼できる店へメンテナンスに出す。憧れのズミルクス。

f:id:coalfishsholco:20200124212022j:plain

FUJI PRO400H

開放でのグルボケとフレアはハマると大変魅力的。そして本当に柔らかい。ライカの中のライカレンズ。価格高騰しすぎて今では手が出ない。個別レビューあり。

f:id:coalfishsholco:20200124212433j:plain

Ilford HP5+

 

LEICA SUMMILUX -M 50mm F1.4 ASPH.

まあ、魔が差したと言えるだろう。いつぞやの年末に決算時期を狙って老舗カメラ店を直撃。ほぼ新品同様を大幅に値引き交渉できた。ついに頂点に来たか、という感じだった。

f:id:coalfishsholco:20200124213136j:plain

Kodak Portra 400

描写は開放から信じられないほど良く写る。Zeiss の Otus レベル。

f:id:coalfishsholco:20200124213628j:plain

Ilford HP5+

しかし如何せん物理的にも精神的にも取り回しに苦労するレンズ。ぶっちゃけここまでくると贅沢な趣味以外の何物でもない。

  

Carl Zeiss Planar 2/50 ZM

日中は絞るのがほとんどだし、と自分に言い聞かせておとなしい F2 のレンズを購入。描写は素晴らしくほとんどズミクロンと変わらないが、近距離での収差はいただけない。ポートレート撮影では明らかに顔が歪曲する。フィルム撮影では補正は不可能なのでしばらく使って手放した。特に後悔はない。もちろんスナップ用途なら全く気にならないだろう。

f:id:coalfishsholco:20200124214033j:plain

TRA400

 

Carl Zeiss C Sonner 1.5/50 ZM

大好きなレンズ。やはりこのふわっとした開放の写りには惚れ惚れする。最短1mが難点だがそれを差し引いてでも魅力的なレンズ。ライカユーザーなら純正を購入する前に是非試していただきたいレンズ。

f:id:coalfishsholco:20200124214319j:plain

FUJICOLOR 400

 

総括

こうして見返してみれば、35 mmに比べ明らかに使用レンズの数が少ない。

もともと 35 mmが好きなのはあるが、それでも 50 mmに関しては色々試してみた、という感じではない。そういった意味ではこれ 1 本と決めるのならば 50 mmが迷いが少なくて良いのかも。

ちなみに無人島にどれを持って行くかという話になれば私は安心・安定のLEICA SUMMICRON-M 50 mm F2 (4th) を選ぶだろう。フード組み込みのギミックが好きだしなんといっても描写が素晴らしい。ありのままを写すレンズ。サイズもパーフェクト。是非オススメしたい。

 

Leica 11141 APO-Summicron-M 50mm/f2 ASP Interchangeable Lens by Leica [並行輸入品]

Leica 11141 APO-Summicron-M 50mm/f2 ASP Interchangeable Lens by Leica [並行輸入品]

  • 出版社/メーカー: Leica
  • メディア: エレクトロニクス
 
LEICA ライカ ELMAR エルマー 50mm F3.5 Lマウント

LEICA ライカ ELMAR エルマー 50mm F3.5 Lマウント

  • メディア: エレクトロニクス