Cure of GAS

Castle Rock Photography

写真やカメラにまつわる話を淡々としていきます。

Leica M6 レビュー

1984年デビューの露出計搭載モデル。M型のマウントとして基本スペックは踏襲しており、フレームの数が多いこと、そしてTTL露出計が付いたことが最大の特徴だろうか。

The New Standard - Leica M6

M6のレビューを調べると皆色々な感想や意見を述べている。好意的なもの、初心者向きだとするもの、むしろ玄人向きとするもの、質感云々(特にM3との比較として)、そしてライカに露出計は邪道だとするものなどなど。

M3を2台とM4-Pを使ったぐらいで偉そうなことは言えないが、個人的にはM6は最もバランスのとれた現代のフィルムライカだと思う。
幸いなことに手に入れた個体はメンテナンスがかなり良好であり、特に巻き上げの感触はM3に勝るとも劣らないため尚更そう感じるのかもしれない。質感については決して悪いとは思わない。M3の重厚な品格とは異なるが、決してチープでプラスチッキーな感じはせず別の品の良さを感じる。M3が中山美穂ならM6は小泉今日子、か。扱いやすそうなのは後者だろう。

露出計はクセがある。具体的には説明が難しいがはっきりしているのは、露出計を覗きながらダイヤルを合わせるというような性質のものではない、ということ。
つまりある程度の露出(サニー16)などを分かった上で、露出を決めてからファインダーを覗く。ネガならややオーバー気味でも問題ないため、三角のレッドが右側だけに出ていれば(両方に出て入れば適正露出)問題なくシャッターを押せる。あくまでその確認だろうか。そういった意味では露出計が付いているから初心者にも安心、という感じでは決してない。

ただ私はこれまで露出計無しに慣れていたためどうしても表示に惑わされることが多く何度かシャッターチャンスを逃した。どのような付き合い方がベストかもう少し様子をみる必要があると思う。

Zoo

事情によりM3とM4-Pはもう手元にはない。そしてしばらくライカ無しの生活に慣れていたのだけれど主人を失ったMマウントレンズ群を触っていると不思議なものでライカ熱が再発した。厄介な熱病。


本当はLeica MPの購入を予定して様々なシュミレーションをしていた。けれど、M6を気に入ってしまったのはしょうがない。お気に入りのズミクロン50mmを付けて散歩に出かけてみよう。