Cure of GAS

Castle Rock Photography

写真やカメラにまつわる話を淡々としていきます。

Carl Zeiss Distagon 35mm T* F1.4 ZM レビュー

Carl Zeiss Distagon 35mm T* F1.4 ZMは素晴らしいレンズである。ビルドクオリティーや質感は逞しく、光学性能は非常に高い。その大きなレンズ口径はたっぷりと光を取り入れることを担保しており、鏡筒の大きさはどのような環境にも耐えうるという信頼の証である。

Distagon 35mm F1.4 ZM

比較対象のSummiluxだが、個人的には光の描写ではDistagonがSummiluxより勝ると感じる。感覚的なもので説明しづらいのだが、Distagonは物体への入射光だけではなく拡散された環境光をもベールに包んだような優しい光に変える力があると思う。よって往年の銘玉にみられるようなふわっとした描写が基本になっているが、中心部は凄まじい解像度であり、それゆえに全体的に大変品の良い描写をする。35mmだが、女性のポートレートなどにも向いているだろう。

Distagon 35mm F1.4 ZM

唯一の欠点は誰もが考えるようにそのサイズと重さだろうか。レンズそのものはフルサイズ用の標準的なレンズに比べても大変小さいのだが、重さというのは不思議なものでバランスがとても重要となる。例えば50kgの土嚢と体重50kgの人間を背負うにしても、体感重量が異なるのはバランスのためだろう。

残念ながらライカMのボディに装着したディスタゴンはとてもバランスが良いとはいえず、やけに腕が疲れる。正直、もっと大きなカメラにもっと大きなレンズを付けていた時よりも疲労度が高い。しかし、光学性能は一流なので、その辺をモノともしない屈強な方ならばオススメしたい。

Distagon 35mm F1.4 ZM

個人的な話になるが私はZeissのディスタゴンには思入れがあり、古くはCanon EOS 5DMKIIで初めて買った35mm大口径がディスタゴンだった。とにかく明るい。ファインダーを覗いた瞬間から明るいと分かるレンズだった。総重量が2kgを超えるという、今ミラーレスが主流のこの時代には考えられない重さで足に血豆を作りながらもロンドンやパリを歩き回った。良き思い出のレンズである。(5DMKII in Paris)

Paris

#1

それからソニー機にマウント替えした後でも、当然35mmはEマウントのDistagon 35 f1.4 ZAにしたが以前感じた感動は得られなかった。おそらくAFのためだろう。どうにもしっくりこない。ZE(キャノンマウント)で感じた冷たくもトルクの効いたヘリコイドの感触が私にとってのディスタゴンなのだろう。

話を戻そう。結局スナップ撮影には向かず、防湿庫の中で眠っていたのだが、ジッツオの三脚を手にする機会があったので、絞れるだけ絞って豊洲や公園を長時間露光撮影した。

Tokyo Bay

やはり光学性能は間違いないだろう。

 

最後になるが、SummiluxとDistagonのどちらがオススメかと聞かれれば、そのサイズのバランスからSummiluxをオススメしたい。しかしSummiluxとSummicronのどちらかならば、Summicronである。やはりコンパクトさは正義、か。