Cure of GAS

Castle Rock Photography

写真やカメラにまつわる話を淡々としていきます。

Carl Zeiss Distagon 35mm T* F1.4 ZM レビュー

一言で表すと、素晴らしいレンズである。

Distagon 35mm F1.4 ZM

ビルドクオリティーは逞しく、その大きな口径はたっぷりと光を取り入れることを担保しており、他のレンジファインダー用レンズを圧倒する大きさはどのような環境にも耐えうるという信頼の証である。

Peace, Peace

35mm F1.4というスペックの性質上、どうしてもLeica Summilux 35mmと比較されてしまうのだが、個人的には光の描写ではSummiluxより勝っていると感じる。

Distagon 35mm F1.4 ZM

感覚的なことのため上手く説明できないのだが、このレンズは中心部の解像度を高度に保ちながらも、拡散された環境光をベールに包んだような優しい光に変える力があると思う。オールドレンズに似たふわっとした描写と現代の計算され尽くした光学性能が融合しており、全体的に大変品の良い描写をする。女性のポートレートなどにも大変向いているだろう。

Still Life

光学的に欠点らしい欠点は見つからないが、やはりそのサイズと重さは、コンパクトなレンジファインダー機には少々ネックとなる。

Distagon 35mm F1.4 ZM

開放F1.4の大口径レンズにしては大変小さいのだが、やはりライカMに装着した状態ではバランスが悪い。バランスは重さ以上に重要となる。例えば50 kgの土嚢と体重50 kgの人間を背負った時、後者の方が軽く感じる。レンズとカメラも同様である。

Tokyo Bay

夢のレンズ、ふとそんな言葉が浮かんだ。スナップ向きのレンズではないし、使用中に手首が痛くなる。そのうち使わなくなり防湿庫かそれとも下取りカートの中か。しかし35 mm F1.4には夢がある。ロマン。ぜひオススメしたい。


話は変わるが、かつてEOS 5DMK IIを使っていた時、35mmのお気に入りレンズがDistagon F1.4 ZEだった。とにかく明るい。ファインダーを覗いた瞬間から明るいと分かるほど素晴らしいレンズだった。ボディとレンズで2 kgを超えるという、今ミラーレス主流のこの時代には考えられない重さだったが、それでもロンドンやパリを歩き回った。良き思い出のレンズである。

f:id:coalfishsholco:20190429233641j:plain

EOS 5D MK II / Distagon 35mm F1.4 ZE

f:id:coalfishsholco:20190429233727j:plain

EOS 5D MK II / Distagon 35mm F1.4 ZE

ソニー機にマウント替えした後ではDistagon 35 f1.4 ZAを購入した。しかし以前感じた感動は得られなかった。おそらくAFのためだろう。どうにもしっくりこない。ZEで感じた冷たくもトルクの効いたヘリコイドの感触が私にとってのDistagonなのだろう。

 

最後に、35mmでSummiluxとDistagonのどちらがオススメかと聞かれれば、そのサイズのバランスからはSummiluxをオススメしたい。しかしSummiluxとSummicronのどちらかならば、Summicronである。やはりコンパクトさは重要か。