Cure of GAS

Castle Rock Photography

写真やカメラにまつわる話を淡々としていきます。

35mmと50mmの使い分け

レンズの魔力にハマる者、多分に漏れず私もそのうちの一人であり、これまでたくさんのレンズを購入した。9割以上が単焦点であるが、超広角から望遠まで一通り触ってきた中で、今棚を見ると残っているのは35mmと50mmのレンズのみである。DSLRに2つ、そしてフィルムカメラに2つ。

ここで私なりの35 mmと50 mmの使い分けについて考えてみたい。

f:id:coalfishsholco:20171106194223j:plain

 

海外のWebサイトなどで、あなたは35mmフォトグラファーですか、50mmフォトグラファーですか、という質問文を目にすることがある。

私は35mmの使用頻度が多いので、35mmフォトグラファーということになるだろう。35mmは万能である。使い方次第で広角的にも望遠的にも撮れる。背景を入れたポートレートや室内撮りには最適な画角であり、実際35mmは50mmの画角をカバーできる。

Sometime in...

Very sunny day and winter comes around

それでは50mmを使う理由は何だろう。

正直言ってうまく説明ができないが、50mmのレンズが光を収束させてできた像は独特の存在感がある。同じF値でも35mmより50mmの方がBokehは強いため、その立体感のためかもしれない。しかしたとえ絞り込んだとしても50mmは35mmには出せない独特の世界観がある。85mmでも135mmでもない50mmの世界観。

Variety store

Tokyo skyscraper

36枚中18枚は35mm、残りの18枚は50mmという撮り方が気に入っている。出来上がったネガを見て、ひょっとしたら自分は50mmフォトグラファーなのかな、と思うこともあるが、結局のところどちらも大好きな画角なのだろう。