Cure of GAS

Castle Rock Photography

写真やカメラにまつわる話を淡々としていきます。

焦点距離 35 mmと50 mmの使い分け

キットズームレンズから脱却して単焦点レンズの魅力にハマった時、まず悩むのがどの焦点距離のレンズを買えば良いのかということではないだろうか。

超広角から望遠まで一通り触ってきた中で、棚に残っているのは 35 mmと 50 mmのレンズのみ。DSLRに2つ、そしてライカに2つ。ここで私なりの 35 mmと 50 mmの使い分けについて考えてみたい。

f:id:coalfishsholco:20171106194223j:plain

LEICA SUMMICRON 35mm F2 / 50mm F2

海外では、35 mmを常用する者は 35 mmフォトグラファー、50 mmは 50 mmフォトグラファーと呼ぶらしい。私は 35 mmの使用頻度が圧倒的に多いので、35 mmフォトグラファーということになるだろう。

35 mmは万能である。使い方次第で広角的にも望遠的にも撮れる。人物を強調しつつ背景を入れたポートレート、そして狭い室内でもある程度の広がりを残した撮影ができる。

50 mmは独特である。35 mmと比較すると狭すぎる、ということになるのだろうけど、ポジティブな表現をすると、望遠に比べれば狭すぎない画角となる。

上手く説明できないが、50 mmのレンズが光を収束させてできた像は独特の存在感がある。同じF値でも 35 mmより 50 mmの方がBokehは強いため、その立体感のためかもしれない。しかしたとえ絞り込んだとしても 50 mmは 35 mmには出せない独特の世界観がある。85 mmでも 135 mmでもない 50 mmの世界観。

But beautiful, Tokyo Japan

抽象的な文章になってしまったが、結局使い分けとしては、35 mmは安心を求める時、50 mmは個性を求める時にに使う。そして厄介な事に撮るのは 35 mmが好きだが観るのは 50 mmが好きである。